Mac版Office 2019/Office 2016プロダクトキー特別価格:11,000円、ダウンロード版製品を購入

Office 2019 for Mac、Office 2016 for Macを購入·試用·比較,最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクトキー

カテゴリ: Office 2019

Microsoft Officeは、企業ユーザーにとって最も一般的な生産性向上ツールかもしれませんが、すべての機能を備えたスイートというわけではありません。ここでは、どのバージョンが自分に最適かを判断する方法をご紹介します。Office 2019またはOffice 365です。

Microsoft Officeは、世界中の何百万人ものワーカーにとって事実上の生産性向上ツールとなっていますが、決して一枚岩ではありません。滑らかな黒を基調とした単一のOfficeではなく、ストーンヘンジのようにたくさんの選択肢があります。iPhoneやiPadで使えるOffice、Androidスマートフォンで使えるOffice、WindowsやmacOSなどのパーソナルコンピュータで使えるOffice、少数のアプリケーションで使えるOffice、大量のアプリケーションで使えるOffice。

しかし、突き詰めて考えると、Officeには本当に2種類しかありません。1つは、「Office 2019」と銘打たれた、前世紀にルーツを持つスタンドアロンのスイート製品。もう一つは、2011年に登場したサブスクリプションサービスの「Office 365」です。

特に、それぞれが多かれ少なかれ同じアプリケーションを含んでいるため、どのように異なるかは混乱を招く可能性があります。ここでは、これらのツールを見分ける3つの方法と、Office 2019とOffice 365の両方に対するMicrosoftの新しいサポートポリシーに基づいた今後の展望をご紹介します。

Officeの支払い方法

Office 2019とOffice 365の違いの中でも、購入プランは目を見張るものがあります。

Office 2019は、小売店で1冊ずつ購入した場合でも、ボリュームライセンスで数百冊単位で購入した場合でも、Microsoftはその支払い方法を明示するために「1回限りの購入」と称している。技術的には支払い方法ではなくライセンスの種類を示すものだが、Officeの場合、ライセンスの種類は買い切りなのか単に「レンタル」なのかに関連している)。

マイクロソフトは、"1台のコンピューター用のOfficeアプリケーションを入手するために、1回の前払い費用を支払う場合 "と定義しています。Up-frontという形容詞がキーワードで、Office 2019の購入代金は、ソフトウェアを受け取る前に全額を支払う必要があります。

この購入は、実際にはソフトウェアを合法的に実行するためのライセンスであり、購入者にはOffice 2019を永続的に使用する権利が与えられます。言い換えれば、ライセンスには有効期限がなく、ユーザーは好きなだけスイートを実行することができます。今年、Office 2019を購入して、今後7年間使用する?いいですね。2030年まで使えますか?何の制限もありません。

1回限りの購入では、ボリュームライセンスでのみ利用可能なエンタープライズグレードのSKUである「Office Standard 2019」と「Office Professional Plus 2019」(Windows)、「Office Standard 2019 for Mac」(macOS)、および「Office Professional 2019」(Windows)、「Office Home & Business 2019」(macOS)などのリテールパッケージがあります。

マイクロソフトが最も力を入れている購入方法であるOffice 365は、サブスクリプションサービスであるため、支払いは月払いまたは年払いとなります。まれに、年払いの方がコミットメントと引き換えにお得になる場合があります。例えば、Office 365 Business Premiumは、年間一括払いの場合、1ユーザーあたり月額12.50ドル(1ユーザーあたり150ドル)だが、月々のプランでは1ユーザーあたり月額15ドル(180ドル)となる。

エンタープライズE1からE5、およびProPlusまでのすべてのエンタープライズプランでは、月単位のオプションはなく、年間契約が必要です。

他のサブスクリプションと同様に、Office 365はサービスを提供します。この場合、スイートのアプリケーションを実行し、関連するサービスにアクセスする権利を提供しますが、支払いが継続されている限り、その権利は失われます。支払いを停止すると、アプリケーションやサービスを実行する権利は失効します。実際には、すぐには使えなくなるわけではなく、前回の支払い期日から30日間は、すべてが通常通りに動作します)。

Office 365のライセンスは、持続的な支払いを条件としています。後者の支払いを停止すると、ライセンスは失効する。支払いを再開すると、ライセンスが回復します。

Office 365のプランは、個人消費者向け(Office 365 Personal)や中小企業向け(Office 365 Business)のものから、教育機関向け(Office 365 Education E5)や企業向け(Office 365 Enterprise E3)のものまであります。また、Office 365は、さらに高額なサブスクリプションであるMicrosoft 365の一部でもあります。後者には、「Microsoft 365 Business」や「Microsoft 365 Enterprise E3」など、Office 365に似たラベルが付いています。

Officeの各バージョンのサービス内容

Office 2019とOffice 365の違いの一つは決済であるが、マイクロソフトが開発・リリースのペースを速めていることの方が、ユーザー、そしてユーザーをサポートするIT担当者にとっては最終的に重要である。

Office 2019は、従来の方法で製造・販売されているソフトウェアと考えてください。それはサービスについても同様です。マイクロソフトは、Officeアプリケーションのセキュリティアップデートを通常毎月第2火曜日に提供し、SKUのライフサイクルの最初の5年間はセキュリティ以外のバグも修正しています。

しかし、Office 2019には、新しい機能や特徴を備えたアップグレードはありません。スイートを買ったときに得られるのは、機能的にはそれだけです。新しい版、たとえばOffice 2021を動かしたい場合(マイクロソフトは、もうひとつ永久版をやると言っているだけで、そのような名前になるとは言っていない)、それを動かすためには別のアップフロント・フィーを支払う必要がある。

一方、Office 365は、サービスモデルが全く異なります。Office 365を通じてユーザーにライセンスされているOfficeアプリケーションは、Office 2019に配布されているのと同じセキュリティパッチ(およびセキュリティ以外の修正プログラム)が適用される一方で、年2回のスケジュールで新機能を獲得しています。それらのアップグレードは、まず毎年9月と3月に「Semi-Annual Channel(Targeted)」として発行され、続いて1月と7月に「Semi-Annual Channel」としてリリースされます。本サポートドキュメントでは、Office 365に含まれるアプリケーションバンドルであるOffice 365 ProPlusのアップデートチャネルについて説明します。

新しい機能が追加されるにつれて、アプリケーションは進化し、ある時点でマイクロソフト社は、「Office 2021」や「Office 2025」(永久版がその期間続く場合)など、新しい数字の名称をつけるに値するほどの違いがあるとしている。そして、これらのバージョンをパッケージ化してアップグレードし、一括前払いで購入し続けている顧客に提供します。

Officeとクラウドサービスとの連携について

Office 2019とOffice 365のどちらも真のクラウドベースではありませんが、どちらもMicrosoftのクラウドサービス(およびごく限られた範囲の一部のサードパーティサービス)と接続することができます。現在、Office 2019を一括購入する際に付与されるアプリケーションと、Office 365サブスクリプションの一部としてインストールされるアプリケーションの両方が、MicrosoftがホストするExchange、OneDriveストレージ、Skype for Businessなどのサービスと接続することができます。

しかし、2017年4月、マイクロソフトは永久保存版Officeの権利に大きな変更を加えることを発表しました。スイートの前払い購入で取得したOffice 2019のアプリケーションが、マイクロソフトのクラウドサービスと接続するためには、保証されたライフサイクルの最初の5年間である「メインストリーム」のサポート期間中でなければならない。

"Office 2019のOffice 365サービスへの接続は2023年10月までサポートされる "とマイクロソフトはあるサポートドキュメントで述べている。(しばらくの間、MicrosoftはOffice 2016のサービス終了時期を2020年10月としていたが、数カ月のうちに後退し、Office 2019と同様に、旧スイートは2023年10月までMicrosoftのクラウドサービスに接続できるとした)。

この変更は、クラウドサービスと従来の一括払いソフトウェアを混在させている顧客を明確に狙ったもので、これらの組織では後者の使用可能期間が事実上半減したからだ。同時に、2023年以降のルールは、法人顧客をサブスクリプションに誘導しようとするMicrosoftの取り組みを後押しするものでもあります。Microsoftは、Office 365が最終的には避けられないものであることを恥ずかしげもなく語っている。

"当社のクラウドを活用したイノベーションのほとんどは、Office 365とMicrosoft 365にもたらされています。しかし、すぐにはクラウドに移行できないお客様もいらっしゃることを認識しています。私たちは、すべてのお客様のクラウドへの移行を、お客様にとって最も納得のいくペースでサポートしたいと考えています」とマイクロソフトは述べています。

Office 365サブスクリプションから取得したアプリケーションには、接続終了日はありません。

今後のOfficeのサポートについて

2018年2月1日、マイクロソフトは、「ワンタイム・パーチェス」製品がまだリリースされていないにもかかわらず、「Office 2019」のサポートの変更を明らかにしました。また、Office 365のサポートの形骸化、特にデスクトップ生産性アプリケーションであるProPlusコンポーネントの形骸化を予告し、2020年1月に発効することを予定しています。

マイクロソフトは、「Office 2019」のサポートを縮小する予定です。

"Office 2019は、5年間のメインストリームサポートと、約2年間の延長サポートを提供します。"と、OfficeのゼネラルマネージャーであるJared Spataro氏は、2018年2月1日に企業ブログに投稿しています。"これは...Office 2016のサポート期間と合わせるためです。延長サポートは2025年10月14日に終了します。" スパ太郎氏が示唆したように、Office 2016のサポートも2025年10月14日に終了します。

Office 2016は10年間のサポートを受けることになっています(「メインストリーム」サポートストレッチで5回、「エクステンデッド」で5回)。Office 2019のサポート期間は7年となり、30%の減少となります。Office 2019のメインストリームサポートは2023年10月10日に終了するため、Office 2019のアプリケーションをマイクロソフトのクラウドサービスに接続するには、この日がカットオフとなる(前述の「Officeとクラウドサービスの連携方法」を参照)。

サポート期間の短縮とともに、マイクロソフトはOffice 2019をWindows 10でのみサポートすることも発表しました。Windows 7は2020年1月14日の引退まで、Windows 8.1は4年以上残っているにもかかわらず、どちらにもOffice 2019はサポートされません。

一方、マイクロソフトは当初、Office 365のProPlusのサポートも縮小することを宣言していました。

1年前、マイクロソフトは、2020年1月14日以降、Office 365 ProPlusを実行するためにサポートされるのはWindows 10のみであると言っていました。この日は、Windows 7の頭打ちの期限です。また、Windows 8.1も、Windows 10 LTSC(Long-term Servicing Channel)版と同様に、ProPlusのサポート対象から外れることになった。

またしても、マイクロソフトは目を白黒させた。9月には、Windows 8.1からOffice 365 ProPlusへのアクセスを断つことについて、考えを改めました。

"すでにOffice 365 ProPlusをご利用のお客様のOS移行をサポートするために、私たちは...2月に行われたいくつかの発表を修正します。"とスパ太郎は2018年9月6日のブログ記事で述べています。"Office 365 ProPlusは、Windows 8.1のサポート終了日である2023年1月まで、Windows 8.1で引き続きサポートされます。"と述べています。

microsoft_office_logo

価格を上げ、主要な機能をOffice 2019から外すことで、Microsoftはユーザー全体をOffice 365に移行させたいという意向を伝えている。

MicrosoftがWindows用の「Office 2019」をリリースしたとき、それは大きな音ではなく、ささやかな音で行われました。例年、Microsoftは新しいOfficeのリリースを大々的に宣伝していましたが、今回はブログ記事を1、2回発表し、詳細はほとんど書かずにそのままにしました。
それには理由があります。マイクロソフトは、Office 365というサブスクリプション版のOfficeを、永久版のスイートよりも推し進めています。Office 2016やOffice 2019などの永久版のOfficeを購入すると、一度だけ料金を支払って永久に所有することになり、新機能が追加されることはありません。継続的な購読料が必要で、常に新機能がアップデートされるOffice 365とは対照的です。Microsoftが人々をOffice 365に移行させたいと考えているのは明らかなので、Officeの永久版の新リリースにはできるだけ注目してもらいたくないのだ。

マイクロソフトが囁いた理由はもうひとつある。かつては、マイクロソフトが新しいバージョン番号でOfficeをリリースするたびに、たとえば「Office 2016」のように、そのバージョンは他のどの製品よりも強力なものだと考えられていました。それが、もはやそうではなくなったのです。Office 2019は、Office 365よりもかなり強力ではありません。Office 2019には、何百万人ものOffice 365加入者(同社によると、コンシューマー版の加入者は3,100万人以上)がかなり前から利用していたような新しい機能はなく、実際、Microsoftは過去数年間にOffice 365で導入したいくつかの機能をOffice 2019から省いた。つまり、同社はOffice 2019について語るとき、世界を驚かせるような新しいものは何もなかったのである。

では、Office 2019の新機能は何でしょうか?また、あなたやあなたの組織にとって、Office 2019とOffice 365のどちらが良いのでしょうか?その判断材料として、以下にOffice 2019の最も重要な新機能を取り上げ、Office 365と比較してみました。

ここで紹介した機能に加えて、Office 2019ではスイート全体でデジタルインクのサポートが強化されており、Microsoftが「ローミングペンシルケース」と呼ぶサポートも含まれています。これにより、手書きで書くだけでなく、デジタルペンシルを使って文書のセクションを移動することができます)。

本題に入る前に、Office 2019について最後の注意点があります。これまでにリリースされた永久版Officeとは異なり、Windows 10上でのみ動作します。ただし、32ビット版と64ビット版の両方が用意されています。

Office 2019についてIT部門が知っておくべきこと

Office 2019には、IT部門にとって有益な変更点がいくつかあります。特に、IT部門がOffice 2019をインストールする方法が変更されています。Office 2019のインストールには、従来の「Windows Installer」ではなく、Office 2013で開始された「Click-to-Run(C2R)」という展開技術が採用されています。MicrosoftはC2Rの利点として、"予測可能な毎月のセキュリティアップデート、インストール時の最新アプリ、Windows 10ダウンロード最適化技術によるネットワーク消費量の削減、Office 365 ProPlusへの簡単なアップグレードパス "を挙げています。

Office 2019とOffice 365の選択

Office 2019とOffice 365のどちらにするか悩んでいる人にとっては、Office 2019にはなくてOffice 365にはあるものこそが本当に重要です。そして、Office 365には、Office 2019にはないものがたくさんあります。実際、あまりにもたくさんあるので、ここではより重要な機能だけを紹介します。

Office 365のExcelのように、Excel 2019では他の人とリアルタイムで共同作業をすることができないので、他の人と一緒に仕事をする人にとっては重大な欠点となります。 

Word 2019には、Office 365に搭載されている、Wordから直接インターネット経由で簡単に調べ物ができる「研究者」ペインがありません。また、編集ツールの「エディター」ペインもありません。どちらも必須アイテムではありませんが、文書の作成や編集にかかる時間を短縮することができます。

PowerPoint 2019には「Designer」も「QuickStarter」も搭載されていません。Designerは、スライドに追加したグラフィックをもとに、プレゼンテーションを作成する際に新しいスライドデザインを提案します。また、QuickStarterは、リサーチやアウトラインの作成をサポートし、プレゼンテーションをスタートさせます。これらの機能は、プレゼンテーションの作成に多くの時間を費やす人にとって、大きな損失となる重要な機能です。

また、Office 2019のアプリには、Office 365で利用できる非常に便利な「自動保存」機能がありません。この機能は、ファイルの最新の編集内容を失わないようにし、ファイルの古いバージョンを調べたり、使用したり、元に戻したりすることができます。

また、Office 365には、Office 2019のユーザーにはないデザイン変更されたリボンがあります。新しいリボンは流線型で無駄を省いており、Office 2019に搭載されているものよりもシンプルで使いやすくなっています。

これらと同様に重要なのは、Office 365の加入者は常に新しい機能を手に入れることができるのに対し、Office 2019は時間が止まったままだということです。新機能のアップデートは行われないため、今日見たものが永遠に続くことになります。新機能が欲しくてOffice 365のサブスクリプションを希望しない場合は、次のOffice永久版を待ってそれを購入しなければならないが、その場合でもOffice 365のすべての機能は含まれない。

Office 2019とOffice 365のもう一つの大きな違いは、そのコストと、購入時にOfficeスイートを何枚入手できるかということです。

Office 2019を購入すると、その1枚を1人用のパソコンで動かすことができます。Home & Student版は150ドルで、Windows 10用のWord、Excel、PowerPoint、OneNoteが含まれています。250ドルのHome & Business版には、それらすべてに加えてOutlookも含まれています。440ドルのProfessional版には、Home & Business版が提供するすべての機能に加えて、PublisherとAccess(Windows版のみ)が含まれます。エンタープライズ版には、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisherが含まれる「Office Standard 2019」と、これらに加えてAccessとSkype for Businessが含まれる「Office Professional Plus 2019」があり、価格は数量によって異なります。

Office 365の価格については、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteが含まれるOffice 365 Home版は、年額100ドルで、最大6人まで利用でき、インストールできるデバイスの数に制限はありません。1人あたり1TBのOneDriveクラウドストレージを利用でき、同時に5台のデバイスにサインインすることができます。Office 365 Personalは、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、OneDrive(1TBのストレージ付き)に加えて、PublisherとAccess(Windowsのみ)が含まれます。年額70ドルで、1人のユーザーに限りますが、デバイスの数に制限なくインストールできます。

Office 365のビジネスおよびエンタープライズプランはより複雑で、1ユーザーあたり年間99ドルから420ドルまでの範囲で提供されています。より安価なプランもありますが、WordやExcelなどの主要なOfficeアプリは含まれていません)。

その先、スマートフォンやタブレットでOfficeを使いたい場合、Office 2019では基本的な編集機能のみを備えたアプリが提供されますが、Office 365では、変更の追跡やレビューなどの高度なツールや、WordArt、PowerPointのMorph、ExcelのカスタマイズされたPivotTablesなどの機能を備えたモバイルアプリが提供されます。

Office 2019よりもOffice 365の方がはるかに多くの価値を得られるように見えるとしたら、それは偶然ではない。MicrosoftがOfficeの永久版を廃止したいと考えているのは明らかだが、十分な数の人々や企業がまだそれを望んでいるため、Microsoftがそれを実行に移す現実的な方法はないのだ。

なぜ人々は永久版を求めるのでしょうか?多くの人は、Officeを使い続けるために毎年少しずつお金を払わなければならないことに抵抗を感じています。それよりも、一度大金を払ってスイートを完全に所有したいと考えています。また、クラウドベースのプラットフォームに移行したくない、あるいは移行できない企業もあります。

Microsoftが人々をOffice 2019からOffice 365へと追いやっていることに納得がいかないなら、こう考えてみてはどうだろう。Microsoftは先日、Office 2019の商用版とリテール版の両方について、バージョンに応じて最大10%の値上げを行いました。同じ頃、マイクロソフトは、コンシューマー版のOffice 365を無制限の数のデバイスにインストールできるようにすることを発表しました。永久版の価格上昇という棒と、サブスクリプションでデバイスが無制限になるという人参の間で、Microsoftはすべての人をOffice 365に移行させるためにできる限りのことをしています。

では、Office 2019とOffice 365のどちらを選ぶべきでしょうか。ほとんどの個人にとって、答えはシンプルです。Office 365を選びましょう。現在および将来にわたる最新の機能、大量の無料ストレージ、そして台数無制限のマシンでOfficeアプリを使用することができます。家族向けには、Personalプランよりも年間30ドル高い金額で最大6人のユーザーが利用できるOffice 365 Homeが最も適しています。私の視点では、この選択は間違いのないものに近いと思います。

Office 2019を買うべき人は?コンピュータを1台しか持っておらず、2台目を手に入れることはないと思っている人、最も基本的なOfficeの機能だけを求めている人、ストレージの追加やモバイルデバイスでの高度な機能の使用に関心がない人だけです。

企業としては、クラウドに常時アクセスしていない組織や、クラウドへのアクセスと密接に連携するソフトウェアを本格的に導入する気がない組織には、Office 2019が最適です。そうでなければ、ほとんどの場合、Office 365の方が理にかなっています。

ボトムライン

Office 2019はOfficeスイートの中でも圧倒的なバージョンだが、それはMicrosoft側の失敗ではなく、同社はわざとそのように作っている。マイクロソフトは、永久版のOfficeのユーザーが減少していることを、単に殺すことで怒らせることはできないと考えている。そのため、MicrosoftはOffice 365には新機能をふんだんに盛り込む一方で、Office 2019からはそのほとんどを省いている。あなたは、Office 365のサブスクリプションを利用するためにこの製品を避ける多くの人の1人になる可能性があります。

yahoo
Office 2019 Home BusinessはWindowsとMacで利用可能です

20210401160811
20210324145525
https://store.shopping.yahoo.co.jp/muki/office-2019-hb-mac.html

Office 2019 Home Business Mac/Windowsダウンロード版のでメールでプロダクトキーを送ります。配送料がかかりません。
購入後すぐに、ご利用いただくことができます。
プロダクトキー入力ページ(https://setup.office.com/)からマイクロソフトアカウントを作成後、キーを入力してソフトをダウンロードできます。
こちらの商品は 電子メールでの発送となり、実物の発送ではございませんので、予めご理解、ご了承下さい。
※万一、プロダクトキーご案内メールが届いておらない場合は、お手数お掛けし誠に申し訳ございませんが当ストアの連絡メールアドレスまたはヤフーお問い合わせ窓口宛にご連絡お願いいたします。受信状況により、ご注文時にご登録いただきましたメールアドレスのご変更をいただき再度、プロダクトキーをご案内させていただきます。
★含まれるアプリケーション:Word、Excel、PowerPoint、Outlook
★対応OS: Windows 10.Mac OS の最新バージョンとその 1 つ前のバージョンでサポートされます。
Windows10、MacOS対応(※Windows8.1以前のOSでは使用できません。ご注意ください)

商品説明

Office Home & Business 2019 の新機能
Microsoft Office Home & Business 2019 は、従来の Office アプリと電子メールが必要な家族や小規模企業向けの製品です。
このスイートは、時間を節約する機能、モダンな外観、および組み込みのコラボレーションツール機能などが提供され、すばやく作成および整理できるように設計されています。
Officeをインストールするにはインターネットアクセスが必要ですが、Officeアプリケーションを使用する時、インターネットに接続する必要はありません。
Microsoft Word
Word 2019では、最先端の編集ツール、レビューツール、翻訳機能を利用でき、 共有ツールを使用して、プロ並みの文書を作成および共有できます。
また、ご要望にお応えして LaTeX 構文を使用して数式の作成ができるようになりました。
Microsoft Excel
新鮮なユーザーインターフェースとお気に入りのキーボードショートカットを使用して、直感的な方法でデータを分析して視覚化します。
「VLOOKUP」、「HLOOKUP」、「MATCH」などの関数が高速化され、重くて時間のかかった関数のパフォーマンスが劇的に向上されました。
Microsoft PowerPoint
スライド上のアニメーションの動きをスムーズにするために役立つ変形切り替え効果が用意されています。
ズームを作成すると、プレゼンテーション中に、特定のスライド、セクション、部分間を決定した順序で切り替えることができます。
テキスト用栄光ペンはプレゼンテーション内の特定のテキスト部分を強調表示でき、デジタルインク機能が強化され、より豊かでダイナミックなプレゼンテーションエクスペリエンスを促進します。
Microsoft Outlook
ユーザーにとって重要なメールが優先受信トレイに表示されます。マルチタスクが正常に機能している場合は、Outlook にメール メッセージを読み上げさせることができます.
対応OS: Windows 10.Mac OS の最新バージョンとその 1 つ前のバージョンでサポートされます。
Windows10、MacOS対応(※Windows8.1以前のOSでは使用できません。ご注意ください)
 
Microsoft Office Home & Business 2019(日本語版)とは、2019年1月22日に発売された、個人とビジネス向けの買い切り型の永続ライセンス版となります。
Windows 10 PCまたはMacに2台インストールできるために、価格が高く設定されているOffice Home & Business 2019ですが、少しでも安く購入できれば嬉しいですよね。
Office Home & Business 2019とは、家庭向けMicrosoft Office Personal 2019に含まれるWord、Excel 、Outlookアプリケーションに、ビジネス作業によく使うPowerPointを追加したOfficeスイートです。

ダウンロード版とは 、プロタクトキーのみを 購入 する方法です 。

すぐ入手してインストールできるのは特徴です 。

Office Home & Business 2019をすぐ使いたい方にオススメです 。


Microsoft Office home & business 2019を初めてインストールするには、Microsoftアカウントとプロダクト キーが必要です。

インストール方法は以下の4つの手順で行います。

20210401160811

yahoo
kakou
https://store.shopping.yahoo.co.jp/muki/office-2019-hb-mac.html
Microsoft Office Home & Business 2019【Mac】ダウンロード版 プロダクトキーを購入
Microsoft Office Home & Business 2019 (最新 永続版 )ダウンロード版( Mac OS)日本語版。
Office アプリケーションには Word、Excel、PowerPoint、およびOutlookが含まれます。
Office Home & Business 2019 のダウンロード版を購入するとプロダクトキーをメールで送ります、箱」の商品ではありません。
プロダクトキー入力ページ(https://setup.office.com/)からマイクロソフトアカウントを作成後、キーを入力してソフトをダウンロードできます。
Office Home & Business 2019を利用する場合、Microsoftアカウントの作成は必須です。
ダウンロードとインストールする前、Office を設定する必要です。 プロダクトキー とアカウントの間で関連付けが行わ、
Microsoft アカウントを使うと、プロダクト キーを使わずに

Microsoft Office Home & Business 2019 は、従来の Office アプリと電子メールが必要な家族や小規模企業向けの製品です。
このスイートは、時間を節約する機能、モダンな外観、および組み込みのコラボレーションツール機能などが提供され、すばやく作成および整理できるように設計されています。
Officeをインストールするにはインターネットアクセスが必要ですが、Officeアプリケーションを使用する時、インターネットに接続する必要はありません。
Microsoft Word
Word 2019では、最先端の編集ツール、レビューツール、翻訳機能を利用でき、 共有ツールを使用して、プロ並みの文書を作成および共有できます。
また、ご要望にお応えして LaTeX 構文を使用して数式の作成ができるようになりました。
Microsoft Excel
新鮮なユーザーインターフェースとお気に入りのキーボードショートカットを使用して、直感的な方法でデータを分析して視覚化します。
「VLOOKUP」、「HLOOKUP」、「MATCH」などの関数が高速化され、重くて時間のかかった関数のパフォーマンスが劇的に向上されました。
Microsoft PowerPoint
スライド上のアニメーションの動きをスムーズにするために役立つ変形切り替え効果が用意されています。
ズームを作成すると、プレゼンテーション中に、特定のスライド、セクション、部分間を決定した順序で切り替えることができます。
テキスト用栄光ペンはプレゼンテーション内の特定のテキスト部分を強調表示でき、デジタルインク機能が強化され、より豊かでダイナミックなプレゼンテーションエクスペリエンスを促進します。
Microsoft Outlook
ユーザーにとって重要なメールが優先受信トレイに表示されます。マルチタスクが正常に機能している場合は、Outlook にメール メッセージを読み上げさせることができます.
対応OS: Windows 10.Mac OS の最新バージョンとその 1 つ前のバージョンでサポートされます。
Windows10、MacOS対応(※Windows8.1以前のOSでは使用できません。ご注意ください)
Mac 向け Office 2019 版の Word、Excel、Outlook、PowerPointを搭載しており、すべての機能を最大限に活用したい方におすすめ。
Office Home & Business 2019
Microsoft Office Home & Business 2019とは、2019年1月22日に発売された、個人とビジネス向けの買い切り型の永続ライセンス版となります。

MacだけなくWindowsにもWord/Excel/Outlook/PowerPointの4つのアプリケーションをインストールして利用できます。永続ライセンス版でMacとWindowsの両方にインストールしたい場合は、「Office Home & Business 2019」のみになります。


Office 2019 Home and Business【Mac OS 1台】オンラインアクティブ化の正規版プロダクトキーで、マイクロソフト公式サイトで正規版ソフトをダウンロードして永続使用できます

このページのトップヘ