Mac版Office 2011/Office 2016 9800¥、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、 Office 2016 for Macを購入·試用·比較, 最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクト キー

Officeは生産力ツールとして仕事に欠かせず、WindowsにもMacにも同じです。しかしマイクロソフト社はMacをあまり重視しないため、Appleユーザは久々にOffice Macを更新していないのです。
Mac OSにおいて、Officeファイルを開いたり編集したりできるアプリが続出しているが、通用性と編集可能性に関してPC版Officeソフトウェアにまだ及ばず、一部のファイルを開く場合、形式エラーまで出ることがあります。MacにもOfficeの全ての機能が使えるように、マイクロソフト社はOffice 2011のリリース以来、Macを対象にOffice 2016 for Macを新たにリリースしました。前のOffice 2011に比べ、今回のOffice 2016 Macは豊かなテンプレートを提供する以外、MacのRetinaディスプレイ及びマルチタッチにも対応し、ファイル編集の効率を大いに向上させます。更に、Office 2016ユーザに対して、マイクロソフト社は1TBのone driveクラウド保存容量も提供しています。
office lady

現在、Office 2016 MacはMac OSにおける最新版のソフトウェアであり、マイクロソフト社は従来の紙パック商品包装をあきらめました。主に2つのライセンス方式があり、1つはダウンロード版で、マイクロソフト社の公式サイトからOfficeのインストールパックをダウンロードし、或いはApp Storeからダウンロードしてインストールすることです。もう1つはマイクロソフト社のOffice 365サービスを通じてOffice 2016 for Macを取得することです。相違点として、前者は一括払いで、一回払ってOffice 2016 Macを永久使用可能になり、一方Office 365はソフトウェアのレンタル方式みたいに、ユーザは1年或いは1ヶ月期限のライセンスを購入すれば、ライセンス期間中にOfficeが使えます。ライセンスが満期になると、ユーザは使用状況を踏まえてライセンス料金を支払い続けるか、或いはサービスの利用を中止して良いです。
office lady

一般的なユーザにとって、マイクロソフト社のOffice 365サービスは3つのバージョンのライセンスを提供しており、ライセンスはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccessなどのアプリ及び1TBのクラウド保存容量を含みます。主要な相違点はインストール可能なPC数にあり、家にPCが多ければ、ファミリーバージョンのほうをオススメします。1セットのファミリーバージョンで5台のWindows PC或いはMac、及び5台のAndroidとIOSにおいて使用可能で、また全てのユーザには1TBのOneDrive保存容量が提供されます。これはそれぞれのPCにOffice 個人バージョンをインストールすることより割りに合っています。
office lady

今回のOffice 2016 Macの各アプリは、基本的にone driveのクラウドサーバに直接同調可能で、ユーザには新しい保存容量が増える一方、ファイルをその他ユーザにシェアして編集することもできます。Office 365 サービスも、同じく1TBの保存容量を提供しており、ユーザがone driveにログインすれば、保存容量が表示されます。
Officeの応用が幅広いため、1つの記事では説明しきれません。まずOffice 2016 Macの新機能を見てみましょう。

Office for Mac - Word 2016
2011年のMac版Officeに比べ、新しいOffice 2016 はUIが華やかになっている上、起動直後のメインUIに多くのwordファイル・テンプレートが表示されます。ユーザはそれぞれの目的によりテンプレートを自由に選択して良いです。内蔵テンプレート以外、お気に入りのものがなければ、インターネットから多様なテンプレートをダウンロードして良いです。
Office for Mac - Word 2016


Office for Mac - Excel 2016
現在、Excel 2016 起動時に、クラシックとカラフルの2タイプの背景色が選択可能です。Excel 2016も複数の編集テンプレートを提供しています。また、データ選別機能において、分岐分析フィルターが追加され、それぞれカテゴリーのデータを速やかに選別可能です。大量なデータ内容を処理する場合、データ分析の効率が大いに向上します。
Office for Mac - Excel 2016

Office for Mac - Powerpoint 2016
更にPowerpoint 2016 も複数のテンプレートを提供しており、ユーザはご自分の好みに合わせてテンプレートの配色、フォント或いは背景色などを変更して良いです。新版のPowerpoint は文字編集に関して表、グラフ、模様或いは図を挿入するクイックアイコンを追加しており、更に快速な編集を実現します。動画効果も大いに増えており、コンテンツの表現力が高まります。
Office for Mac - Powerpoint 2016

使用後の感想:
Mac版Office 2016 をぱっと使ってみた結果、UIと操作においてWindows 版とは特に差がなく、windows版のOfficeを使ったことさえあれば、Mac版に切り替わっても、すぐに上手になれます。Office 自体の機能が幅広く応用されるため、本文ではその全ての機能を説明しきれません。Office 2016 for Macにご興味があれば、マイクロソフト社の公式サイトからダウンロードして試用してください。価格面は第三者ストアなどをチェックしてみれば、意外と安いですよ。購入も非常に簡単です。

OneNoteについて

 OneNoteは、文字列や画像だけでなく, WebページやWord文書、Excelブック, 音声など、あらゆるデータを収集、整理、管理するためのデジタルメモアプリです。

 たとえば。仕事であれば、会談の議事録を記録したり。アイデアのメモを書き留めたり、企画書の資料をまとめたり、プライベートでは、買い物リストを作ったり、旅行先の情報をメモしたり、週末に行うべき作業の一覧(ToDoリスト)を作成したりなど、さまざまに使うことができます。OneNoteをどのように使うかはユーザーの自由です。

 OneNoteでは、情報を整理することも簡単に行えます。たとえば、議事録内で、会議で決まった確認事項に「要確認」、実行しなければならない作業に「タスク」、といったように「シール」を付けて情報を分類し、どんな情報なのかひと目でわかるように管理することができます。

 せっかく情報を集めても、その情報を見つけられないと意味がありません。OneNoteでは、情報がどこにあるかわからなくても、ノート内の情報を簡単に検索することができます。

 OneNote は、Mac版だけでなく、iOS版、Android版、Windows版が用意されています、また、Webブラウザ(OneNote Online)でも利用できるので、いつでもどこでもどんなデバイスでもメモを取ったり、内容を確認することができます。データはグラウト(OneDrive/OneDrive for Business)上に保存されるので、MacとiPhoneなど複数のデバイスで利用したり、同僚や友人などと共有することもできます。

OneNoteについて
*MacやWindows、iPhone/iPad、AndroidでもWebブラウザ版を利用できます。

1.Office 2016 Mac-ノートを作成するには

ノートを作成する
1.[ファイル]メニューの[新しいノートブック]をクリックする。
●ギャラリーの[新規作成]が表示される。
2.ノートの色を選択する。
3.【場所】でノートの保存場所を選択する。
4.[名前]にノートの名前を入力する。
5.[作成]をクリックする。
 ●新しいノートが作成される。
ノートを作成する

2.Offfice 2016 Mac-セクションを追加/削除するには

セクションを追加する
1.[新しいセクションが作mされます]タブをクリックする。
●セクションが追mされる。
2.セクションの名前を入力する。
セクションを追加する
セクションを削除する
1.Ctrlを押しながら、削除したいセクションのタブをクリックする。
●コンテキストメニューが表示される。
2.[削除]をクリックする。
●確昭のダイアログが表示される。
3.[はい]をクリックする。
●削除したセクションが削除済みノートに移動する。
セクションを削除する

11.Office 2016 for Mac-連絡先を活用するには

連絡先にメール/会議出席依頼を送信する
1.連絡先をポイントする。
2.メールを送信する場合は、メールアイコンをクリックする。
●連絡先が宛先に指定された状態で、メールの作成ウィンドウが表示される。
3.会議出席依頼を送信する場合は、会議アイコンをクリックする。
●連絡先が宛先に指定された状態で、会議の作成ウィンドウが表示される。
連絡先にメール/会議出席依頼を送信する
住所の地図を表示する/Webサイトにアクセスする
1.連絡先をクリックする。
2.住所の地図を表示するには、【ホーム】タブの[地図]をクリックするか、郵便番号の右側の地図アイコンをクリックして[Bingで開く〕をクリックする。
●Webブラウザが起動して。その住所の地図が表示される。
3.Webサイトにアクセスするには、URLの右側のリンクアイコンをクリックする。
●Webブラウザが起勣して、Webサイトが表示される。
住所の地図を表示する/Webサイトにアクセスする

12.Office 2016 for Mac-作業環境を設定するには

Outlook全般に関する環境設定を行う
1.[Outlook]メニューの[環境設定]をクリックする。
●〔環境設定〕ダイアログが表示される。
2.アカウントやフォルダーの表示を変更するには、[全般]をクリックする。
3.アカウントの設定を変更するには、【アカウント】をクリックする。
4.メッセージ受信の通知やサウンド、アラームの設定を変更するには、[通知とサウンド]をクリックする。
5.分類の設定を変更するには、【分類】をクリックする。
6.メッセージやアイテムのフォントの設定を変更するには、[フォント]をクリックする。
7.オートコレクトの設定を変更するには、[オートコレクト]をクリックする。
8.メッセージの表示の設定を変更するには、[表示]をクリックする。
9.メッセージの作成の設定を変更するには、[作成]をクリックする。
10.署名の設定を変更するには、【署名】をクリックする。
11.ルールの設定を変更するには、[ルール]をクリックする。
12.迷惑メールの設定を変更するには、[迷惑メール]をクリックする。
13。予定表の設定を変更するには、[予定表]をクリックする。
14.連絡先の設定を変更するには、【連絡先】をクリックする。
15.セキュリティとプライバシーの設定を変更するには、[セキュリティとプライバシー]をクリックする。
16.設定が終わった5.閉じるボタンをクリックする。
Outlook全般に関する環境設定を行う
Outlook全般に関する環境設定を行う
Outlook全般に関する環境設定を行う

13 .Office 2016 for Mac-Outlookのショートカットキー

Outlookの主なショートカットキー
Outlookの主なショートカットキー

9.Office 2016 for Mac-メールのオプションを設定するには

メールのオプションを設定する
1.[Outlook]メニューの【環境設定1をクリックする。
●[環境設定】ダイアログが表示される。
2.メッセージの表示に関する設定を行うには、[表示]をクリックする。
3.開封済みにする条件を設定する。
4.スレッド表示を設定する。
5.削除済みのIMAPメッセージの表示/非表示を設定する。
6.画像のダウンロードを行うかどうかを設定する。
7.メッセージの作成に関する設定を行うには、環境設定]ダイアログの[作成]をクリックする。
8.HTML形式の設定を行うには[HTML]タブ。テキスト形式の設定を行うには[テキスト]タブをクリックする。
9.返信/転送方法を設定する。
10.引用方法を設定する。
11.既定の形式やアカウントの設定を行う。
12.閉じるボタンをクリックする。
メールのオプションを設定する

10.Office 2016 for Mac-予定表のオプションを設定するには

予定表のオプションを設定する
1.【Outlook】メニューの【環境設定】をクリックする。
●【環境設定】ダイアログが表示される。
2.[予定表]をクリックする。
3.予定表のオプション(週の最初の曜日や稼働日、稼働時間、アラームの既定時間、天気など)を設定する。
4.閉じるボタンをクリックする。
予定表のオプションを設定する
天気の地点を設定ずる
1.[予定表]をクリックする。
2.天気の地点をクリックする。
3.【場所を選択】をクリックする。
4.地点を検索して選択する。
5.[OK]をクリックする。
●天気の地点が変更される。
天気の地点を設定ずる

7.Office 2016 for Mac-迷惑メールに対処するには

メッセージを迷惑メールに設定する/受信拒否する
1.迷惑メールに設定する/受信拒否するメッセージを選択する。
2.【ホーム】タブの[迷惑メール]をクリックする。
3.迷惑メールに設定するには、【迷惑メールにする】をクリックする。
●メッセージが[迷惑メール]フォルダーに移助する。
4.これ以降メッセージの差出人からの電子メールの受信を拒否するには、[番信拒否リスト]をクリックする。
●受信拒否リストに差出人のアドレスが追加される。
メッセージを迷惑メールに設定する/受信拒否する
誤って迷惑メールと判断されたメッセージを元の状態に戻す
1.【迷惑メール】フォルダーをクリックする。
2.誤って迷惑メールと判断されたメッセージを選択する。
3.[ホーム]タブの[迷惑メール]をクリックする。
4.[迷惑メールではないメール]をクリックする。
●メッセージが元のフォルダーに移勤する。
誤って迷惑メールと判断されたメッセージを元の状態に戻す
迷惑メールからの保護を設定ずる
1.[ホーム]タブの【迷惑メールlをクリックし.[迷惑メールの基本設定}をクリックする。
●[環境設定]ダイアログの[迷惑メール]が表示される。
2.[信頼できる差出人]タブをクリックする。
3.[十]をクリックする。
4.メールアドレスやドメインを入力する。
5.メールアドレスやドメインを削除する場合は、[-]をクリックする。
6.[受信拒否リスト]タプをクリックする。
7.[+]をクリックする。
8.メールアドレスやドメインを入力する。
9.メールアドレスやドメインを削除する場合は、【-】をクリックする。
10.閉じるボタンをクリックする。
迷惑メールからの保護を設定ずる

8.Office 2016 for Mac分類を利用するには

分類を設定する
1.分類を設定するアイテムを選択する。
2.[ホーム]タブの【分類】をクリックする。
3.分類を個別に設定/解除するには、分類をクリックする。複数設定することもできる。
4.すべての分類を解除するには、【すべてクリア】をクリックする。
分類を設定する
分類を追加/編集/削除する
1.[ホーム]タブの[分類]をクリックし、【分類の編集】をクリックする。
●[環境設定]ダイアログの【分類】が表示される。
2.分類を追加するには、[十]をクリックする。
3.分類を削除するには、分類を選択して[-]をクリックする。
4.色を変更するには、[色]列から色を選択する。
5.名前を変更するには、[名前]列をダブ ルクリックして、新しい名前を入力する。
6.閉じるボタンをクリックする。
分類を追加/編集/削除する

このページのトップヘ