Office 2011/Office 2016 MACの価格情報·ダウンロード版製品を比較し

Office ダウンロード製品をご紹介します,Office Mac最新版購入する,アクティベーション(製品認証キー)方法,最新 バージョンの Word、Excel、PowerPoint、OneNote を入手

2017年02月

5.Office 2016 Mac-条件付き書式を設定するには

条件付き書式を設定する
1.条件付き書式を設定するセルまたはセル範囲を選択する。
2.[ホーム]タブをクリックする。
3.[条件付き書式]をクリックする。
4.条件付き書式の種類をポイントする。
5.条件付き書式をクリックする。
条件付き書式を設定する
ルールを使用して書式を設定する
1.条件付き書式を設定するセルまたはセル範囲を選択する。
2.[ホーム]タブをクリックする。
3.[条件付き書式]をクリックする。
4.[セルの強調表示ルール]をポイントし、条件の種類をクリックする。
●[新しい書式ルール]ダイアログが表示される。
5.[スタイル]で、スタイルを選択する。
●選択したスタイルに応じて. 設定可能なオプションが変化する。
6.条件と書式を設定する。
7.[OK]をクリックする。
ルールを使用して書式を設定する
条件付き書式を編集するには
1.編集したい条件付き書式が設定されているセルまたはセル範囲を選択する。
2.[ホーム]タブをクリックする。
3.[条件付き書式]をクリックし、[ルールの管理]をクリックする。
●【ルールの管理】ダイアログが表示される。
4.ルールを選択する。
5.[ルールの編集]をクリックする。
●【書式ルールの編集】ダイアログが表示される。
6.条件や書式を設定する。
7.[OK]をクリックする。
●【ルールの管理】ダイアログに戻る。
8.[OK]をクリックする。
条件付き書式を編集するには

6.Office 2016 Mac-スパークラインを挿入するには

スパークラインを挿入する
1.スパークラインを挿入するセルを選択する。
2.[挿入]タブをクリックする。
3.[スパークライン]をクリックする。
4.スパークラインの種類をクリックする。
●[スパークラインの挿入]ダイアログが表示される。
5.スパークラインのデータ範囲を指定する。
6.[OK]をクリックする。
●セルにスパークラインが挿入される。
スパークラインを挿入する
スパークラインをコピーする
1.コピーするスパークラインが挿入されているセルを選択する。
2.オートフィルを利用して、スパークラインをコピーする。
●オートフィルを利用してコピーしたスパークラインがグループ化される。
スパークラインをコピーする
スパークラインを編集する
1.編集するスパークラインが挿入されているセルまたはセル範囲を選択する。
2.【スパークラインデザイン】タブをクリックする。
3.データに関する設定を行うには、[データの編集]をクリックする。
4.グラフの種類を変更するには、グラフの種類のボタンをクリックする。
5.マーカーを設定するには、マーカーのチェックボックスをオン/オフする。
6.グラフやマーカーのスタイルや色を設定する。
7.データの軸を設定する。
8.スパークラインをグループ化する/グ
9.スパークラインを削除する場合は、次のいずれかの操作を行う。
スパークラインを編集する
Office 2016の価格
こちらはOffice 2016 Macダウンロード版、パッケージ版を取り扱う各大手ネットストア及び実体店との価格比較も提供しています,Mac Office 2016のダウンロード版のアプリや機能のご紹介,本サイトはOffice Mac 2016 プロダクトキーを提供しており、低価格9,800円で、正規品の保証付きです。

3.Office 2016 Mac-データを並べ替えるには

特定の列の値に従ってデータを並べ替える(リスト)
1.並べ替えたい列の任意のセルを選択する。
2.〔データ] タブをクリックする。
3.次のいすれ力の)操作を行う.
●小さい順に並べ替える場合は、[昇順で並べ替え]をクリックする.
●大きい順に並べ曽える場合は、[降順で並べ替え]をクリックする.
特定の列の値に従ってデータを並べ替える(リスト)
特定の列の値に従ってデータを並べ替える(テーブル)
1.並べ替えたい列の列見出しのフィルターボタンをクリックする.
2.次のいずれかの操作を行う。
●小さい順に並べ替える場合は、【昇順】をクリックする。
●大きい順に並べ替える場合は、【降順】をクリックする。
特定の列の値に従ってデータを並べ替える(テーブル)
詳細に条件を指定してデータを並べ替える
1.リストまたはテーブル内の任意のセルをクリックする.
2.【データ】タブをクリックする.
3.【並べ替え】をクリックする。
●[並べ輩え]ダイア口グが表示される.
4.並べ替えに使用する列を遥択する.
5.並べ替えのキー(値/セルの色/フォントの色/セルのアイコン)を選択する。
6.並べ替えの順序(昇順ノ降順ノユーザー設定リスト)を選択する).
7.必要に応じて, ftやアイコンを選択する。
8.条件を追加する場合は[+]、削除する場合は[-]をクリックする.
9.手順4~8を繰り返し.必要なだけ条件を追加する.
10.[OK] をクリックする.
詳細に条件を指定してデータを並べ替える

4.Office 2016 Mac-データを絞り込む(フィルターする)には

データを絞り込む
1.絞り込みたいデータや書式が設定されているセルを選択する。
2.リストの場合は[データ]タブまたは【データ】メニューの[フィルター]をクリックする。
●見出し列にフィルターボタン(▼)が表示される。
3.フィルターを設定する列の列見出しのフィルターボタンをクリックする。
4.絞り込むデータのオン/オフを設定する。
5.セルやフォントの色、アイコンで絞り込む場合は、[色別]から[セルの色]【フォントの色】[セルのアイコン]のいずれかをポイントし、色やアイコンを選択する。
6.値で絞り込む場合は、絞り込む条件と絞り込む値を選択する。
7.項目の数が多い場合は、[検索]ボックスで値の一部を入力する。
●指定した条件に一致するデータだけが表示される。
データを絞り込む
データを絞り込む
フィルターをクリアする1.列ごとにフィルターをクリアする場合は、フィルターを設定した列の列見出しのフィルターボタンをクリックして、【フィルターのクリア】をクリックする。
2.すべてのフィルターをクリアする場合は,[データ】タブの【クリア】または〔形式〕メニューの【フィルターのクリア】をクリックする。
フィルターをクリアする
携帯端末Officeを無料で商用できますか?
本サイトはOffice 2016 for Mac購入方法も提供しています,Office 2016 for MacのPOSA 版の操作手順のご紹介,本サイトはOffice 2016 Mac ダウンロード版を提供しており、特別価格9,800円で、認証の保証付きです。

1.Office 2016 Mac-テーブルを作成するには

既存のリストからテーブルを作成する
1.テーブルに変換するリスト内の任意のセルを選択する。
2.[挿入]メニューの[テーブル]をクリックする。
●【テーブルの作成】ダイアログが表示される。
3.データの範囲が正しく退択されていることを確認する。必要であれば修正する。
4.リストに見出しが設定されている場合は、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]チェックボックスをオンにする。
5.[OK]をクリックする。
●リストがテーブルに変換される。
既存のリストからテーブルを作成する

2.Office 2016 Mac-テーブルの書式や要素を設定するには

テーブルのスタイルを設定する
1.テーブル内の任意のセルをクリックする。
2.[テーブル]タプをクリックする。
3.[表のスタイル]ボックスの中央下部の
▼をクリックする。
4.スタイルをクリックする。
●テーブルのスタイルが設定される。
テーブルのスタイルを設定する
テーブルに表示する要素/書式を設定する
1.テーブル内の任意のセルをクリックする。
2.[テーブル]タブをクリックする。
3.表示する要素や有効/無効にするl式を設定する。
4.テーブルの名前を変更するには、テーブル名〕ボックスに名前を入力する。
テーブルに表示する要素/書式を設定する
Office Mac 2016ダウンロード版
こちらはOffice Macインストール、アクティブ化方法も提供しています,Mac Office 2016の最新版の操作手順のご紹介,本サイトはOffice 2016 Mac パッケージ版を提供しており、激安価格限定9,800円で、認証の保証付きです。

27.Office 2016 Mac-関数を使用して計算するには

関数を使用して計算する
1.関数を入力するセルをクリックする。
2.【数式】タブをクリックする。
3.関数の種類をクリックする。
4.関数をクリックする。
数式パレットが開く。
5.引数として値やセル参照、セル名を指定する。
6.引数を追加するには、【+】をクリックする。
7.必要なだけ手順5~6を繰返して、引数を設定する。
8.関数の入力が終わったら、[完了]をクリックする。
●関数が入力されて、計算結果が表示される。
関数を使用して計算する
関数を手動で入力する
1.関数を入力するセルをクリックする。
2.=を入力する。
3.関数名を入力する。
●入力した文字から始まる関数の一覧が表示される。
4.一覧から関数を選択する場合は、矢印キーで選択してReturnを押すかマウスでクリックする。一覧を使用せすにそのまま入力を続けることもできる。
●一覧から関数を選択した場合は。かっこが自動的に入力される。
5.関数名を手動で入力した場合は、開きかっこを入力する。
●関数の構文がホップヒントとして表示される。
6.構文に従って、引数を指定する。
7.関数名を手動で入力した場合は、閉じかっこを入力する。
8.数式の入力が柊わったら, Ruturnを押す。
●関数が入力されて、計算結果が表示される。
関数を手動で入力する
低価格でOffice home & Student 2016 for Macを購入
こちらはMac Office 2016ダウンロード版、パッケージ版を取り扱う各大手ネットストア及び実体店との価格比較も提供しています,Office MacのPOSA 版の操作手順のご紹介,こちらはOffice Mac 認証を提供しており、特別価格9,800円で、認証の保証付きです。

<<<前の記事---NO.5 Office 2016 Mac-Excel 2016の基本操作(12)

25.Office 2016 Mac-数式を入力するには

数式を入力する
1.数式を入力するセルをクリックする。
2.を入力する。「=」を付けずに数式を入力した場合、数式と判断されないので注意する。
3.続けて、数値や文字列、セル参照、名前、関数を入力する。セル参照は直接入力することもできるが,セルをクリックして入力すると入力ミスを防ぐことができる。
4..演算子を入力する。
5.次の数値や文字列、セル参照、名前、関数を入力する。
6.手順4~5を繰り返して数式を完成させる。
7.数式の入力が終わったら. Returnを押す。
●セルには数式の計算結果が表示され、数式バーには数式が表示される。
数式を入力する
セルの参照先を変更ずる
1.セル参照を変更するセルをダブルクリックする。
2.変更したいセル参照を選択する。
●参照先のセルまたはセル範囲が、セル参照と同じ色の枠で囲まれる。
3.次のいずれかの操作を行う。
●新しいセルまたはセル範囲を選択する。
●セルまたはセル範囲を囲む枠を移動したりサイズを変更して、新しい参照先を指定する。
4.変更が終わったら, Returnを押す。
セルの参照先を変更ずる
数式の計算結果のみをコピーする
1.計算結果をコピーするセルまたはセル範囲を選択する。
2.[ホーム]タブの[コピー]をクリックする。
3.貼り付け先のセルをクリックする。
4.[ホーム]タブの[ペースト]の▼をクリックする。
5.[値のペースト]をクリックする。
●値だけがコピーされる。
数式の計算結果のみをコピーする

26.Office 2016 Mac-オートカルク/オートSUMを利用するには

オートカルクを使って計算する
1.計算するセル範囲を選択する。
●選択したセルの合計と平均値、データの個数が、ステータスバー右下に表示される。
オートカルクを使って計算する
オートSUMを便って計算する
1.計算結果を表示するセルを選択するか、計算対象のデータが入力されているセル範囲を選択する。
2.次のいずれかの操作を行う。
●合計を計算する場合は、[数式]タブの[オートSUM]または[ホーム]タプの[合計]をクリックする。
●合計以外の計算を行う場合は、[オートSUM]または[合計]の▼をクリックして計算方法を選択する。
●数式が自動入力される。
3.数式内の関数で参照されているセル範囲を確認し、問題があれば修正する。
4.Returnを押す。
オートSUMを便って計算する
Office for iphone、ipad、Android、Windows
本サイトはMac Office 2016インストール、アクティブ化方法も提供しています,Office 2016 for Macの最新版のアプリや機能のご紹介,本サイトはOffice 2016 Mac ダウンロード版を提供しており、最安値限定9,800円で、永続使用の保証付きです。

このページのトップヘ