Mac版Office 2011/Office 2016特別価格:9,800円、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、Office 2016 for Macを購入·試用·比較,最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクトキー

カテゴリ: Office 2016

Office 2016 ダウンロード版とパッケージ版の区別

Office 2016 for Mac 激安価格:9,800円

Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

Microsoft office 2016 から、マイクロソフト社は全てのアプリにダウンロード版とパッケージ版を導入するようになっているが、office 2016 前のバージョンを購入しようとする場合、どのようにダウンロード版とパッケージ版を選択すればよいのでしょうか?その相異点は?

office 2016 ダウンロード版

パッケージ版はマイクロソフト社の実店舗から、或いはアマゾン、ロッテなどのネットストアから購入可能で、ネットストアで購入する場合、お宅に届くまで郵送時間がかかります。office 2016のパッケージ版は包装サイズが小さくなり、office 2016 のプロダクトキーを記載するカードしか入っていません。一方これまでのoffice パッケージ版にoffice インストールパック付きのDVDが入っているため、インターネットがなければofficeのインストールができません。マイクロソフトの公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があります。マイクロソフト社はoffice2016の発売以来、全てのアプリのダウンロード方法を変更しており、setup.office.comにアクセスしてマイクロソフトのアカウントでログインし、そしてプロダクトキーを入力したら、はじめてダウンロードとインストールできます。最後、office 2016のアクティブ化を行います。

Office ダウンロード版の場合、ネットストアからofficeのプロダクトキーを購入し、その後メールの形で送信されます。そして公式サイトからアプリをダウンロードし、上記のプロダクトキーによりインストールできます。office 2016 のみならず、office 2013、office2010などのバージョンにもダウンロード版があり、ユーザはご自分のニーズに応じ、必要バージョンのofficeプロダクトキーを購入すれば良いです。

microsoft office 2016

Officeサブスクリプション、即ちoffice 2016 以来のサブスクリプション型officeアプリであり、office 365サブスクリプションはその他バージョンの購入方法が異なり、毎月マイクロソフト社に一定の料金を支払う必要があります。 office 365 サブスクリプションのメリットは、windowsやMacの両方にてofficeを使用する方に向きます。

その他バージョンのofficeは別々に購入する必要があり、価格がやや高くなります。しかし、office365サブスクリプションは月額を払えば、windowsとMacの両方にて使用可能です。office 365サブスクリプションはマルチプラットフォームのユーザにとって、非常に経済的です。

office onedrive

Microsoft はOffice 2016を対象に無料で15G のOnedriveオンライン保存サービスを提供しており、更にoffice 365 サブスクリプションを購入すれば、その容量はなんと1TPまで増えます。

  • Office 2016 for Mac 発売価格
office for mac 2016

Office2016 for Mac 買い切り型、購読版価格

2015年の中頃に、Microsoft社はwindows版のofficeの発表より先んじて、を発表しました。新バージョンのoffice2016 macはOneNoteを含みます。(無料版のOneNoteもMacのOSにて使えます)

今日は新バージョンのoffice2016 for macに関する2つのポイントを見てみましょう

1 価格はどうですか?

2 microsoft officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

価格はどうですか?

ご覧の通りに、office 2016 for mac の価格をまず見てみましょう

本文はoffice2016 for mac の機能説明ではなく、価格と購入方法に焦点を当てます。

では、office2016 for macはいくらでしょうか?

1,274(税込み)。

即ち、これはofficemacの購読版価格であり、月額制です。

しかし、homeand businessやhomeand studentなどほかのバージョンはどうでしょうか。これまでofficefor macのバージョン選択に悩んでいる方が多いようです。

microsoftofficeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

microsoft office

購読版、通称サブスクリプションです。最初のうち、Microsoftofficeは数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入する必要があり、2011年から大量PCを持つ企業に向け、「購読型」Office——Office365が発表されました。契約期間中に複数のPCにインストール可能です。

Office365は最初個人バージョンのサービスを提供していなかったが、去年10月から、office365は個人バージョン向けのサービス、office365 soloを正式発売しました。

Office365 soloは使用契約期間中に、2台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。

office 2016

特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacとwindows両方にて利用可能です。

私のようにmacを使いながらwindowsを使っているお方が多いと思います。macにもwindowsにもmicrosoftofficeを使うため、高価なmicrosoftofficeのmacバージョンとwindowsバージョンをそれぞれ購入するしかありません。しかしoffice365の場合、購読を1回すれば、同時にmacとwindowsにて利用可能で、office365 soloはまさしくwindowsとmacのダブルユーザに向きます。

最新のofficeアプリケーションといえば、これまで、macにはofficefor mac home and business 2011しかなく、windowsにはoffice2013 professionalのアプリケーションしかありません。

それでoffice2016 for mac の発売につれ、office365soloにおいて利用可能なmacバージョンはoffice2016に変わります。

microsoftoffice は不定期的に新バージョンを発表するため、ユーザは新バージョンを購入又はアップグレードするしかありません。

バージョンのアップグレードにより、次々とOffice2004 for Mac、Office2008 for Mac、Officefor Mac2011を購入したmacユーザが大勢います。即ち買切り型でも、永続使用可能ではなく、最終的にmicrosoft社にお金を払うしかありません。それで、最新のofficeアプリケーションを入手するには、購読版のoffice365soloは欠かせません。実は個人でmicrosoftofficeを購入しようとすれば、office365soloのほうが経済的です。特にwindowsとmacのダブルユーザの場合、office365solo以外のベストチョイスがありません。office365 soloの発売につれ、これまでの買切り型バージョンはどうなるのでしょうか。その変化は注目に値します。

Office 365

Office2016の発売初期には買切り型がなく、購読版しかありませんでした。

買切り型の時代が終了し、新しいサービスの時代を迎えてくるかもしれません。

買切り型から購読型へと変更する製品はmicrosoftofficeのみならず、adobe傘下のシリーズアプリケーションも同じ戦略をとっています。

Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

Office for Mac 2016 は新しく発売されました:

マイクロソフト社の新生代OfficeスイートのOffice 2016正式版はすでにWindows10に搭載されており、現在Macユーザも最新版のOffice for Mac 2016を使えるようになりました。Office 2016 for Macのトライアル版はすでにリリースされ、無料で体験できます。

Office for Mac 2016

Mac版Officeの最も近いアップグレードは2011年発売のOffice For MAC 2011に止まり、一方これまでの数年間にWindows版は何回もアップグレードされました。2013年発売のOffice365がMac版を含むとは言え、相変わらずOffice For Mac 2011でした。ゆえに、仕事中にMacを使うユーザにとって、この新バージョンの価値は極めて大きいのでしょう。

Office Mac 2011

Office 2016 for Macはクラウドサービスに基づき、ユーザはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスでき、この点はWindows10とよく似ています。

新バージョンは新機能の追加以外、MacのUIデザインとシステム特性に合わせ、完璧にMacに対応するようになりました。例えば:フルスクリーン、マルチポイントタッチ及びRetinaディスプレイに対応する数千のHDアイコン、またファイルのローリング効果のような細かい進化もあります。

Office 2016 for Mac

Office 2016 Mac版はWord For Mac、Excel For Mac、PowerPoint For Mac、Outlook For Mac、OneNote For Macなどの新バージョンを含み、英語、日本語、中国語簡体字、中国語繁体字など16種類の言語に対応し、Mac OS X 10.10 Yosemite或いはそれ以上のシステムバージョンに適用します。

mac book air

Office for Macのトライアル期限は60日です。下記のアドレスからダウンロードできます:

現在、Office365のユーザは最新版Office for Macを取得可能です。いずれのOffice 365商品を購入することにより、Mac、Windows、iOS及びAndroidにおけるOffice 2016の利用権利、及び更に大きなOneDrive容量を取得できます。マイクロソフト社は四半期ごとにOffice 365ユーザに一回以上の更新と新機能を発表します。

Office Macの購入方法——各サイトの掲載価格比較:

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Office Macの購入方法

サブスクリプション:

マイクロソフト社は2013年からOffice 365に対して、新しい「サブスクリプション」モードを導入したので、消費者は時間によりサブスクリプションを行えます。Office 365をサブスクリプションで取得したユーザであれば、今すぐOffice Mac 2016にアップグレード可能です。

商品名Office 365 PremiumOffice 365 Solo
価格Office 365 Premium 価格:¥ 7,900/1 年間(Win10mall)Office 365 Solo価格:¥ 12,744/1 年間(Microsoft Store)
インストール数5 台の PC または Mac2 台の PC または Mac
Office スイートの内容Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、AccessWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
Macに適用
Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む

Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む
Office 365 Solo 価格(Microsoft Store 日本): ¥12,744/1 年間, 2 台の PC または Mac

購入アドレス:https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo

Office 365 Solo 価格(Amazon.co.jp): ¥11,581/1 年間, 2 台の PC または Mac

購入アドレス: http://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B00O2TXF8O

Office 365 Premium激安価格(Win10mall.com): ¥7,900/1 年間, 5 台の PC または Mac

購入アドレス:

终身授权(永続ライセンス):

一部の古いバージョンのOffice for Macは終身利用可能だが、最新版のOffice For MAC 2016にアップグレードできません。

商品名Office for Mac Home and Student 2011Office for Mac Home and Business 2011
価格Office for Mac Home and Student 2011 価格:
¥9,999/永続ライセンス(win10mall)
¥18,360/永続ライセンス(Microsoft Store)
Office for Mac Home and Business 2011価格:
¥12,999/永続ライセンス(win10mall)
¥35,460/永続ライセンス(Microsoft Store)
インストール数Mac 3 台Mac 2 台
Office スイートの内容Word、Excel、PowerPoint、OneNoteWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook
Macに適用Office For MAC 2011Office For MAC 2011
Office for Mac Home and Student 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥18,360

購入アドレス: https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Student 2011激安価格(Win10mall.com): ¥9,999

購入アドレス:

Office for Mac Home and Business 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥35,460

購入アドレス: https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Business 2011激安価格(Win10mall.com): ¥12,999

購入アドレス:

激安!Office Mac 2011/2016 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)

第1のラインナップとして、学生とファミリー向けの、Office for Mac Home and Student 2016いうシリーズがあります。

 学生用ですが、べつに学生証などの提示は求められません(家族版と共用だからです)。 WordとExcelとPowerPointがパッケージされています。

 このパックは、2ライセンスですから、2台までインストールする権利があります。オンラインでのアクティベーション(認証)により台数を管理するので、ライセンスキー1つで2台までインストールできるという仕組みです。

 なお、現在パッケージ版は未発売であり、ダウンロード版のみです。ただ、今後発売されるだろうパッケージ版についても、認証コードのみ付属で、インストール用のメディアは添付されない見込みです。

 ご存じのように、最新のMacbookやiMacは、CD/DVDドライブが搭載されないようになっていますので、このような方式は時代の流れなのでしょう。

Office 365ユーザは最新版のOffice for Mac 2016をゲット!Office 365のサブスクリプションを契約するのみで、Mac、Windows、IOSとAndroidデバイスでMS Officeを使用する権限、及び追加のOneDrive保存容量を取得することができます。

Office Home & Business 2016 for Mac(2MAC) セールス

原価¥37,584円のOffice 2016 for Macは現在9,800円に!マイクロソフトの公式サイトからダウンロード・インストールすれば、永続利用可能です。2台のMacで利用可能です。(こちらをクリックしてご購入いただけます

office 2016 for mac
原価¥12,744円の1年間サブスクリプション方式のOffice 365は現在9,800円のセールス価格に!2年間サブスクリプション契約のOffice 365のセールス価格は13,000です。5台のPCとMacで利用可能です。(こちらをクリックしてご購入いただけます

office 365

Office 2016 for Mac無料トライアル

マイクロソフト社の公式サイトからダウンロードしてインストールすれば、無料トライアルできます。トライアル期間終了後、Office 2016 for Macプロダクトキーを購入して製品をアクティブ化していただけます,Office 2016 for Macのアクティブ化は複数の方法があり、おすすめの方法としては、まずマイクロソフト社のアカウントを登録し、そしてsetup.Office.comにログインし、購入したOffice 2016 for Macのプロダクトキーとご利用のマイクロソフト社のアカウントを連動させ、そしてマイクロソフト社のアカウントでローカルのOffice 2016 for Macにログインすれば、Office for Macのアクティブ化ができます。この方法では、Officeを再インストールしてもそのままアクティブ化できる上、プロダクトキーの紛失もありません。

Office 365のユーザにとって、Office 2016 for Macのアクティブ化は非常に簡単です。365ユーザはOffice公式サイトからOffice for Macの最新版をダウンロードし,MacにインストールするだけでOKです。Office 365はOffice 2016 for Macの更新に対応しています。Office 365サブスクリプションは一連のOfficeアプリ及びオンラインのその他サービスを含みますから。当然、Office for Macも含まれています。それでOffice 365のサブスクリプション契約は賢明な選択肢と言えます。今後、マイクロソフト社が新しいバージョンを発表しても、別途購入する必要はありません。Office 2016 for Macを3年間使用する場合、Office for Macの単独購入価格は9,800円で、Office 365はその価格を上回ります。特別なニーズがない限り、Office 2016 for Macを単独購入するのをおすすめします。

記事出所:http://blog.livedoor.jp/msofficeformac/

9月25日に、マイクロソフト社は最新版のoffice 2016を発表しました。パッケージ版とサブスクリプションに分けられます。以下、それぞれバージョンのoffice 2016価格を説明します。
office-2016-solo-buy
25年前にマイクロソフト社が最初のOfficeを発表した頃から、今までこのアプリは我々の事務と密接に関わるようになりました。Office使用者は 12億人にも達したそうです。Officeバージョン更迭につれ、消費者の体験も深化しつつあります。バージョンの更迭により、2015年に Office2010は製品の幕閉じを迎えた一方、マイクロソフト社は10月13日にOffice2010の関連サポートを停止することになりました。こ れは大勢の利用者に不便をもたらすが、office 2016に乗り換えるきっかけでもあります。office 2016はOffice2010より機能的に向上しています。更に、Office2016の価格も注目されています。
office-2016-solo
Office 365家庭サブスクリプションとoffice 365個人サブスクリプションはいずれもoffice 2016を含みます。家庭版のサブスクリプション価格は毎月$9.99或いは毎年$99.99です。個人版のサブスクリプション価格は家庭版より安くて、 每月$6.99或いは每年$69.99です。office 365は対象者により購入方法も異なります。office 365アカデミック版は大学生が$79.99で購入可能で、在学4年間の使用期限となっています。更に2台のPC、Macかタブレットと2台の携帯電話で の無料インストールも可能で、1TBのOneDrive保存容量も付きます。その上、officeのWord、Excel、PowerPoint、 Outlook、OneNote、Access及びPublisherも無料で利用可能です。
office-2016-word

マイクロソフト社はクラウドサービスの普及に力を入れており、office 365の1500万名ユーザは通常のアップグレードとその他サービス以外、office 2016のアプリも無料で利用可能です。更に、マイクロソフト社は再びOneDriveの同期機能改善予定を発表しました。マイクロソフト社は Office 365を「コスパの最も高いOffice」と呼びます。

Office 365ビジネス版のサブスクリプション価格は每月$5から$8.25までであり、価格はサービス内容次第です。Office 365一般法人向け版も同じく、価格は每月$8、$12及び$20を含みます。ユーザはOffice 365ビジネス版或いは一般法人向け版を1年間以上サブスクリプション購入する必要があります。より安価な2つの選択肢は「Officeの全てのインス トール可能なアプリ」のPCとMac版を含み、また5台以内のPCかMacにインストール可能です。また、全てのユーザには1TB的OneDrive保存 容量とデジタルstorytellingツールが提供されます。Office 365のビジネス版と一般法人向け版の異なる機能をもとに、マイクロソフト社はその他オプションも用意しています。
office-2016-Mobile-terminal

office 365のサブスクリプションに抵抗があり、アメリカのクラウド保存のセキュリティに不安を覚える場合、一括払いでoffice 2016パッケージ永続版を購入しても良いです。マイクロソフト社はサービスにより直販という従来の利益モードを代替しようとするが、新たなoffice 2016においてこのような更迭はまずないでしょう。office 2016の家庭版とアカデミック版価格は$149.99で、Outlook 2016を必要とする場合、$229.99で家庭版とビジネス版(Windows版とMac版を含みます)を購入しても良いです。実店舗からOffice をダウンロードや購入して良いし、オンラインからoffice 2016プロフェッショナルを購入して良いです。

家庭とアカデミック版はWord 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、OneNote 2016及び15GBのOneDrive保存容量を含みます。家庭とビジネス版はWord 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、OneNote 2016、Outlook 2016及び15GBのOneDrive保存容量を含みます。
office-2016-free

パッケージ版Office 2016を購入するユーザは頻繁な更新サービス以外、クラウド版ユーザのように様々な新機能とアプリの改善サービスを受けることができません。この点からすれば、ほとんどの事務室ユーザには不向きです。

Office 365サブスクリプションではなく、Office 2016プロフェッショナルを必要とする場合、このような悩みは避けられません。例えばOffice 2016のパッケージ版は1台のPCにのみインストール可能で、料金はなんと$399.99にも達します。しかも税抜き価格です。一方office 2016プロフェッショナルはもともと税抜きで、リアルタイムの機能更新と製品改善サービスも付き、価格もよりリーズナブルです。

office 2016プロフェッショナルはOutlook、Publisher、Access、Word、Excel、PowerPointとOneNoteを含む以 外、クラウドサービスも無料で利用可能です。マイクロソフト社により、office 2016にログインしてOneDriveを通じてそれぞれの端末にて最近開いたファイルにアクセスし、オンラインで編集することができるそうです。 office 2016パッケージ版に比べ、office 2016プロフェッショナルはあまり時間と手間がかからず、officeのユーザ体験を向上させました。検索した結果、office 2016プロフェッショナルを販売する実店舗がないようです。ただし、マイクロソフトストアと公式サイトからoffice 2016プロフェッショナルを購入して良いです。手間を大幅に減らします。

新しいOfficeは「Tell Me」というツールを含み、このツールはClippyとよく似ているが、注意力を散らすことがありません。Office対応機能や指令探しに役立つ以外、 またBingで検索することも可能です。Office 2016はその他新機能と改善も提供しているが、未だにマイクロソフト社はユーザにとっての根本的な問題:「なぜアップグレードしなければならないか」に 答えていません。
office-2016-tell-me
Office 2010を引き続き使用する場合、このアプリが製品ライフサイクルの終わりに達しているため、マイクロソフト社がパッチサービスを停止する前にアプリをアップグレードしてください。さもなければ、ハッカーからアッタクされやすいです。

Microsoft office 2016 ダウンロード版購入
9月22日から、マイクロソフト社はoffice 2016の一括払いバージョン(サブスクリプションではない)を発表しました。windowsバージョンとmacバージョンを含み、月額制や年額制を利用しないユーザに向きます。
Office 2016

マイクロソフト社はoffice 365サブスクリプションを通じて最新officeアプリを利用するように推奨しているが、サブスクリプションを通じなくてもユーザは最新のofficeアプリが利用可能です。

一括払いのOffice 2016 (Windows PCバージョンとMacバージョン)の価格は:Office Home & Student(Office家庭用とアカデミック)¥24,419;Office Home & Business(Office家庭用とビジネス用)¥35,705;Office Professional(Officeプロフェッショナル)¥64,584。

9月22日から、パッケージ版のWindows PCバージョンとMacバージョンのOffice 2016アプリはマイクロソフトのストアと実店舗にて同時発売されます。(その他小売商からアプリを購入できないかとマイクロソフト社に問い合わせてみた が、まだ返事がありません)
office2016 osusume

Office 2016家庭用とアカデミックアプリはWord、Excel、PowerPointとOneNote 2016を含みます。

Office 2016家庭用とビジネス用アプリはWord、Excel、PowerPoint、OneNoteとOutlook 2016を含みます。

Office 2016プロフェッショナルはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher以及Accessを含みます。

 

まとめると、office 2013  Windows 家庭用とアカデミックの価格は¥13,990で、家庭用とビジネス用の価格は¥29,800で、プロフェッショナルの価格は¥23,534です。 Office 2011 Macの家庭用とアカデミックの価格は¥23,361で、家庭用とビジネス用の価格は¥29,800です。


office 2016

Office 365サブスクリプションを購入する場合——Office 2016(Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccess 2016を含む)を一台のPC或いはMac(及び1台の携帯電話)にインストールする費用は毎年¥12,107です。Office 365家庭用サブスクリプションを購入する場合、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisherと Accessを含み——五台以内のPC/Macと5台以内の携帯電話にインストールする費用は每年¥12,744です。

Office 365 ビジネス用はユーザにアプリのダウンロード権限を与えており、詳しい権限は価格次第です。永続版のoffice 2016アプリはoffice 365個人用、家庭用、ビジネス用のような毎年アップグレードに対応しておらず、マイクロソフト社により、office 2016 macをoffice 365サブスクリプションに加える予定があり、9月に非サブスクリプションとパッケージバージョンのofficeアプリ を発表するそうです。

 

この前office 2016を調べてみたところ、前のバージョンより使いやすい気がするが、officeバージョンの選択に悩みます。またaccessも使いたいし、ネット でデータベース関連のアプリケーションを調べた結果、FileMakerの評判がよいけど、単品価格があまりにも高くて、最後諦めてしまいました。
office_2016_access

今はMicrosoft office personalをプリインストールしたブランドPCを購入する人が圧倒的に多くて、一般的にフルセットで7000円程度かかるので、比較によって officeプリインストールのPCをおすすめします。office personalはプライベートバージョンにすぎありません。価格が安い分、そのアプリ数も減りました。データベースを管理する場合、office personal以外に、別途microsoft accessを購入する必要もあって、価格が痛いですね。

比較を通じて、いくつかの商品の価格をまとめて、下記のように示す:

Office professional 2016

Office 365 solo

Office personal 2016 +Microsoft access 2016

Office home & business 2016 + Microsoft access 2016

一般法人向けofficeに関して、企業PC数が10台以上であれば、家庭バージョンの商品が向きます。最新バージョンのofficeを使用しよう とする方は、office 365購読バージョンは最適です。Office 365にはオンラインバージョンのoffice onlineがあって、word、excel、powerpoint、outlook、onenoteといったアプリを含みます。これらは全部オンライン で使用するofficeアプリで、個人PCにインストールして使用するofficeに比べると、機能が大幅に落ちます。それで情報閲覧の場合は office onlineを使い、編集する場合は個人PCにインストールするofficeをおすすめします。
office-Online

file makerについて

File makerとaccessの価格を比べてみると、filemakerは38,000円で、accessは15,000円で、filemakerのほうは高いです。UIと操作性に関して、filemakerのほうはより洗練されています。

事業システムの構築、及び技術者と専門家の協力を重視する場合、microsoft excel + accesでシステムを構築するほうは効率がより高いです。要は、高速と高効率を求める方は、Office professional 2016の購入をおすすめします。
FileMaker

このページのトップヘ