Mac版Office 2011/Office 2016特別価格:9,800円、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、Office 2016 for Macを購入·試用·比較,最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクトキー

タグ:office2016

1.Office 2016 for Mac正式発売
2.Office 2016 for Macアップグレード後の新機能
3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格
4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット
office mac 2016 display

1.Office 2016 for Mac正式発売

Mac版Officeの前バージョンのリリースは2010年のことで、当时iPad発売されたばかりで、こんなタブレットなんて、仕事用には全然向いてなくて失敗するに決まっていると多くの人々に考えられていました。現在のようにiPadにおいてOfficeを使うなんて想像もしていなかったです。iPadはこれまで6世代も更新されたが、Office for Macは相変わらずOS X Snow Leopard時代のインターフェイスのままで、Windows版のOfficeとかなり離れている上、最近のOSXにもあまり合っていないような気がします。
6年間も経ち、マイクロソフト社はやっとOffice for Mac 2016をリリースしました。Office 365のサブスクリプションを購入している場合、無料でダウンロード可能です。一方、昔よりOfficeの競争品もずいぶん増えており、比べてみれば、Office 2016 Macの新機能が満載だが、そのほとんどがOffice 2013の機能に近いです。
office 2016 mac

2. Office 2016 for Macアップグレード後の新機能

Office for Mac は上側のRibbon部を保留しているが、フラット化が進み、Office for iPadのバージョンにやや近いです。
これはマイクロソフト社が初めてMacに自社のクラウドサービスを導入することで、即ちOneDrive或いはSharePointに保存したファイルを開くこと可能です。
Office for mac 2016は現在Retinaに完全対応しています。
定番のグレー以外、カラフルなウィンドウの選択肢も充実しており、これで簡単にWordウィンドウ(ブルー)、Excel(グリーン)、PowerPoint(オレンジレッド)などが見分けられます。
その他機能はOffice 2013に近いです。多人数共同作業及びチャット式表記などが挙げられます。
PowerPointのプロジェクターモードはiPadやWindows版と同じだが、プロジェクターへ切り替わる動画が更新されました。
現在のバージョンではOutlookから時間をピックアップしてスケジュールに記入することができるようになりました。
OneNoteがOffice for Macに加わり、正式にOffice for Macの構成部分となり、アップルのNotesに比べ、OneNoteには音声レコード機能が付いています。
Mac版Office 2016 は139カ国で16の言語バージョンをリリースします。
office mac 2016

3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格

商品名 Office 365 Solo Office 2016 Home & Student for Mac Office 2016 Home & Business for Mac Office 2016 mac Academic
Excel、Word、PowerPoint、Notnote
Outlook
価格(1年) 12,107円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(2年) 24,214円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(3年) 36,321円 24,419円 35,705円 16,800円
インストール台数 (Windows対応) Mac/Windows
2台
Mac 2台 Mac 2台 Mac 1台

4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット

今回、マイクロソフト社はOffice 2016 for Mac を64ビットバージョンにアップグレードしており、幸い32ビットから64ビットへの更新は大多数のユーザにとってシームレスな進化だと言えます。仕事中にマイクロソフトのオフィススイートを頻繁に使用する場合、今回のアップグレードをぜひ確認していただきたいと思います。ハードウェアでもソフトウェアでも、32ビットから64ビットに更新したことは画期的な意義があり、ソフトウェアの面から言えば、このような更新はメリットが多く、影響力も高いです。64ビットOffice for Macのユーザレビューが非常に多く、好評と悪評両方ともあり、これはソフトウェアの使用目的次第です。悪評は互換性に集中しているようです。大部分のユーザは無事更新できたが、Office for Macはサードパーティのプラグイン、マクロ命令、スクリプトとモジュールからなる巨大なシステムに置かれているため、その多くは開発者が64ビットのoffice for Macへの対応を整えてから、初めて使用できます。




Office Mac 2016 画像

Office Mac 2016 サイトに掲載の情報(抜粋)

microsoft office 2016 for mac

「Office 2016 for Mac」正式版リリース(まずはOffice 365ユーザー向けに)

Office 2016 for Macは、新バージョンのWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteで構成されている。
各アプリの新機能を幾つか紹介する。

·Word:「デザイン」タブの追加、共有文書のコメント機能
·Excel:最適なグラフの推薦機能、オートコンプリート機能、「PivotTable Slicers」機能
·PowerPoint:「Presenter View」の改善、「アニメーションペイン」の追加
·Outlook:プッシュ通知機能、スレッド表示機能、プレビューでの内容表示機能
·OneNote:OneNoteは初めてOfficeスイートに追加された。画像や手書きも認識する検索機能や共有機能を備える
詳細を見る: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/10/news060.html

office 2016 for mac

「Office 2016」がついにリリース【Office2016 for mac windows 10 Word Excel PowerPoint 発売日 価格 新機能 Office 365】

Windows 向けのデスクトップアプリ「Microsoft Office 2013」の後継である
「Office 2016」が2015年9月22日(火)にリリースされました。
今回は Mac 版の「Office 2011」の使い勝手を
Windows 版に近づけることを目的としたアップデートであるようで、
Mac 版の「Office for mac 2011」からの変更点は多くありますが、
Windows 版の「Office 2013」からの変更点はあまり多くはありません。
Office 2016 for Mac の最新版のアプリや機能のご紹介
Office 365 ユーザー待望の Office 2016 for Mac をご紹介
【Office 365 ユーザー向け】 Office 2016 for Mac 提供開始
詳細を見る: http://microsoftnews.hatenablog.jp/entry/office2016

Office 2016 for Mac

Office 2016 for Mac 提供開始。まずはOffice 365ユーザー向け、パッケージ版は9月公開

Office 2016 for Macは、Office for Mac 2011 (2010年リリース)からは実に約5年ぶりの新バージョンで、MacのRetinaディスプレイにも対応しました。
Office 2016 for Mac に含まれるアプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookの6種類です。
本日よりOffice 365の各エディションユーザーが Office 2016 for Macをダウンロードして使えるようになりました。なおパッケージ版のリリースは9月を予定しています。
詳細を見る: http://japanese.engadget.com/2015/07/10/office-2016-for-mac-office-365-9/

Office 2016 for Mac

Office 2016 for Mac をインストールしてみました!

Office 2016 for Mac が Office 365 で提供開始!と発表がありました。Windows 版の Office 2016 も出荷されていないのにです。Microsoft の Office サイトを確認したところ、Office 2016 for Mac はできる限り Windows 版と操作方法を合わせるようにしたといったことが書かれていました。これはさっそく使ってみたいと思い、デモ版を探したのですが見当たりません。どうしようかと考えていたところ、Office 365 の購入説明に 30 日間のお試し期間があるという表示があったので、手続きをしてみました。
Office 2016 for Mac をインストールするときに気になったのが、Office for Mac 2011 との共存でした。事前にプレビュー版( Office 2016 for Mac )では共存できているという記事も目にしていたので、思い切ってインストールしてみたのですが ・・・ 大丈夫でした。
詳細を見る:http://zuoblog.net/2015/09/09/offce2016mac/

Microsoft Office 2016 for Mac--Retinaを完全サポート

「Office for Mac 2016」、パブリックプレビュー版が公開--Retinaを完全サポート

Office for Mac 2016のプレビュー版は、MicrosoftのOffice.comのプレビューサイトからダウンロードできる。Office for Mac 2011とともに使用可能だ。
Office for Macにサインインすれば、自分が所有するすべてのOffice搭載端末からファイルにアクセスできるため、「Office for Android」で作成を開始したドキュメントに、Office for Mac 2016からアクセスし、「Office for iPad」で仕上げるといった作業を、常に最新版のドキュメントにアクセスしながら行える。
新しいMac向けWord 2016には、コメントをスレッド形式で表示する機能が追加されている。Excelでは、Office for Windowsと同じキーボードショートカットがサポートされている。Mac向けPowerPoint 2016では、「iOS」向けPowerPointで提供されているのと同じプレゼンタービューが追加されている。
詳細を見る:http://japan.cnet.com/news/service/35061382/

Office 2016 for Macプレビュー提供開始

マイクロソフト、Office 2016 for Macプレビュー提供開始。RetinaディスプレイやYosemite対応

マイクロソフトが Office 2016 for Macのプレビュー版をリリースしました。現行バージョンの Office for Mac 2011 (2010年リリース)からは実に約5年ぶりの次期バージョンにあたります。
今回公開されたOffice 2016 for Mac プレビュー版に含まれるアプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookの6種類。
昨年の10月と今年の1月に公開されたWindows 10 テクニカルプレビュー版と同様、Office 2016 for Mac プレビュー版も、プレビュー期間中のアップデートに対応します。通常はインストール後、60日間の利用が可能ですが、最新のアップデートに追随していけば、有効期間が都度延長されていきます。
詳細を見る:http://japanese.engadget.com/2015/03/11/office-2016-for-mac-retina-yosemite/

Office 2016 for Mac

「Office 2016 for Mac」、Office 365加入者を対象に先行リリース

Microsoftは8月、ボリュームライセンス顧客を対象に「Volume Licensing Center」においてOffice 2016 for Macのダウンロード提供を開始する予定である。Office 365加入者とボリュームライセンスユーザーには、Office 2016 for Macが「無償で」提供される。サブスクリプションの一環としてその価格を支払っているためである。
Microsoftは、Office 2016 for Macを定期的にアップデートし、少なくとも四半期ごとに新機能を追加する計画だと、同社関係者らは述べた。
詳細を見る:http://japan.cnet.com/news/service/35067187/

Word for Mac 2016

日本マイクロソフト、新しい Office for Mac「Office 2016 for Mac プレビュー版」を公開

新しい「Word for Mac 2016」には、編集、校閲、共有のための最新ツールが採用されています。新しい [デザイン] タブを使用すると、さまざまな機能にすばやくアクセスでき、新しい [オブジェクトの書式設定] タスクウィンドウでは、画像、図形、効果を思うがままにコントロールすることができます。
新しい「Excel for Mac 2016」には、Excel 2013 for Windows のさまざまな機能をおなじみのユーザー インターフェイスが提供されます。お気に入りのキーボード ショートカットを使うこともできるので、プラットフォームにかかわらず、より一貫した操作性を体験することができます。
新しい「PowerPoint for Mac 2016」には、新しいスライド切り替効果や、改善された [アニメーション] タスク ウィンドウが採用されています。また、スライドの横にコメントをスレッド形式で表示する機能や、バージョン間の相違を視覚的に比較して任意のバージョンを保持する機能などが搭載されています。
詳細を見る:http://www.macotakara.jp/blog/software/entry-26166.html

「Office 2016 for Mac」をリリース

Microsoft、「Office 2016 for Mac」をリリース

Office 2016 for Macはクラウドに接続しているため、OfficeのユーザーIDでサインインすると、Macやほかのデバイス上のファイルにアクセスでき、編集を中断したところから継続することができます。
またMacのRetinaディスプレイをサポート、テキストや画像が鮮明に表示できます。Onlineテンプレートが数千種類と充実しているのも新たな特徴です。
おなじみのマルチタッチジェスチャにより、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションのナビゲーションが直観的に行えるようになりました。
詳細を見る:http://iphone-mania.jp/news-77205/

「Office 2016 for Mac」のコンセプトを含めた製品説明レポート

日本マイクロソフト「Office 2016 for Mac」のコンセプトを含めた製品説明レポート

Office 2016 for Macは、10億人を超えるユーザーからのフィードバックによって鍛えられた最高のOffice エクスペリエンスをMacで利用出来るソフトウェアだと自信を持って提供しており、プラットフォームを問わない、統合されたユーザーインターフェースやショートカットを搭載しているそうです。
Office 2016 for Macの特徴として、どのプラットフォームでも利用可能な最高のOffice エクスペリエンスがMacでも利用でき、クラウドとの統合により、いつでもどんなデバイスからでもアクセスすることが可能になります。
9月末にOffice 2016 for Macのパッケージ版の販売が予定されていますが、これまで、Office 2011 for Macのアクティベーションコード入りの箱売りとダウンロード販売だったのが、iTunesカードのようなPOSAアクティベーション式販売と、ダウンロード販売に変わるそうです。
詳細を見る:http://www.macotakara.jp/blog/software/entry-27539.html

このページのトップヘ