1.Office 2016 for Mac正式発売
2.Office 2016 for Macアップグレード後の新機能
3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格
4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット
office mac 2016 display

1.Office 2016 for Mac正式発売

Mac版Officeの前バージョンのリリースは2010年のことで、当时iPad発売されたばかりで、こんなタブレットなんて、仕事用には全然向いてなくて失敗するに決まっていると多くの人々に考えられていました。現在のようにiPadにおいてOfficeを使うなんて想像もしていなかったです。iPadはこれまで6世代も更新されたが、Office for Macは相変わらずOS X Snow Leopard時代のインターフェイスのままで、Windows版のOfficeとかなり離れている上、最近のOSXにもあまり合っていないような気がします。
6年間も経ち、マイクロソフト社はやっとOffice for Mac 2016をリリースしました。Office 365のサブスクリプションを購入している場合、無料でダウンロード可能です。一方、昔よりOfficeの競争品もずいぶん増えており、比べてみれば、Office 2016 Macの新機能が満載だが、そのほとんどがOffice 2013の機能に近いです。
office 2016 mac

2. Office 2016 for Macアップグレード後の新機能

Office for Mac は上側のRibbon部を保留しているが、フラット化が進み、Office for iPadのバージョンにやや近いです。
これはマイクロソフト社が初めてMacに自社のクラウドサービスを導入することで、即ちOneDrive或いはSharePointに保存したファイルを開くこと可能です。
Office for mac 2016は現在Retinaに完全対応しています。
定番のグレー以外、カラフルなウィンドウの選択肢も充実しており、これで簡単にWordウィンドウ(ブルー)、Excel(グリーン)、PowerPoint(オレンジレッド)などが見分けられます。
その他機能はOffice 2013に近いです。多人数共同作業及びチャット式表記などが挙げられます。
PowerPointのプロジェクターモードはiPadやWindows版と同じだが、プロジェクターへ切り替わる動画が更新されました。
現在のバージョンではOutlookから時間をピックアップしてスケジュールに記入することができるようになりました。
OneNoteがOffice for Macに加わり、正式にOffice for Macの構成部分となり、アップルのNotesに比べ、OneNoteには音声レコード機能が付いています。
Mac版Office 2016 は139カ国で16の言語バージョンをリリースします。
office mac 2016

3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格

商品名 Office 365 Solo Office 2016 Home & Student for Mac Office 2016 Home & Business for Mac Office 2016 mac Academic
Excel、Word、PowerPoint、Notnote
Outlook
価格(1年) 12,107円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(2年) 24,214円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(3年) 36,321円 24,419円 35,705円 16,800円
インストール台数 (Windows対応) Mac/Windows
2台
Mac 2台 Mac 2台 Mac 1台

4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット

今回、マイクロソフト社はOffice 2016 for Mac を64ビットバージョンにアップグレードしており、幸い32ビットから64ビットへの更新は大多数のユーザにとってシームレスな進化だと言えます。仕事中にマイクロソフトのオフィススイートを頻繁に使用する場合、今回のアップグレードをぜひ確認していただきたいと思います。ハードウェアでもソフトウェアでも、32ビットから64ビットに更新したことは画期的な意義があり、ソフトウェアの面から言えば、このような更新はメリットが多く、影響力も高いです。64ビットOffice for Macのユーザレビューが非常に多く、好評と悪評両方ともあり、これはソフトウェアの使用目的次第です。悪評は互換性に集中しているようです。大部分のユーザは無事更新できたが、Office for Macはサードパーティのプラグイン、マクロ命令、スクリプトとモジュールからなる巨大なシステムに置かれているため、その多くは開発者が64ビットのoffice for Macへの対応を整えてから、初めて使用できます。