文章作成はもちろん、ブラウザーで検索キーワードを入力したり、エクスプローラーでファイルを探したりなど、とにかくパソコンの操

文章作成はもちろん

 PDFに含まれている文字を利用したいのに、なかなか選択できなくてイライラしませんか?そんなときはPDF内の文字を一気にテキスト化してしまいましょう。「PDF,XChangeEditor」は、PDFをWordやExcelに変換する機能を搭載しています。文字をコピーしやすい状鰻にしてスムーズに利用しましょう。

作に文字(=テキスト)の入力はつきものしかし、そんなテキストもコピーテクニックを駆使すれぱ、驚くほど簡略化できます。

 アプリのダイアログやシステムの管理画面など、一部のウィンドウや画面で表示される文孚は、ドラッグや選訳ができないのでコピーは不可能です。しかし、「PointClip」を使えば、それらの選択できない文字もコピーして利用することができます。いちいち手動入力する手間を省けるうえ、誤入力のおそれもなくなるので一石二鳥です。

PDFをテキスト形式に変換して文字をコピーできます

PDFをテキスト形式に変換して文字をコピーできます

選択できない文字情報を取得してペーストできます

選択できない文字情報を取得してペーストできます

あらゆる手段で徹底的に文字入力を簡略化!

 パソコンの操作に文字人力操作は必要不可欠。しかし、できるだけ流用や簡略化の手段を講じることで手間を極力減らせます。もっともオススメなのが、文字を選択できない画面やウィンドウから文字を読み収れるアプリです。見えているのにコピーできないジレンマを解消してくれます。また、PDFや画像内の文字は、OCR技術を利用すれば簡単にコピーできます。このように、いちいち画面や画像を見ながら不動人力する手間は簡単に竹くことができるのです。標準のクリップボードは直前にコピーしたひとつの文字情報しか保存できませんが、アブリを導入することで最大10個まで記録数を増やせます。これにより再人力や再コピーの操作を減らせます。さらに、他のパソコンやスマートフォンと文字情報・クリップボードを共有することで、OSの垣根を超えた文字コピー&ペーストのテクニックを駆使できます。これまでの、文字をコピーしてメールに貼り付けて送受信する……なんていう旧式の作業は今後一切する必要がありません。

あらゆる手段で徹底的に文字入力を簡略化

 JPGやPNG、BMPなどの画像内にある文字は、選択できないので結果的にコピーできません。しかし「Capture2Text」を使えば、画像内の文字情報を解析する機能「OCR」により、それら画像内の文字をコピーすることができます。

 標準のクリップボードは、直前にコピーしたひとつの文字列しか保存できません。数回前にコピーした文字をペーストしたい場合は「Clibor」を利用しましょう。コピーした文字列の履歴を10個まで保存できるので、再コピーや再入力の手間を省けます。

画像内の任意の部分から文字を胱み取ってコピーできます

画像内の任意の部分から文字を胱み取ってコピーできます

テキストコピーの凧歴を保存して自由に選択&ペーストできます

テキストコピーの凧歴を保存して自由に選択&ペーストできます
テキストコピーの凧歴を保存して自由に選択&ペーストできます

 Androidに届いたメールの文字をパソコンに流用したい場合、もっとも考えられるのが転送、しかし、もっと手順を簡略化できるのが「ClipSync」です。Androidでコピーした文字をパソコンのクリップボードに転送でき、メールだけでなくブラウザーにも対応します。

 会社や家庭など、複数のパソコンがある場所、または1人で2台以上のパソコンを同時に使用する際に便利な、ネットワークでテキスト共有できるのが「Clipborad Extender」です。。他のパソコンでコピーした文字情報(クリップボード)を共有して入力を助けてくれます。

同じネットワーク内のAndroidとパソコンで有効です

同じネットワーク内のAndroidとパソコンで有効です

他のパソコンでコピーした文字情報を取得してペーストできます

他のパソコンでコピーした文字情報を取得してペーストできます