ア戈ブル以外の選択肢は3つ

 大手ショップや各通信キャリア、個人間取引などでも、便っていないiPhoneを売ることができます。これらの方法のメリットは、アップルRenewプログラムよりも高い金額で売れる可能性があるという点です。ただし、手間がかかるうえ、傷があったり付属品がない場合は大きく減額されるケースもあります。まず、大手ショップヘの売却といえば、「ソフマップ」や「じやんばら」が有名です。自宅の近くに店舗があればその日のうちに査定してくれますし、来店が難しい場合は通信買い取りも行っています。次に、auやドコモ、ソフトバンクといった通信キャリアでも下取りを行っています。iPhoneの機種変更やMNPの値引きサービスの一環として利用可能です。最後に、個人間取引として「ヤフオクー・」や「メルカリ」を利用するのも1つの手です。相場以上の価格がつく場合が十分にある一方、購入者とトラブルに遭遇してしまう可能性もあるので、利用には十分な注意が必要です。

iPhoneを買い取ってもらうなら、いわゆるリサイクル業者よりも「ソフマップ」「じゃんぱら」などのコンピュータ系の大手ショップを選びましょう。中古市場の相場に則した料金表と査定ノウハウを持っています。通常の家電売り場とは別に、買い取り専門の店舗を設置している場合もあります。各通信キャリアでも機種変更の際に古い端末を下取りしてもらえます。キャリアの場合、アップルの下取りサービスと同じように、付属品や元箱を必要としないのも特徴です。下取り額は新しい端末代金に充てたり、月額利用料の割引に便うことができます。ヤフオク!やメルカリなどの個人間取引を利用する場合、もっとも高い金額でPhoneを売却できる可能性があります。ただし。個人間での取引になるので、落札者/購入者からの入金が遅かったり、デバイスを届けたあとにクレームがつくといったトラブルが起こる可能性もあります。

高額ながら減額も大きい

 ソフマップでは、基本的にアップルRenewプログラムよりも高い金額で買い取ってくれることが多く、現金で受け取れる点もアップルRenewプログラムにはないメリットといえるでしょう。また。買い取り金額をポイントカードにチャージすることができるので、ポイントで受け取ると、買い取り金額が5%~10%ほどアップします。新しいデバイスをソフマップで購入する予定がある場合、ポイントでの受け取りを優先するとさらにお得でしょつ。一方、じやんぱらでは傷や付属品の欠品といった減額対象があると、パーセンテージで査定額が下かつていきます。1つの傷で5%引き、といった具合に減額されていくので、上限額の高いデバイスほど、買い取り上限価格から大きく変勤します。じやんばらは、基本的にはソフマップよりも買い取り上限金額が高ぐ設定されている傾向がありますが、デバイスの傷の程度によってはじやんばらのほうが低い金額になる可能性もあり得ます。

残債負担を少なく

各キャリアでは通常の下取りとは別に、ユニークなサービスを提供しています。キャリアによって名称は異なりますが、どれも対象機種を12ヵ月利用した時点で機種変更した場合。旧機種代金の残倶を割り引くものです。通常、キャリアでiPhoneを購入する際、一番よく用いられるのが機種代金を24ヵ月の割賦にして、月々の支払いに含める方法です。刮引などが適用されて、iPhoneの導入負担を軽減できます。一見するとお得に感じますが、支払い途中で新しい機種に変更すると、当然ながら旧機種の残價と新機種の割賦の両方を支払う必要が出てきます。そのせいで新しいiPhoneが登場しても、割賦を完済するまで機種変更できずに指をくわえていたユーザも多かったのではないでしょうか。この新しいサービスを利用するには、あらかじめ各キャリアが提供するプログラム(月額300円)に加入しておく必要があります。今回、機種変更する人は、検討してみてはいかがでしょう。

残債負担を少なく

トラブルを回避すぺし

 大手ショップやキャリアの下取りよりも手間がかかってしまいますが、「できるだけ高く売りたい」と思っているのならば、ネットオークション「ヤフオクー」やフリーマーケットアプリ「メルカリ」を使った個人間取引を利用してみてはいかがでしょうか。個人間取引における最大のメリットは、これまで挙げた下取り方法の中で、「もっとも高く売れる可能性がある」ということです。中古ショップでは、中古相場からショップの利益を引いた額が通常の買い取り上限額となりますが、個人間の取引では中古相場以上の価格で売れることもあります。ヤフオクーやメルカリを使ってiPhoneを売る際、なるべく高く買ってもらうためにはいくつかの工夫が必要です。まず、売却したいアップル製品の写真をできるだけきれいに撮影するよう、心がけましょう。ただし、傷や凹みなどのマイナスポイントを隠すような補正は絶対に避けてください。購入者との取引後のトラブルにつながる恐れがあります。というのも、個人間取引の最大のデメリットは、購入者とのトラブルが起こる危険性があることだからです。このリスクを回避するためにも、製品写真やデバイスの紹介文には、状態や付属品の有無などを包み隠さず記述することをおすすめします。互いが気持ちのよく取引を柊えられるよう、気配りの精神を持つことが大事です。

開始価格はどれくらい?

 ネットオークションであるヤフオクーの場合、オークションの開始価格を設定しなければなりません。これは、「この価格で売りたい」という目標額の半分くらいが目安でしょう。最初から目標額に設定してしまうと入札が減り、結果的に落札価格が伸び悩むことになります。オークションで価格を上げるためには、まず「この値段だったら欲しい」と思わせ、入札者を集めることが重要です。 なお、iPhoneやセルラー版のiPadの場合、ヤフオクーの規約により支払い方法が、ヤフオクー・の支払いサービス「かんたん決済」か「代金引換」のみとなっています。通常なら代金先払いなども選択できるのですが、不正利用を防止するため、後払いのみというルールになっています。また、商品説明に製造番号(‐ME‐)を記載することがガイドラインで定められています。分割払い中だったり、支払いが遅延してネットークから利用制限のかかった端末が流通しないように配慮されているのです。

出品者の評価欄は厳しくチェック!

 Apple 製品は、日本のみならず諸外国において高値で転売しやすいため、海外の業者もヤフオク!を閲覧しています。そのため、出品者への質問欄に「相場以上の金額で買う」というメッセージが送られることもありますが、これには絶対に応じてはいけません。また、入札者にヤフオク!で。「iPhone 7」と検索してみると、たくさんのオークションが出てきました。逆に安すぎるものには、なにか理由があることを理解しておきましょう。も業者が紛れていることがあります。確かに業者は高く買ってくれますし、代金支払いもスムースですが、言葉が通じない、あとから条件を出してくる業社も多く存在します。これを回避するため、評価欄を厳しくチェックすることをおすすめします。

出品者の評価欄は厳しくチェック