Mac版Office 2011/Office 2016 9800¥、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、 Office 2016 for Macを購入·試用·比較, 最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクト キー

7.Office for Mac 2016メモを入力するには

メモを入力する
1.メモの入力先をクリックする。
2.メモを入力する。
ノートコンテナーが追mされて、文字列が表示される。
3.メモの外部をクリックする。
メモを入力する

8.Office for Mac 2016ノートコンテナーを選択/移動するには

ノートコンテナーを選択する
1.移勣したいメモをポイントする,
 ●メモの周りにノートコンテナーが表示される.
2.ノートコンテナーの上部の枠をクリックする。
●ノートコンテナーが選択さする。
ノートコンテナーを選択する
ノートコンテナーを移動する
1.移動したいメモをポイントする。
●メモの周りにノートコンテナーが表示される。
2.ノートコンテナーの上部の枠を移勣先までドラッグする。
 ●ノートコンテナーが移動する。
ノートコンテナーを移動する

5.Office 2016 for Macノートを開く/閉じるには

ノートを開く
1.次のいずれかの操作を行う。
●[ファイル]メニューの[ノートブックを開く]をクリックする。
●クイックアクセスツールバーの[開く]をクリックする。
●ギャラリーの[開く]が表示される。
2.ノートを選択する。
[開く]をクリックする。
●ノートが開く。
ノートを開
最近使ったノートを開く
1.次のいずれかの操作を行う。
●[ファイル]メニューの[最近使ったファイルを開く]をクリックする。
●ギャラリーの[最近使ったファイル]が開く。
2.ノートを選択する。
3.[開く]をクリックする。
●ノートが開く。
最近使ったノートを開
ノートを閉じる
1.ノートブック一覧をクリックする。

2.閉じたいノートをポイントする。

3.右端に表示される右向き三角をクリックする。

4.[閉じる]をクリックする。

●ノートが閉じる

ノートが開く。

6.Office for Mac 2016セクション/ページの並び順を変更するには

セクションの並び順を変更する
1.移動したいセクションのタブを目的の位置までドラッグする。
セクションの場所が移動する。
セクションの並び順を変更する

3.Office for Mac 2016ページを追加/削除するには

ページを追加する
1.[ページの追加]をクリックする。
●新しいページが追加される。
2.ヘッダー領域で、ページの名前を入力する。
ページを追加する
ページを削除する
1.Ctrlを押しながら削除するページをクリックする。
●コンテキストメニューが表示される。
2.[削除]をクリックする。
●削除したページが削除済みノートに移勣する。
ページを削除する

4.Office for Mac 2016ノート/セクション/ページを切り替えるには

ノートを切り替える
1.ノートブック一覧をクリックする。
2.表示したいノートをクリックする。
 ●選択したノートが表示される。
ノートを切り替える
セクションを切り替える
1.表示したいセクションのタプをクリックする。
●選択したセクションが表示される。
セクションを切り替える
ページを切り替える
1.表示したいページタブをクリックする。
●選択したページが表示される。
ページを切り替える

1.Office 2016 for Mac正式発売
2.Office 2016 for Macアップグレード後の新機能
3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格
4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット
office mac 2016 display

1.Office 2016 for Mac正式発売

Mac版Officeの前バージョンのリリースは2010年のことで、当时iPad発売されたばかりで、こんなタブレットなんて、仕事用には全然向いてなくて失敗するに決まっていると多くの人々に考えられていました。現在のようにiPadにおいてOfficeを使うなんて想像もしていなかったです。iPadはこれまで6世代も更新されたが、Office for Macは相変わらずOS X Snow Leopard時代のインターフェイスのままで、Windows版のOfficeとかなり離れている上、最近のOSXにもあまり合っていないような気がします。
6年間も経ち、マイクロソフト社はやっとOffice for Mac 2016をリリースしました。Office 365のサブスクリプションを購入している場合、無料でダウンロード可能です。一方、昔よりOfficeの競争品もずいぶん増えており、比べてみれば、Office 2016 Macの新機能が満載だが、そのほとんどがOffice 2013の機能に近いです。
office 2016 mac

2. Office 2016 for Macアップグレード後の新機能

Office for Mac は上側のRibbon部を保留しているが、フラット化が進み、Office for iPadのバージョンにやや近いです。
これはマイクロソフト社が初めてMacに自社のクラウドサービスを導入することで、即ちOneDrive或いはSharePointに保存したファイルを開くこと可能です。
Office for mac 2016は現在Retinaに完全対応しています。
定番のグレー以外、カラフルなウィンドウの選択肢も充実しており、これで簡単にWordウィンドウ(ブルー)、Excel(グリーン)、PowerPoint(オレンジレッド)などが見分けられます。
その他機能はOffice 2013に近いです。多人数共同作業及びチャット式表記などが挙げられます。
PowerPointのプロジェクターモードはiPadやWindows版と同じだが、プロジェクターへ切り替わる動画が更新されました。
現在のバージョンではOutlookから時間をピックアップしてスケジュールに記入することができるようになりました。
OneNoteがOffice for Macに加わり、正式にOffice for Macの構成部分となり、アップルのNotesに比べ、OneNoteには音声レコード機能が付いています。
Mac版Office 2016 は139カ国で16の言語バージョンをリリースします。
office mac 2016

3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格

商品名 Office 365 Solo Office 2016 Home & Student for Mac Office 2016 Home & Business for Mac Office 2016 mac Academic
Excel、Word、PowerPoint、Notnote
Outlook
価格(1年) 12,107円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(2年) 24,214円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(3年) 36,321円 24,419円 35,705円 16,800円
インストール台数 (Windows対応) Mac/Windows
2台
Mac 2台 Mac 2台 Mac 1台

4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット

今回、マイクロソフト社はOffice 2016 for Mac を64ビットバージョンにアップグレードしており、幸い32ビットから64ビットへの更新は大多数のユーザにとってシームレスな進化だと言えます。仕事中にマイクロソフトのオフィススイートを頻繁に使用する場合、今回のアップグレードをぜひ確認していただきたいと思います。ハードウェアでもソフトウェアでも、32ビットから64ビットに更新したことは画期的な意義があり、ソフトウェアの面から言えば、このような更新はメリットが多く、影響力も高いです。64ビットOffice for Macのユーザレビューが非常に多く、好評と悪評両方ともあり、これはソフトウェアの使用目的次第です。悪評は互換性に集中しているようです。大部分のユーザは無事更新できたが、Office for Macはサードパーティのプラグイン、マクロ命令、スクリプトとモジュールからなる巨大なシステムに置かれているため、その多くは開発者が64ビットのoffice for Macへの対応を整えてから、初めて使用できます。




学生教育が重視される今頃、マイクロソフト社はOffice 365ユーザに新しいOffice 2016 Mac Academicを提供しています。この新しいOffice for Macは各年齢層の学生を対象に、いつでも、どこでも、だれとでも、スムーズに宿題を完成できるようにサポートしてくれます。
PC版或いはiPad版のOfficeに慣れていれば、新しいOffice 2016 MacのWord、Excel、Powerpoint、OutlookとOnenoteから馴染みで親近感のある使用体験が得られます。
検査と協力を進めるため、必要に応じていつでもクラウドに保存されているファイルにアクセスし、そして友達や先生と宿題をシェアすることができます。
新版Office for MacのUIはMacのデザイン概念に従って細やかに設計され、十分にMacの最新機能を活用しています。それはRetinaディスプレイ、フルスクリーン表示及びマルチタッチ・ジェスチャなどの機能を含みます。

1.学生向けの十大機能

  • 1.1.Officeファイルをクラウドに保存すれば、PC、iPhone、iPad或いはAndroid設備に「最近使ったファイル」リストが表示され、これで前の作業を速やかに再開することが可能になります。更によく使うファイルをマークするという機能で、「マーク・ファイル」リストにまとめることが可能です。
  • 1.2.クラスメートと一緒に宿題を完成するには、ソフトウェアを閉じなくても、いくつか簡単なステップで、他人とファイルを共有し、また閲覧或いは編集する権限を他人に与えることができます。
  • 1.3.他人と協力してWordファイル、Powerpointファイル、或いはOneNoteのノートを作成する場合、数人で同時に1つのファイルを編集し、また他人のコメントに返事したり、関連テキストのそばでチャットしたりすることができます。
  • 1.4.OneNoteの録音機能で授業の内容を記録できる上、録音中に入力した全てのノートが録音と同調します。そして、ノートの復習をする時に、入力したノートに対応する録音部分にジャップできます。
  • 1.5.PowerPointの発表者ビューはPPTの指揮センターのような役割を果たし、発表者はMacから現在のPPTスライト、次のスライド、発表者付注及びタイマーを確認可能で、一方傍聴者はビッグスクリーンからPPTファイルの本文しか見られません。
  • 1.6.Outlookの並列カレンダーにより、1つの画面から複数のカレンダーを確認することができます。
  • 1.7.スマート検索によりWordにインターネットからの関連情報が表示され、例えば論文の答弁に関するファイルを作成する場合、役立つ情報がテキストのそばに表示されます。
  • 1.8.数学愛好者への朗報です:wordExcelPowerPointに11種類の数式を挿入し、またこれらの数式のユーザ定義を行い、更に常用の数式を数式ベースに保存することが可能になりました。
  • 1.9.新しいスライド切換、高解像度動画及び流暢な影像再生機能により、高水準なPPT
  • が出来上がります。
  • 1.10.報告書やPPTを楽できれいに仕上げるには?新しいデザインタグをクリックすれば、ファイル全体にデザイナーレベルのレイアウト、配色とフォントを応用できます。
Office 2016 for MacはPC、iPhone、iPad、Android上のその他バージョンOffice、及びブラウザ依存のOffice Onlineにうまく対応しています。即ち、クラスメートや先生と最大限に協力できることです。
Image_OfficeforMac_MadeforDoing_574x406

2.学生向けの高機能性ツールは続々とリリース

新しいOffice Universal Apps for Windows10はWindowsのアプリストアからリリースされます。それはタッチ操作とモバイル端末を対象に開発されたWord、Excel、PowerPointとOneNoteを含み、教室でも家の中でも帰る途中でも、どこでも簡単に使用できます。これからの新しいOffice 2016は、アップグレードによりデスクトップからクラウドまでのファイル作成、開き、編集と保存機能を含み、いつでもどこでもどんな設備でもこれらファイルにアクセスすることが可能で、またリアルタイムの協力作成機能により、他人と同一プロジェクトを進め、リアルタイムで他人の進捗度及び作成中の内容を確認できます。更に、TellMeというWordPowerpoint及びExcelの新しい検索ツールは、ニーズを入力するのみで、関連の機能と指令を提示してくれます。
large-560c2c015b1d1

3.疑いなく、全ての新バージョンは大いに進化しています

最新版のOffice for Macは安定性に優れるが、処理流暢性にはまだ大きな問題があります。それでも、Office for Macは毎回の主要アップグレード後、安定性と流暢性が向上し、またOffice 2016 for Macのアップグレードが非常に多いため、今後のOffice 2016 for Macの安定性と流暢性に対して大いに期待できます。
マルチ・プラットフォームのソフトウェアは、同じように見えるが、違います。Office 2016 for MacはOfficeの遺伝子を保つ一方、十分にMacの特性を尊重しています。例えばOffice 2016 for Macユーザは長い間、ショートカットキーがWin Officeと一致するようにと強く期待していました。これからユーザはWin OfficeのようにCTRL+Bでフォントを太くしても良いし、MacならではのCMD+Bで同じ操作を実現しても良いです。マルチ・プラットフォームとは、一致性を保ち、相違点を尊重することで、柔軟性の欠ける移植ではありません。

このページのトップヘ