Office 2016 ダウンロード版とパッケージ版の区別

Office 2016 for Mac 激安価格:9,800円

Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

Microsoft office 2016 から、マイクロソフト社は全てのアプリにダウンロード版とパッケージ版を導入するようになっているが、office 2016 前のバージョンを購入しようとする場合、どのようにダウンロード版とパッケージ版を選択すればよいのでしょうか?その相異点は?

office 2016 ダウンロード版

パッケージ版はマイクロソフト社の実店舗から、或いはアマゾン、ロッテなどのネットストアから購入可能で、ネットストアで購入する場合、お宅に届くまで郵送時間がかかります。office 2016のパッケージ版は包装サイズが小さくなり、office 2016 のプロダクトキーを記載するカードしか入っていません。一方これまでのoffice パッケージ版にoffice インストールパック付きのDVDが入っているため、インターネットがなければofficeのインストールができません。マイクロソフトの公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があります。マイクロソフト社はoffice2016の発売以来、全てのアプリのダウンロード方法を変更しており、setup.office.comにアクセスしてマイクロソフトのアカウントでログインし、そしてプロダクトキーを入力したら、はじめてダウンロードとインストールできます。最後、office 2016のアクティブ化を行います。

Office ダウンロード版の場合、ネットストアからofficeのプロダクトキーを購入し、その後メールの形で送信されます。そして公式サイトからアプリをダウンロードし、上記のプロダクトキーによりインストールできます。office 2016 のみならず、office 2013、office2010などのバージョンにもダウンロード版があり、ユーザはご自分のニーズに応じ、必要バージョンのofficeプロダクトキーを購入すれば良いです。

microsoft office 2016

Officeサブスクリプション、即ちoffice 2016 以来のサブスクリプション型officeアプリであり、office 365サブスクリプションはその他バージョンの購入方法が異なり、毎月マイクロソフト社に一定の料金を支払う必要があります。 office 365 サブスクリプションのメリットは、windowsやMacの両方にてofficeを使用する方に向きます。

その他バージョンのofficeは別々に購入する必要があり、価格がやや高くなります。しかし、office365サブスクリプションは月額を払えば、windowsとMacの両方にて使用可能です。office 365サブスクリプションはマルチプラットフォームのユーザにとって、非常に経済的です。

office onedrive

Microsoft はOffice 2016を対象に無料で15G のOnedriveオンライン保存サービスを提供しており、更にoffice 365 サブスクリプションを購入すれば、その容量はなんと1TPまで増えます。

  • Office 2016 for Mac 発売価格
office for mac 2016

Office2016 for Mac 買い切り型、購読版価格

2015年の中頃に、Microsoft社はwindows版のofficeの発表より先んじて、を発表しました。新バージョンのoffice2016 macはOneNoteを含みます。(無料版のOneNoteもMacのOSにて使えます)

今日は新バージョンのoffice2016 for macに関する2つのポイントを見てみましょう

1 価格はどうですか?

2 microsoft officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

価格はどうですか?

ご覧の通りに、office 2016 for mac の価格をまず見てみましょう

本文はoffice2016 for mac の機能説明ではなく、価格と購入方法に焦点を当てます。

では、office2016 for macはいくらでしょうか?

1,274(税込み)。

即ち、これはofficemacの購読版価格であり、月額制です。

しかし、homeand businessやhomeand studentなどほかのバージョンはどうでしょうか。これまでofficefor macのバージョン選択に悩んでいる方が多いようです。

microsoftofficeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

microsoft office

購読版、通称サブスクリプションです。最初のうち、Microsoftofficeは数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入する必要があり、2011年から大量PCを持つ企業に向け、「購読型」Office——Office365が発表されました。契約期間中に複数のPCにインストール可能です。

Office365は最初個人バージョンのサービスを提供していなかったが、去年10月から、office365は個人バージョン向けのサービス、office365 soloを正式発売しました。

Office365 soloは使用契約期間中に、2台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。

office 2016

特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacとwindows両方にて利用可能です。

私のようにmacを使いながらwindowsを使っているお方が多いと思います。macにもwindowsにもmicrosoftofficeを使うため、高価なmicrosoftofficeのmacバージョンとwindowsバージョンをそれぞれ購入するしかありません。しかしoffice365の場合、購読を1回すれば、同時にmacとwindowsにて利用可能で、office365 soloはまさしくwindowsとmacのダブルユーザに向きます。

最新のofficeアプリケーションといえば、これまで、macにはofficefor mac home and business 2011しかなく、windowsにはoffice2013 professionalのアプリケーションしかありません。

それでoffice2016 for mac の発売につれ、office365soloにおいて利用可能なmacバージョンはoffice2016に変わります。

microsoftoffice は不定期的に新バージョンを発表するため、ユーザは新バージョンを購入又はアップグレードするしかありません。

バージョンのアップグレードにより、次々とOffice2004 for Mac、Office2008 for Mac、Officefor Mac2011を購入したmacユーザが大勢います。即ち買切り型でも、永続使用可能ではなく、最終的にmicrosoft社にお金を払うしかありません。それで、最新のofficeアプリケーションを入手するには、購読版のoffice365soloは欠かせません。実は個人でmicrosoftofficeを購入しようとすれば、office365soloのほうが経済的です。特にwindowsとmacのダブルユーザの場合、office365solo以外のベストチョイスがありません。office365 soloの発売につれ、これまでの買切り型バージョンはどうなるのでしょうか。その変化は注目に値します。

Office 365

Office2016の発売初期には買切り型がなく、購読版しかありませんでした。

買切り型の時代が終了し、新しいサービスの時代を迎えてくるかもしれません。

買切り型から購読型へと変更する製品はmicrosoftofficeのみならず、adobe傘下のシリーズアプリケーションも同じ戦略をとっています。

Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

Office for Mac 2016 は新しく発売されました:

マイクロソフト社の新生代OfficeスイートのOffice 2016正式版はすでにWindows10に搭載されており、現在Macユーザも最新版のOffice for Mac 2016を使えるようになりました。Office 2016 for Macのトライアル版はすでにリリースされ、無料で体験できます。

Office for Mac 2016

Mac版Officeの最も近いアップグレードは2011年発売のOffice For MAC 2011に止まり、一方これまでの数年間にWindows版は何回もアップグレードされました。2013年発売のOffice365がMac版を含むとは言え、相変わらずOffice For Mac 2011でした。ゆえに、仕事中にMacを使うユーザにとって、この新バージョンの価値は極めて大きいのでしょう。

Office Mac 2011

Office 2016 for Macはクラウドサービスに基づき、ユーザはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスでき、この点はWindows10とよく似ています。

新バージョンは新機能の追加以外、MacのUIデザインとシステム特性に合わせ、完璧にMacに対応するようになりました。例えば:フルスクリーン、マルチポイントタッチ及びRetinaディスプレイに対応する数千のHDアイコン、またファイルのローリング効果のような細かい進化もあります。

Office 2016 for Mac

Office 2016 Mac版はWord For Mac、Excel For Mac、PowerPoint For Mac、Outlook For Mac、OneNote For Macなどの新バージョンを含み、英語、日本語、中国語簡体字、中国語繁体字など16種類の言語に対応し、Mac OS X 10.10 Yosemite或いはそれ以上のシステムバージョンに適用します。

mac book air

Office for Macのトライアル期限は60日です。下記のアドレスからダウンロードできます:

現在、Office365のユーザは最新版Office for Macを取得可能です。いずれのOffice 365商品を購入することにより、Mac、Windows、iOS及びAndroidにおけるOffice 2016の利用権利、及び更に大きなOneDrive容量を取得できます。マイクロソフト社は四半期ごとにOffice 365ユーザに一回以上の更新と新機能を発表します。

Office Macの購入方法——各サイトの掲載価格比較:

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Office Macの購入方法

サブスクリプション:

マイクロソフト社は2013年からOffice 365に対して、新しい「サブスクリプション」モードを導入したので、消費者は時間によりサブスクリプションを行えます。Office 365をサブスクリプションで取得したユーザであれば、今すぐOffice Mac 2016にアップグレード可能です。

商品名Office 365 PremiumOffice 365 Solo
価格Office 365 Premium 価格:¥ 7,900/1 年間(Win10mall)Office 365 Solo価格:¥ 12,744/1 年間(Microsoft Store)
インストール数5 台の PC または Mac2 台の PC または Mac
Office スイートの内容Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、AccessWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
Macに適用
Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む

Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む
Office 365 Solo 価格(Microsoft Store 日本): ¥12,744/1 年間, 2 台の PC または Mac

購入アドレス:https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo

Office 365 Solo 価格(Amazon.co.jp): ¥11,581/1 年間, 2 台の PC または Mac

購入アドレス: http://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B00O2TXF8O

Office 365 Premium激安価格(Win10mall.com): ¥7,900/1 年間, 5 台の PC または Mac

購入アドレス:

终身授权(永続ライセンス):

一部の古いバージョンのOffice for Macは終身利用可能だが、最新版のOffice For MAC 2016にアップグレードできません。

商品名Office for Mac Home and Student 2011Office for Mac Home and Business 2011
価格Office for Mac Home and Student 2011 価格:
¥9,999/永続ライセンス(win10mall)
¥18,360/永続ライセンス(Microsoft Store)
Office for Mac Home and Business 2011価格:
¥12,999/永続ライセンス(win10mall)
¥35,460/永続ライセンス(Microsoft Store)
インストール数Mac 3 台Mac 2 台
Office スイートの内容Word、Excel、PowerPoint、OneNoteWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook
Macに適用Office For MAC 2011Office For MAC 2011
Office for Mac Home and Student 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥18,360

購入アドレス: https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Student 2011激安価格(Win10mall.com): ¥9,999

購入アドレス:

Office for Mac Home and Business 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥35,460

購入アドレス: https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Business 2011激安価格(Win10mall.com): ¥12,999

購入アドレス:

激安!Office Mac 2011/2016 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)

第1のラインナップとして、学生とファミリー向けの、Office for Mac Home and Student 2016いうシリーズがあります。

 学生用ですが、べつに学生証などの提示は求められません(家族版と共用だからです)。 WordとExcelとPowerPointがパッケージされています。

 このパックは、2ライセンスですから、2台までインストールする権利があります。オンラインでのアクティベーション(認証)により台数を管理するので、ライセンスキー1つで2台までインストールできるという仕組みです。

 なお、現在パッケージ版は未発売であり、ダウンロード版のみです。ただ、今後発売されるだろうパッケージ版についても、認証コードのみ付属で、インストール用のメディアは添付されない見込みです。

 ご存じのように、最新のMacbookやiMacは、CD/DVDドライブが搭載されないようになっていますので、このような方式は時代の流れなのでしょう。