Mac版Office 2011/Office 2016特別価格:9,800円、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、Office 2016 for Macを購入·試用·比較,最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクト キー

タグ:office2016購入

9月25日に、マイクロソフト社は最新版のoffice 2016を発表しました。パッケージ版とサブスクリプションに分けられます。以下、それぞれバージョンのoffice 2016価格を説明します。
office-2016-solo-buy
25年前にマイクロソフト社が最初のOfficeを発表した頃から、今までこのアプリは我々の事務と密接に関わるようになりました。Office使用者は 12億人にも達したそうです。Officeバージョン更迭につれ、消費者の体験も深化しつつあります。バージョンの更迭により、2015年に Office2010は製品の幕閉じを迎えた一方、マイクロソフト社は10月13日にOffice2010の関連サポートを停止することになりました。こ れは大勢の利用者に不便をもたらすが、office 2016に乗り換えるきっかけでもあります。office 2016はOffice2010より機能的に向上しています。更に、Office2016の価格も注目されています。
office-2016-solo
Office 365家庭サブスクリプションとoffice 365個人サブスクリプションはいずれもoffice 2016を含みます。家庭版のサブスクリプション価格は毎月$9.99或いは毎年$99.99です。個人版のサブスクリプション価格は家庭版より安くて、 每月$6.99或いは每年$69.99です。office 365は対象者により購入方法も異なります。office 365アカデミック版は大学生が$79.99で購入可能で、在学4年間の使用期限となっています。更に2台のPC、Macかタブレットと2台の携帯電話で の無料インストールも可能で、1TBのOneDrive保存容量も付きます。その上、officeのWord、Excel、PowerPoint、 Outlook、OneNote、Access及びPublisherも無料で利用可能です。
office-2016-word

マイクロソフト社はクラウドサービスの普及に力を入れており、office 365の1500万名ユーザは通常のアップグレードとその他サービス以外、office 2016のアプリも無料で利用可能です。更に、マイクロソフト社は再びOneDriveの同期機能改善予定を発表しました。マイクロソフト社は Office 365を「コスパの最も高いOffice」と呼びます。

Office 365ビジネス版のサブスクリプション価格は每月$5から$8.25までであり、価格はサービス内容次第です。Office 365一般法人向け版も同じく、価格は每月$8、$12及び$20を含みます。ユーザはOffice 365ビジネス版或いは一般法人向け版を1年間以上サブスクリプション購入する必要があります。より安価な2つの選択肢は「Officeの全てのインス トール可能なアプリ」のPCとMac版を含み、また5台以内のPCかMacにインストール可能です。また、全てのユーザには1TB的OneDrive保存 容量とデジタルstorytellingツールが提供されます。Office 365のビジネス版と一般法人向け版の異なる機能をもとに、マイクロソフト社はその他オプションも用意しています。
office-2016-Mobile-terminal

office 365のサブスクリプションに抵抗があり、アメリカのクラウド保存のセキュリティに不安を覚える場合、一括払いでoffice 2016パッケージ永続版を購入しても良いです。マイクロソフト社はサービスにより直販という従来の利益モードを代替しようとするが、新たなoffice 2016においてこのような更迭はまずないでしょう。office 2016の家庭版とアカデミック版価格は$149.99で、Outlook 2016を必要とする場合、$229.99で家庭版とビジネス版(Windows版とMac版を含みます)を購入しても良いです。実店舗からOffice をダウンロードや購入して良いし、オンラインからoffice 2016プロフェッショナルを購入して良いです。

家庭とアカデミック版はWord 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、OneNote 2016及び15GBのOneDrive保存容量を含みます。家庭とビジネス版はWord 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、OneNote 2016、Outlook 2016及び15GBのOneDrive保存容量を含みます。
office-2016-free

パッケージ版Office 2016を購入するユーザは頻繁な更新サービス以外、クラウド版ユーザのように様々な新機能とアプリの改善サービスを受けることができません。この点からすれば、ほとんどの事務室ユーザには不向きです。

Office 365サブスクリプションではなく、Office 2016プロフェッショナルを必要とする場合、このような悩みは避けられません。例えばOffice 2016のパッケージ版は1台のPCにのみインストール可能で、料金はなんと$399.99にも達します。しかも税抜き価格です。一方office 2016プロフェッショナルはもともと税抜きで、リアルタイムの機能更新と製品改善サービスも付き、価格もよりリーズナブルです。

office 2016プロフェッショナルはOutlook、Publisher、Access、Word、Excel、PowerPointとOneNoteを含む以 外、クラウドサービスも無料で利用可能です。マイクロソフト社により、office 2016にログインしてOneDriveを通じてそれぞれの端末にて最近開いたファイルにアクセスし、オンラインで編集することができるそうです。 office 2016パッケージ版に比べ、office 2016プロフェッショナルはあまり時間と手間がかからず、officeのユーザ体験を向上させました。検索した結果、office 2016プロフェッショナルを販売する実店舗がないようです。ただし、マイクロソフトストアと公式サイトからoffice 2016プロフェッショナルを購入して良いです。手間を大幅に減らします。

新しいOfficeは「Tell Me」というツールを含み、このツールはClippyとよく似ているが、注意力を散らすことがありません。Office対応機能や指令探しに役立つ以外、 またBingで検索することも可能です。Office 2016はその他新機能と改善も提供しているが、未だにマイクロソフト社はユーザにとっての根本的な問題:「なぜアップグレードしなければならないか」に 答えていません。
office-2016-tell-me
Office 2010を引き続き使用する場合、このアプリが製品ライフサイクルの終わりに達しているため、マイクロソフト社がパッチサービスを停止する前にアプリをアップグレードしてください。さもなければ、ハッカーからアッタクされやすいです。

この前office 2016を調べてみたところ、前のバージョンより使いやすい気がするが、officeバージョンの選択に悩みます。またaccessも使いたいし、ネット でデータベース関連のアプリケーションを調べた結果、FileMakerの評判がよいけど、単品価格があまりにも高くて、最後諦めてしまいました。
office_2016_access

今はMicrosoft office personalをプリインストールしたブランドPCを購入する人が圧倒的に多くて、一般的にフルセットで7000円程度かかるので、比較によって officeプリインストールのPCをおすすめします。office personalはプライベートバージョンにすぎありません。価格が安い分、そのアプリ数も減りました。データベースを管理する場合、office personal以外に、別途microsoft accessを購入する必要もあって、価格が痛いですね。

比較を通じて、いくつかの商品の価格をまとめて、下記のように示す:

Office professional 2016

Office 365 solo

Office personal 2016 +Microsoft access 2016

Office home & business 2016 + Microsoft access 2016

一般法人向けofficeに関して、企業PC数が10台以上であれば、家庭バージョンの商品が向きます。最新バージョンのofficeを使用しよう とする方は、office 365購読バージョンは最適です。Office 365にはオンラインバージョンのoffice onlineがあって、word、excel、powerpoint、outlook、onenoteといったアプリを含みます。これらは全部オンライン で使用するofficeアプリで、個人PCにインストールして使用するofficeに比べると、機能が大幅に落ちます。それで情報閲覧の場合は office onlineを使い、編集する場合は個人PCにインストールするofficeをおすすめします。
office-Online

file makerについて

File makerとaccessの価格を比べてみると、filemakerは38,000円で、accessは15,000円で、filemakerのほうは高いです。UIと操作性に関して、filemakerのほうはより洗練されています。

事業システムの構築、及び技術者と専門家の協力を重視する場合、microsoft excel + accesでシステムを構築するほうは効率がより高いです。要は、高速と高効率を求める方は、Office professional 2016の購入をおすすめします。
FileMaker

Office 365 soloとbusinessの相異点とパッケージ版の価格比較


office 365 solo

2015年9月下旬にwindows版とMac版のoffice2016は同時に発売された。

Mac版は半年前にプレビュー版が発表され、筆者はこれまで使ってきました。macのインターフェイスとwindowsのインターフェイスは全く同 じで、初めてMACに触れる方でも簡単に使えます。パッケージ版(POSA/ダウンロード版)とoffice365購読版は既に正式発売され、それで複数 のオプションを前にして、自分に合ったバージョンをいかに選択すれば良いのでしょうか。

office 365 soloは個人と家庭用に向く一方、企業用の場合、office 365 businessのほうが向きます。word、excel、powerpointなど常用アプリケーションさえあれば、十分に仕事できます。しかし office 365のバージョンが多く、バージョン間の相異点もあり、officeを購入する場合、どのバージョンが最も経済的なのでしょうか。それでは、バージョン の相異点を説明します。

個人的に、office 365 Businessを購入します

office 365

Office 365 soloとoffice 365 businessはそれぞれ個人と企業向きで、機能において相異点があるが、企業でも個人でも購入可能です。本文では機能上の相異点を紹介します。

機能 Office 365 solo Office 365 Business
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
OneNote
Access ×
OneDirve 1TBまで 1TBまで
Skype無料通話 60分間の無料通話 ×
インストール可能台数 2台 5台
費用 月間契約:1,274円(月)
年間契約:12,744円(年)
月間契約:1,166円(月)
年間契約:11,664円(年)

Office 365 soloとoffice 365 businessの2つのバージョンの比較を通じ、以下の結論を出しました。最新版のofficeはWindowsとMAC環境において使い方が同じだ が、solo版はaccess 2016が利用可能で、business版はaccess 2016を含みません。

Onedirveの使い方が同じように見えるが、実はOneDirveとOneDirve for businessのサーバ機能に関して相異点があります。

Micorosoftの公式説明により、この機能が今後統一化されるそうです。しかし、現在無料版onedirveを使っている方は、onedirve for businessの利用ができない点は注意してください。

Skypeの通話機能はよく電話をかける方に役立つが、Skypeで通話する場合、費用が発生するため、あまり電話かけない方には、さほど必要ではないです。

新版office最大の相異点はそれぞれ2台又は5台(pc又はMac)にインストール可能で、3台以上のpc又はmacを使う場合、office 365 businessを購入するほうは経済的です。

2014年から、microsoftはユーザに向けて購読版のoffice365をプッシュし、発売当初のoffice 2016はパッケージ版の販売のみが行われました(2016年以降、それぞれPOAS/ダウンロード版と呼ばれるようになりました)。

調査により、新版office購入数の一番多いバージョンは[office home & business 2016]だとわかりました。5年間使用する場合の費用を比較してみました。

年数 Office 365 solo Office 365 Business パッケージ版
1年目 12,744円 11,664円 37,584円
2年目 25,488円 23,328円 37,584円
3年目 38232円 34,992円 37,584円
4年目 50976円 46,656円 37,584円
5年目 63720円 58,320円 37,584円

パッケージ版は一括払いで永続利用可能なので、購入時の費用がやや高いが、それから一切費用が発生しません。office 365は購読版で、使い続ければ、月々microsoft社に月額を支払う必要があります。soloとBusinessは1年間の時間差があるため、  それぞれの費用も異なり、メリットとデメリットとしての費用も違います。比べてみたら、【office home & business 2016】は4年以上使い続けなければ、経済的とは言えません。しかもこの4年間にわたり、officeの必要性はともかく、4年以内にofficeの次 のバージョンも発売されるため、アップグレードすれば、パッケージ版は新版officeの特権を利用できなくなります。

Officeアプリケーションをアップグレードする必要があるのでしょうか?

pcユーザは誰でもofficeを使っており、欠かせないプラットフォームとして、特に商業用途の場合、簡単にアップグレードするわけがありませ ん。windowsにおいて古いバージョンのofficeは相変わらず安定に作動できますから。Macの場合、話は別です。これまでの数年に、OS Xは毎年アプリケーションをアップグレードし、4年間使えば、OSが少なくとも3回程度アップグレードされたはずです。pcの場合、機能的アップグレード が続くとは言えないが、officeはmicrosoft社に開発され、windowsにおけるofficeの機能がMacのofficeを上回ります。

それで、windows環境において、officeを長期使用する場合、パッケージ版を購入するほうが経済的で、mac版に比べ、やや費用が高いの です。Mac環境においてoffice 365 businessのほうが経済的です。例えば、Mac版を使用する場合、Accessがいらなければ、office 365 businessを購入したほうが良いです。Accessを使う場合、office 365 soloを購入すればよいです。これで毎年10,800円の料金となり、officeの次のバージョン発売時、無料で最新版officeが利用可能です。 mac版のoffice 2016とwindows版のUIが統一化されたため、使用においてさほど差がなく、簡単に使えます。

以上、使用においてofficeに関する個人的な考えです。実際の購入にあたって、ご参考までに。

このページのトップヘ