Mac版Office 2011/Office 2016 9800¥、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、 Office 2016 for Macを購入·試用·比較, 最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクト キー

新型iPoneリリースレビュー

新型iPoneリリースレビュー

純然たる後継機だけでなく10周年記念モデルも登場

現地時間9月12日、米カリフォルニアにおいてアップルが新製岫発表会を開催しました。注目のiPoneも新型が発表されましたが、ネット上の噂どおり、10川年となる今年は「iPhone8/8plus」のあとに、まったく新しい「iPoneX(テン)」がひ登場。ワイヤレス充電に対応したこと以外は、ほぼ性能の向上である8/8Plusに対し、iPoneXには注目の技術が数多く投入されています。特に目を引くのが、ほぼ全面を使ったディスプレイです。本体がiPhone8よりひとまわり人きい程度なのに、ディスプレイのサイズは・iPhone8Plusよりも人きいことになります。また、これまで7Plusにのみ採用されていた、広角と望遠のふたつのレンズを搭載したカメラや光学ズームなども装備されています。圧倒的に進化したのはフロントカメラで、新しい「TrueDeptカメラシステム」により、颜認証システムやアニ文字などの新機能を実現しています。注目の・iPoneXですか、発売日は9月ド旬ではなくH月3。ここで前モデルからの進化点をまとめて紹介するので、じっくり悩みましょう。

iPhone8/8PIUSの大きな変更点は性能の向上とワイヤレス充電の対応に!

従来のラインナップの新型は7s/7s PlUSではなく、8/8Plusとなりました。前モデルと比べて大きな変更点は、ワイヤレス充電に対応したことです。しかし、中身の性能は前モデルよりもはるかにパワーアップしています。その代わり、サイズも微妙に大きくなり、微妙に重くなっています。

 iPhone8/8PIUSの大きな変更点は性能

今年の大本命は10周年記念モデルとなるまったく新しいiPhone X

iPhone X
新しいiPhone X

恒例の[One More Thing]のあとに登場した「iPhone X『テン』は、物理的なホームボタンが廃止され、ほば全面がディスプレイとなりました、画面はPlusよりも大きい5.8インチとなり、解像度も高い「SuperRetina HDディスプレイ」を採用しています革新的ではありますか、一部の操作が変わる点や、その価格から悩む人も多いでしょう。まずはiPhone Xの特徴をじっくり見てみましょう

One More Thing

これまでPlUSにのみ採用されていたデュアル12MPカメラを搭載

12MPカメラを搭載

これまで7 Plusにのみ採用されていた、広角と望遠の2枚レンズカメラかされていますしかも、8 Plusよりも明るいレンズが搭載されているので、暗い場所での撮影にも向いています。

搭載されているので

デュアル12MPカメラ

f/1.8 12MP広角レンズ f/2.4 12MP 望遠レンズ デュアル光学式手ぶれ補正光学ズーム 写真最大10倍 動画最大6倍のデジタルズーム

フロントのTrueDepth力メ ラシステムによりFace IDやアニ文字といった新機能が実現

Face ID

大きなディスプレイのー部が欠けているので、自然と目がいってしまうのかフロントカメラ部分です。iPhone Xに搭截されているのは新しい「TrueDepthカメラシステム」で、この小さなスペースに最新技術が詰め込まれています。これによりm認証システムの「Face ID」や、表情をトレースできる「アニ文字」などの新機能が実現されました 8/8Plusにはない自撮り機能も搭載しています。

自分の表情を反映できる12種類のアニ文字

自分の表情を反映できる12種類

見るたけて素早くロックを解除してくれるFaceID

解除してくれるFaceID

動画をアニメのように変換できるClips

動画をアニメのように変換できるClips

よりキレイに自揚りできるポートレートモード

よりキレイに自揚りできるポートレートモード

もちろん耐水・防沫・防塵性能も備えておりAirPowerのワイヤレス充電にも対応しています

iPhone 7/7 Plusから採用された防沫・耐水・防塵性能は、そのままの性能で引き継がれています。FeliCaチップも搭載されているので、おサイフケータイ機能もこれまで通り利用できます。背面はワイヤレス充電に対応していますが、純正の充電器の発売は2018年予定となっています。純正は高そうですが、Apple Wacth 3やAirPodsなど、最大で3台を同時に充電することができます。

 もちろん耐水・防沫・防塵性能

新型iPhoneの性能をiPhone 7/7Plusと比較

新型iPhoneの性能をiPhone 7/7Plusと比較

新型iPoneリリースレビュー

新型iPoneリリースレビュー

純然たる後継機だけでなく10周年記念モデルも登場

現地時間9月12日、米カリフォルニアにおいてアップルが新製岫発表会を開催しました。注目のiPoneも新型が発表されましたが、ネット上の噂どおり、10年となる今年は「iPhone8/8plus」のあとに、まったく新しい「iPoneX(テン)」がひ登場。ワイヤレス充電に対応したこと以外は、ほぼ性能の向上である8/8Plusに対し、iPoneXには注目の技術が数多く投入されています。特に目を引くのが、ほぼ全面を使ったディスプレイです。本体がiPhone8よりひとまわり人きい程度なのに、ディスプレイのサイズは・iPhone8Plusよりも人きいことになります。また、これまで7Plusにのみ採用されていた、広角と望遠のふたつのレンズを搭載したカメラや光学ズームなども装備されています。圧倒的に進化したのはフロントカメラで、新しい「TrueDeptカメラシステム」により、颜認証システムやアニ文字などの新機能を実現しています。注目の・iPoneXですか、発売日は9月ド旬ではなくH月3。ここで前モデルからの進化点をまとめて紹介するので、じっくり悩みましょう。

iPhone8/8PIUSの大きな変更点は性能の向上とワイヤレス充電の対応に!

従来のラインナップの新型は7s/7s PlUSではなく、8/8Plusとなりました。前モデルと比べて大きな変更点は、ワイヤレス充電に対応したことです。しかし、中身の性能は前モデルよりもはるかにパワーアップしています。その代わり、サイズも微妙に大きくなり、微妙に重くなっています。

 iPhone8/8PIUSの大きな変更点は性能

今年の大本命は10周年記念モデルとなるまったく新しいiPhone X

iPhone X
新しいiPhone X

恒例の[One More Thing]のあとに登場した「iPhone X『テン』は、物理的なホームボタンが廃止され、ほば全面がディスプレイとなりました、画面はPlusよりも大きい5.8インチとなり、解像度も高い「SuperRetina HDディスプレイ」を採用しています革新的ではありますか、一部の操作が変わる点や、その価格から悩む人も多いでしょう。まずはiPhone Xの特徴をじっくり見てみましょう

One More Thing

これまでPlUSにのみ採用されていたデュアル12MPカメラを搭載

12MPカメラを搭載

これまで7 Plusにのみ採用されていた、広角と望遠の2枚レンズカメラかされていますしかも、8 Plusよりも明るいレンズが搭載されているので、暗い場所での撮影にも向いています。

搭載されているので

デュアル12MPカメラ

f/1.8 12MP広角レンズ f/2.4 12MP 望遠レンズ デュアル光学式手ぶれ補正光学ズーム 写真最大10倍 動画最大6倍のデジタルズーム

フロントのTrueDepth力メ ラシステムによりFace IDやアニ文字といった新機能が実現

Face ID

大きなディスプレイのー部が欠けているので、自然と目がいってしまうのかフロントカメラ部分です。iPhone Xに搭截されているのは新しい「TrueDepthカメラシステム」で、この小さなスペースに最新技術が詰め込まれています。これによりm認証システムの「Face ID」や、表情をトレースできる「アニ文字」などの新機能が実現されました 8/8Plusにはない自撮り機能も搭載しています。

自分の表情を反映できる12種類のアニ文字

自分の表情を反映できる12種類

見るたけて素早くロックを解除してくれるFaceID

解除してくれるFaceID

動画をアニメのように変換できるClips

動画をアニメのように変換できるClips

よりキレイに自揚りできるポートレートモード

よりキレイに自揚りできるポートレートモード

もちろん耐水・防沫・防塵性能も備えておりAirPowerのワイヤレス充電にも対応しています

iPhone 7/7 Plusから採用された防沫・耐水・防塵性能は、そのままの性能で引き継がれています。FeliCaチップも搭載されているので、おサイフケータイ機能もこれまで通り利用できます。背面はワイヤレス充電に対応していますが、純正の充電器の発売は2018年予定となっています。純正は高そうですが、Apple Wacth 3やAirPodsなど、最大で3台を同時に充電することができます。

 もちろん耐水・防沫・防塵性能

新型iPhoneの性能をiPhone 7/7Plusと比較

新型iPhoneの性能をiPhone 7/7Plusと比較

接続方法で回線の安定や設置の自由度が変わる

パソコンやネット対応機器をインターネットに接続する場合、有線と無線の2種類がある。有線はケーブルが邪魔だが回線はより安定しており、無線は機器の置き場所の自由度は高いが回線が不安定になることがある。最近では無線専用の機器も多い。

有線接続でインターネットにアクセス

有線接続でインターネットにアクセス

Wi-Fi (無線LAN)接続でインターネットにアクセス

Wi-Fi (無線LAN)接続でインターネットにアクセス

Wi-Fi非対応の古いノートパソコンも無線LAN子機でWi-Fi対応機になる!

デスクトップでも無線でのネット接続を可能に

古いパソコンの場合、ノートでも無線LANが内蔵されていないことがある。しかし、無線LAN子機をパソコンのUSBボートに挿せば、無線LAN非対応のパソコンでも無線LANを利用することが可能だ。無線LAN子機を使えば。有線LAN接続が当たり前のデスクトップでも無線LANでネットに接続できるようになる。パソコンをWi-Fi対応にできる無線LAN子機

デスクトップでも無線でのネット接続を可能に

動作の軽さを求めるなら新しい標準アプリが

 パソコンのもっとも一般的な用途といえば、サイト閲覧やメールなどのインターネット関連だろう。たかがサイト閲覧やメールにそれほどのマシンパワーは不要だろうと思いがちだが、最近ではネット動画も高画質化が進んでいる。また、メールも複数のアカウントを同峙に竹理するようなユーザーも増えてきており、以前と同じ環境や設定では動作を収く感じてしまうような状況が起こり得る。低スペックのマシンでも現在のネット状況にスムーズに対応するには、なるべく負荷の少ないアブリを利用することが重要だ。OSを址新のウィンドウズ10にアップデートしているなら、サイト閲覧には新しく標準ブラウザーとなったエッジが軽快でオススメ。メーラーも動作の軽さを求めるなら標準アブリがいいだろう。

動作の軽さだけで選ぶならブラウザーは10標準のEdgeがベスト!

同じ標準ブラウザーのIEがもっとも重い結果に

開いているタブなど条件を揃えたうえで主要ブラウザーのマシン負荷を比較。Windows 10より標準搭載されたEdgeがもっとも軽く、同じく標準搭載ブラウザーのIEがもっとも重い結果となった。IEを利用していたユーザーは乗り換えがオススメ。

もっとも重いIEからもっとも軽いEdseへ乗り換えるべし!

もっとも重いIEからもっとも軽いEdseへ乗り換えるべし

IEからの「お気に入り」の移行は一瞬でできるカンタン操作!

ブラウザーを乗り換える場合に必ずやっておきたいのが、「お気に入り」の侈行だ。これを行っておけば、新しいブラウザーでもこれまでのブラウザーと同じお気に入りを利用できる。同じMircosoft製であるIEからEdgeへのお気に入りの移行方法はカンタン。お気に入りの設定でIEを選択し、「インポート」をクリックするだけだ。

 IEからの「お気に入り」の移行は一瞬でできるカンタン操作

そのほかにも便利な機能あり

EdgeはシンプルながらIEになかった艇がいくつも実装されている。開かなくてもほかのタプ内容がわかるプレビュー機能,つねに開いておきたいページを固定しておける機能など役立つものが多い。

そのほかにも便利な機能あり

お気に入りをほかのパソコンと同期

お気に入りやリーテインクリストは、同じアカウントでログインしているEdge同士で同期が可能。自宅のパソコンと会社のパソコンなどで、同じデータを共有して利用することができる。

お気に入りをほかのパソコンと同期

Edgeにもの足りなければ他機器との連携に優れたChromeを検討しよう!

スマホやタブレットのユーザーにはオススメ

機能的にシンプルなEdgeで満足できない場合は、次にメモリー負荷の軽いChromeを検討。ほかのOSの同アプリとさまざまなデータを共有できるので、スマホやタブレットのユーザーにはオススメだ。拡張機能の多さも魅力だが入れ過ぎると動作が重くなってしまうため、低スペックマシンの場合は注意。

ブックマーク以外にタブや履歴などもあらゆるデバイスと同期

ブックマーク以外にタブや履歴などもあらゆるデバイスと同期

Chromeにログインしてほかの機器と同期するデータを設定

Chromeにログインしてほかの機器と同期するデータを設定

たまると重くなるデータを削除してChromeの動作を軽快に

覧したページやダウンロードしたファイルの履歴、入力したパスワードやフォームなど、Webサイトの閲覧や利用を続けていくと少しずっさまざまなデータが蓄inされる。これらはChromeの動作が重くなる原因となってしまうことがあるので、スペックの低いマシンでは少しでも軽快にChromeを利用できるよう、このようなゴミデータを随時削除するように心がけるようにしよう。

たまると重くなるデータを削除してChromeの動作を軽快に

Cookieをブロックし作が重くなるのを去然に防ぐ

Cookieはログインが必要なWebサイトや最適な広告を表示するためなどに使われるデータだ。個々のデータは小さいが、たまるとかなりの量になって動作に影響を及ぼしてしまう柚lj除の方法は上記でも解説しているとおりだが、たまってから削除するのではなく、あらかじめCookie目体をブロックしてたまらない設定にしておくこともできる。特定のみCookieを許可することも可能だ。

Cookieをブロックしra作が重くなるのを去然に防ぐ

Chromeの起動時に読み込むものを減らして動作を軽快にする

 砿張機能やブックマークがChromeの起動速度に影響を及ぼすこともある.特に拡張機能はバックグラウンドで勣作するものの場合、起動後も動作に影響を与える.スペックの低いマシンではなるぺくインストールしないか、削除するようにしよう。広告やSNS連扨ボタンの読み込みなどに使われるJavascriptも、ページの読み込み速度に影響を与える。場合によっては無効化も考康しよう。

Chromeの起動時に読み込むものを減らして動作を軽快にする

同予算のリサイクル機とWindows 10機をベンチマークで比較

同予算のリサイクル機とWindows 10機をベンチマークで比較

古いパソコンの復元はコスパ的にはどうなの?

本特集の18ページ「Vistaマシン復活編」では、古いスペックのパソコンのスペックを底上げする方法を解説した。実際に検証を行い、成功したのだが、はたして新品を晴入するよりコスバはいいのかという疑問が残るそこで、復元したパソコンと新たに鴨入したパソコンで。ベンチマークを比べてみることにした。

パーツ交換でWindows 10スペックにアップ

パーツ交換でWindows 10スペックにアップ

ストレージやメモリーを確実にスペックアップ

まずはピスタがブリインストールされていた、デル社の2007年製のデスクトップパソコン「Inspiron 530Jをカスタマイズ.量化を同時に実現できる1TBのSSHDに、Blu-rayドライブ、.メモリーは初期状態の2GBにさらに2GBを追加して、4GBとしたさらに、サポートの終了するヒス夕のままにはしておけないため、

Windows 10のOSを購入した合計は3万3612円この金額を新品購入の基準にする、

意外と選択肢の多い3万円台の低価格ノート

ヒスタのカスタマイズにかかータだ3万3612円と同等の全額でパソコンを選ぶとなると、デスクトップ機はディスプレイの金額分高くなってしまう.そこで今回はノートパソコンを購入することを選択通販サイトや価格比較サイトを参考に、実用的なスペックで、かつ評価も高かった左の3機種まで絞り込んだ。どれもコスパは高い。

意外と選択肢の多い3万円台の低価格ノート

予算は3.5万円以下!検証に使用したのはこの2機種

メモリー4GB・SSHD搭載とスペックは近い

ノートパソコンは、カスタマイズしたビスタ機とスペックが近く、かつカスタマイズにかかった全額以下で購入することができたレノボ社のldeaPad300」をチョイスメモリーは4GB,ストレージにはSSHDを採用、DVDドライブ搭載はお得感満載、両機とも、OSは最新の状態までアッブク・レートしておいた、

ldeaPad300

 2種類のベンチマークテストの結果コスパが高いのはリサイクル機でした!

 2台の比較には、総合的なベンチマークを計測する「CrystalMark2004R7」と、併せてストレージのベンチマークを計測する「CrystalDiskMark」という、2本のアプリを使用した.結果は、CPUとグラフイック性能はヒスタ機が、メモリーとストレージはノートが勝っていた、総合的には僅差でビスタ機の勝利。10年前のパソコンでも、最低限スペックを底上げすれば十分に現役で使えることがわかった

2台の比較に

アニメーションや透過効果などは意外に大きな負荷がかかる

パソコンの動作を高速化、快適化する際は、ついついシステム面に目がいってしまいがちだが、実はデスクトップ表示でも大きな負荷がかかっている場合がある。特に新しいOSほどアニメーションや透過効果などのエフェクトが多用されているため、これらをオフにするだけでも高速化できる。パソコンの動作に影響を与えがちなデスクトップ要素

アニメーションや透過効果などは意外に大きな負荷がかかる

まずは視認性が高い壁紙や単色パターンに変更

 デスクトップには好みの画像を壁紙として配置できるが、入り組んだ画像や派手すぎる画像を壁紙に配置してしまうと視認性が低下し、作業効率にも影響してしまう。まったくの無地にする必要はないが。見やすい壁紙を配置することで視認性が高まり、ファイルやフォルダーを見失うこともなくなる。

まずは視認性が高い壁紙や単色パターンに変更

デスクトップの設定でパソコンを快適にできる

パソコンを使った操作の多くは、デスクトップ上に衣示されるウィンドウを見ながら行うのがほとんど。普段はなかなか意識することはないが、このデスクトップの表示にもパソコンの動作に彫紳を及ぼすものがある。本来はフォルダーのアクションなどをより見やすくするために追加されている透過効米やアニメーションも、ローパワーのマシンの場介では逆に足かせになってしまうのだ。こうした視覚効米をなるべくオフにして、代わりに動作に影響がないカラーリングなどにこだわってカスタマイズすれば、スペックに不安があるパソコンでも視認性を鳥めつつ、おしゃれなデスクトップにすることができる。ここではそんなローパワーでも安心なデスクトッブカスタマイズの方法を紹介していこう。

動作環境に影響しない範囲内なら積極的にカスタマイズして作業効率をアップ

好みと見やすさの両立を目指そう

スタートメニューやフォルダータイトルのテーマカラーを変えるのも視認性を高める手段のひとつ、こうしたテーマカラーの変更だけならパソコンの動作には影響がないので、自分の好みと見やすさを考えて積極的にカスタマイズするのがオススメだ一印象も大きく変わるぞ。

カラーリングの変更などで視認性を高めよう

 カラーリングの変更などで視認性を高めよう
カラーリングの変更などで視認性を高めよう

重くなりがちなフォルダーの動作はフォルターオプションで上手に設定すべし

必要がないフォルダーの動作は極カオフにすることで、無駄な処理を軽減することができる

 Windows 10のフォルダー(エクスプローラー)はさまざまな操作を行えるようになっており、ファイルの管理などに役立てることができるようになっている.、しかし、なかには日常的にあまり使用しないような操作も多く、ローパワーのマシンではこれらが快適な動作を妨げてしまう場合もある、そこで、フォルダーオブションを見直し.必要のない機能はどんどんオフにしてしまおう、

無駄な処理を軽減することができる

アニメーションエフェクトの無効と背景の非表示でメモリー消費を大幅に抑える

壁紙表示にこだわりがなければこの方法が有効

ファイルの展開や格納などで使用されるアニメーションエフェクトは、最新のパソコンなら気にならないが、少し前のモデルになるとスペックが追いつかずに処理が重くなってしまう、ロースペックのマシンを使用しているなら、このアニメーシ=Jンエフェクトはオフにするのがオススメだ。また壁紙の貼り付けそのものをオフにすることもできる

壁紙表示にこだわりがなければこの方法が有効

動作が重くなる原因になりうるスタートメニューの透明効果をオフにする

ボンヤリ透けていた透明効果をなくせば見やすい

 スタートメニューをよく見てみると。デスクトップ上のアイコンやウィンドウがボンヤリ透けて見えるのがわかる。この透過表示も意外に負荷が大きいので、オフにしてしまうのがオススメだ。また、透明化をなくすことでメニュー全体が見やすくなる。パソコンのスペックに不安がない場合でもオススメだ。

ボンヤリ透けていた透明効果をなくせば見やすい

デスクトップに表示される文字がにじんでしまった場合は拡大率を修正すべし

知らぬ間に拡大率が変更されている場合も

それほど頻繁にあるわけではないが、Windowsの補助機能で拡大率を変更している場合は、デスクトップに表示される文字がにじんでしまうことがある。これを改善するには、カスタム拡大率を通常の100%に戻せばいい。この拡大率はグラフィックカードの影響などで勝手に変更されていることもあるので注意が必要だ。

知らぬ間に拡大率が変更されている場合も

無駄なエクスプローラーの展開を最小限に抑える『Clover 3』を使う

エクスプローラーにタブ機能を追加できる便利なアブ'丿

複数のエクスプローラーを同時に展開したいなら、この「Clover 3」がオススメだ。エクスプローラーにタブ機能を追加して自由に切り替えられるようになる。使い勝手のいいタブが追加される

エクスプローラーにタブ機能

ライブタイJレをオフにして無駄な通信と表示を抑える

ライブタイルは意外に処理を圧迫する

スタートメニ1-の右側にはさまざまなアプリがタイル表示されている。アブリによってはここで最新の情報を得られるが、パソコンの動作を快適t:したい場合にはこのライブ表示をオフにする。

ライブタイルは意外に処理を圧迫する

タスクバーのアプリを最小限にして小さく表示

デスクトップをできる限り広く便いたい

使用頻度か高いアブリはタスクパーに登録して.いつでも起動できるようにすると便利、タスクバーはデスクトップの下に常駐しているが、これを小さくすることで作業スペースが広がる、、

デスクトップをできる限り広く便いたい

仮想デスクトップでアプリを使い分けるとウィンドウの乱立を避けられる

アイコンをクリックするだけで簡単に便用できる

パソコンで作業を行う場合は、時として複数のアプリやウィンドウを同時に開く必要が出てくる。そんな場合は仮想デスクトップという機能を使用して、デスクトップそのものを使い分けるのが有効だ、たとえば片方では全画面表示でグラフィックアプリや表け算アブリを起動しておき、もう片方でフォルダーやメールなどを開いておくと作業がしやすくなる、仮想デスクトップは自由に使える。

アイコンをクリックするだけで簡単に便用できる

しっくりこないWindows 10のデスクトップをアプリで旧OS風にカスタマイズ

アブリを便えぱ旧OSそっくりのデスクトップにできる

Windows 10のスタートメニューやタスクバーがどうもしっくりこないという場合は、アブリを使って旧OSそっくりにカスタマイズすることができる。もちろん見た目だけでなく、スタートメニューの構成なども旧OSのものに変更することができるので、どうしても慣れないという場合にはオススメだ。

見た目も機能も旧OSに近づけられる 

見た目も機能も旧OSに近づけられる

旧OSに近いテーマと壁紙を登録する

デスクトップを旧OSのものに近づけるなら、まずは見た目を変更することから始めるのがいい。このアブリは、デスクトップのカラー配置設定である「テーマ」を変更して、旧OSのものに近づけることができるというものだ。また、壁紙配布サイトなどから以前のOSの壁紙を入手すれば、見た目だけでも簡単に旧OSのものにすることができる。お手軽なのでぜひ試してほしい。

旧OSに近いテーマと壁紙を登録する

スタートメニューを旧OS風のデザインに変更する

 スタートメニューの機能を以前のものに戻す場合は、この「Classin Shell」を使うのがオススメだ。アプリをインストールして起勣する際、使用するスタートメニューのスタイルを選択できる。このアプリそのものを終了すれば、Windows 10のスタートメニューにすぐ戻すことが可能だ。デスクトップカスタマイズでは定番のアプリ。

スタートメニューを旧OS風のデザインに変更する

このページのトップヘ