Mac版Office 2011/Office 2016 9800¥、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、 Office 2016 for Macを購入·試用·比較, 最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクト キー

Office 365 soloとbusinessの相異点とパッケージ版の価格比較


office 365 solo

2015年9月下旬にwindows版とMac版のoffice2016は同時に発売された。

Mac版は半年前にプレビュー版が発表され、筆者はこれまで使ってきました。macのインターフェイスとwindowsのインターフェイスは全く同 じで、初めてMACに触れる方でも簡単に使えます。パッケージ版(POSA/ダウンロード版)とoffice365購読版は既に正式発売され、それで複数 のオプションを前にして、自分に合ったバージョンをいかに選択すれば良いのでしょうか。

office 365 soloは個人と家庭用に向く一方、企業用の場合、office 365 businessのほうが向きます。word、excel、powerpointなど常用アプリケーションさえあれば、十分に仕事できます。しかし office 365のバージョンが多く、バージョン間の相異点もあり、officeを購入する場合、どのバージョンが最も経済的なのでしょうか。それでは、バージョン の相異点を説明します。

個人的に、office 365 Businessを購入します

office 365

Office 365 soloとoffice 365 businessはそれぞれ個人と企業向きで、機能において相異点があるが、企業でも個人でも購入可能です。本文では機能上の相異点を紹介します。

機能 Office 365 solo Office 365 Business
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
OneNote
Access ×
OneDirve 1TBまで 1TBまで
Skype無料通話 60分間の無料通話 ×
インストール可能台数 2台 5台
費用 月間契約:1,274円(月)
年間契約:12,744円(年)
月間契約:1,166円(月)
年間契約:11,664円(年)

Office 365 soloとoffice 365 businessの2つのバージョンの比較を通じ、以下の結論を出しました。最新版のofficeはWindowsとMAC環境において使い方が同じだ が、solo版はaccess 2016が利用可能で、business版はaccess 2016を含みません。

Onedirveの使い方が同じように見えるが、実はOneDirveとOneDirve for businessのサーバ機能に関して相異点があります。

Micorosoftの公式説明により、この機能が今後統一化されるそうです。しかし、現在無料版onedirveを使っている方は、onedirve for businessの利用ができない点は注意してください。

Skypeの通話機能はよく電話をかける方に役立つが、Skypeで通話する場合、費用が発生するため、あまり電話かけない方には、さほど必要ではないです。

新版office最大の相異点はそれぞれ2台又は5台(pc又はMac)にインストール可能で、3台以上のpc又はmacを使う場合、office 365 businessを購入するほうは経済的です。

2014年から、microsoftはユーザに向けて購読版のoffice365をプッシュし、発売当初のoffice 2016はパッケージ版の販売のみが行われました(2016年以降、それぞれPOAS/ダウンロード版と呼ばれるようになりました)。

調査により、新版office購入数の一番多いバージョンは[office home & business 2016]だとわかりました。5年間使用する場合の費用を比較してみました。

年数 Office 365 solo Office 365 Business パッケージ版
1年目 12,744円 11,664円 37,584円
2年目 25,488円 23,328円 37,584円
3年目 38232円 34,992円 37,584円
4年目 50976円 46,656円 37,584円
5年目 63720円 58,320円 37,584円

パッケージ版は一括払いで永続利用可能なので、購入時の費用がやや高いが、それから一切費用が発生しません。office 365は購読版で、使い続ければ、月々microsoft社に月額を支払う必要があります。soloとBusinessは1年間の時間差があるため、  それぞれの費用も異なり、メリットとデメリットとしての費用も違います。比べてみたら、【office home & business 2016】は4年以上使い続けなければ、経済的とは言えません。しかもこの4年間にわたり、officeの必要性はともかく、4年以内にofficeの次 のバージョンも発売されるため、アップグレードすれば、パッケージ版は新版officeの特権を利用できなくなります。

Officeアプリケーションをアップグレードする必要があるのでしょうか?

pcユーザは誰でもofficeを使っており、欠かせないプラットフォームとして、特に商業用途の場合、簡単にアップグレードするわけがありませ ん。windowsにおいて古いバージョンのofficeは相変わらず安定に作動できますから。Macの場合、話は別です。これまでの数年に、OS Xは毎年アプリケーションをアップグレードし、4年間使えば、OSが少なくとも3回程度アップグレードされたはずです。pcの場合、機能的アップグレード が続くとは言えないが、officeはmicrosoft社に開発され、windowsにおけるofficeの機能がMacのofficeを上回ります。

それで、windows環境において、officeを長期使用する場合、パッケージ版を購入するほうが経済的で、mac版に比べ、やや費用が高いの です。Mac環境においてoffice 365 businessのほうが経済的です。例えば、Mac版を使用する場合、Accessがいらなければ、office 365 businessを購入したほうが良いです。Accessを使う場合、office 365 soloを購入すればよいです。これで毎年10,800円の料金となり、officeの次のバージョン発売時、無料で最新版officeが利用可能です。 mac版のoffice 2016とwindows版のUIが統一化されたため、使用においてさほど差がなく、簡単に使えます。

以上、使用においてofficeに関する個人的な考えです。実際の購入にあたって、ご参考までに。

office 2013のダウンロードとインストール方法

    数年前のxpの時代では、常用するオフィススイートは2003でした。
    2014年xpの引退につれ、新システムにおいて、officeもoffice 2013にアップグレードされました。
office 2013のダウンロード


今では、多くの家庭はpcを必要とし、自ら組み立てたり、メーカー品を購入したりしています。/、
   nこのようなpcには、プレインストールのofficeなどの必須アプリケーションがなく、別途officeを購入しインストールしなければなりません。
当初のoffice 2013パッケージ版は、今では家庭版と企業版に分けられ、現在販売中のoffice 2013はパッケージ版がなく、オンライン注文、ダウンロード、メールでアクティベーションコードを受信することになっています。
(office 2013から、microsoft社は単独アカウントの複数用途を導入しました。アカウントでmicrosoft社のアプリケーション商品とバンドリングすれば、そのままアカウントにログインし商品をアクティブ化できます)
Office 2013各バージョンの価格
パッケージ版office 2013を購入する場合、DVDの代わりに、簡単なハンドブックとプロダクトキーの入っているカードしかありません。
公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があり、詳しいダウンロード方法に関して、ハンドブックのURLにアクセスし、プロダクトキーのカードに記載してある25文字のプロダクトキーを入力したら、それぞれ商品のダウンロードページにジャンプし、そしてmicrosoftアカウントにログインし、office 2013をアカウントとバンドリングします。
アカウントがなければ、このページから登録してください。このアカウントはmicrosoftその他商品にも使えるため、紛失のないように、アカウントとパスワードをよく保存してください。アカウントにログインしたらダウンロードとインストールに入ります。
通信速度が十分であれば、あまり時間かからずにダウンロードとインストールが完了し、ガイド画面を閉じれば、office 2013が使えるようになります。
office 2013は、word、excel、powerpointのパターンを多くプレインストールしており、word、excel、powerpointの初心者には、かなり使いやすいです。

office 2013は合計4つバージョンがあります:

  1. Professional・・・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
  2. Home & Business・・・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
  3. Personal・・・Word、Excel、Outlook
  4. Professional Academinc・・・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access

office 2013

  • それぞれバージョンは含むアプリケーションが異なり、当然価格も違います。
  • 異なるofficeバージョンを比べてみたら、一番常用のofficeアプリケーションがword、excel、powerpointに集中し、
  • その他アプリケーションを使う場面が少ないため、Personal版のofficeを購入する方が多いようです。
Office 2013正式版はwindows7以上の環境にて作動可能です。
Office 2013 購入

Microsoft office 2013 製品のポジショニング

Microsoft office2013は機能が完備する、使いやすいオフィススイートです。SkyDriveでファイルをオンライン保存できるため、Internet接続 したWindows7或いはwindows8端末においてファイルへのアクセス、編集とシェアができます。
Microsoft office 2013

Microsoft office 2013は2013年2月27日に正式発売され、3つのバージョン、office personal 2013、office Home & Business 2013、office professional 2013に分けられ、その区別は各バージョンの価格と含むアプリにあります。windows7に比べ、office 2013はwindows8に向き、古い世代のCPUでもスムーズに作動できます。office 2013はoffice 2010或いはそれ以前のバージョンにも対応します。マイクロソフト社はoffice 2003へのサポートが2014年4月8日に終了したため、office 2003ユーザがoffice 2013にアップグレードするようにおすすめします。


office 2013関連情報

2014年にマイクロソフト社はoffice 2013 service pack1を発表し、office 2013向けの更新プログラムを含みます。office 2013のセキュリティ、性能と安定性、及びwindows 8とinternet explorer 11の通用性を向上させました。マイクロソフト社のマーケティング担当者は、次バージョンofficeが2015年後半期に発表され、onenote 2013におけるいくつかの機能制限を解除し、全てのプラットフォームにて無料で使用可能だと公布した。


office2013 buy


Office 2013 OEM(DSP)(DSP:Delivery Service Partner)当該バージョンのoffice 2013は店舗価格より安いです。一般的に、PCメーカがPCにプレインストールし、或いは付属品として販売し、一部のハードウェア設備と共同販売するこ ともあります。それで、OEMバージョンはoffice 2013ベーシックバージョンより安いです。Office 2013 OEMのパッケージ版はラベル付きのボックスで、DVDのインストールプログラムが入っており、隣にoffice 2013の25文字のプロダクトキーが表示され、ラベルにはoffice 2013の説明があります。office 2013インストール完了後、office 2013のアクティブ化ウィンドウが表示されます。そしてプロダクトキーを入力すれば、商品のアクティブ化が終わりです。

Office 2013 Home and studentの価格は遥かに安く、当該バージョンはword 2013、excel 2013、powerpoint 2013、onenote 2013を含みます。これは日本のマイクロソフト公式サイトでは販売されておらず、海外からの輸入品です。ただし、言語を日本語に設定してインストールす ることができます。
windows8.1

office 2013を購入する前に、商品の詳細をよく確認してください。特に一般法人向けでプロダクトキーを大量授権する小売店の場合、その小売授権はほとんどダウ ンロードの形です。購入後、購入者にoffice 2013プロダクトキーを送信し、ダウンロード、インストールとアクティブ化したら、利用可能です。

office 2013はユーザに斬新なoffice体験を届ける、信頼性の高いオフィススイートです。Windows8端末においてもofficeの体験が可能です。 タッチパネル、スタイラスペン或いはキーボードで仕事を最適化し、小型企業にとって事務効率化の強力なパートナーです。

Office 2013 購入

  1. Office 2010 概要
  2. Office 2010 各エディションの概要
  3. 新品Office 2013,2016は発売されているが、Office 2010を選択する理由は?
  4. Office 2010パッケージエディションではなく、ダウンロード版を選択する理由
  5. Office 2010 ダウンロード版、パッケージエディションと各大手オンライン店舗、実体店舗の価格比較
  6. Office 2010 ダウンロード版(認証) 激安価格:5,800

Office 2010 概要
Microsoft Office2010はマイクロソフト社が開発した新世代のオフィスソフトウェアです。開発コードがOffice14だが、実際は第12の公開エディショ ンです。当該ソフトウェアは合計6つのエディションがあり、それぞれPersonal、Academic(アカデミッ)、Home and Business、Office Standard 、Office Professional 、Office Professional Plusです。それ以外Office 2010の無料エディションも公開されており、WordとExcelが含まれます。完全エディション以外、マイクロソフト社はOffice 2007のアップグレードエディションであるOffice 2010を公開する予定です。Office 2010は32ビットと64ビットのVista及びWindows7に対応し、32ビットのWindowsXPにのみ対応し、64ビットのXPに対応しま せん。

Microsoft Office Pro Plusは下記製品を含みます:

  • Microsoft Word 2010
  • Microsoft Excel 2010
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft PowerPoint 2010
  • Microsoft OneNote 2010
  • Microsoft Access 2010
  • Microsoft SharePoint Workspace 2010
  • Microsoft InfoPath 2010
  • Microsoft Publisher 2010
  • Microsoft Office Web Apps
  • Microsoft Communicator
  • Microsoft Visio 2010
  • Microsoft project 2010

Office2010が下記のハードウェア規格を必要とします:


office 2010 ハードウェア規格

  • CPUとメモリOffice 2010のCPUとメモリ規格がOffice 2007と同じです:500MHzプロセッサー、256MB RAM。マイクロソフト社により、新しいエディションを使 用するために新しいハードウェアを購入しなければならないことが面倒くさいんだと数多くのユーザからフィードバックを受けているそうです。ユーザのニーズ を満たすように、Office 2010の重要な狙いは、Office 2007以上のハードウェア規格を避けることです。Office 2010がOffice 2007より大いに進化したにもかかわらず、その(Office2010)CPUとメモリ規格が相変わらずOffice 2007並みだとマイクロソフト社は説明しています。
  • ディスク容量Office 2007に比べ、マイクロソフト社がOffice 2010のCPUとメモリ規格を変更していないが、大多数のOfficeソフトウェアが増量したため、Office 2010のディスク容量が増加したそうです。大多数の標準アプリケーションのディスク容量が0.5GB増加したため、Office 2010全体のディスク容量が1.0か1.5GB増加しました。
  • OSOffice 2010のOSの通用性に関して、マイクロソフト社は主に使用率とプロジェクト予算から着目しています。32ビットのOSは32ビットエディションの Office 2010にのみ対応し、64ビットのOSは32ビットと64ビットのOffice 2010に対応します。32ビットのOffice 2010に対応するOS:Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista SP1、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Windows Server 2003 R2(MSXML 6.0付き);64ビットのOffice 2010に対応するOS:Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista SP1、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Windows Server 2003 R2(MSXML 6.0)付き);

Office 2010 各エディションの概要

Microsoft Office 2010は2009年11月19日に公開ベータ版を発表し、これはマイクロソフト社の新世代オフィスソフトウェアで、開発コードがOffice14だが、実際は第12の公開エディションです。当該ソフトウェアは合計6つのエディションがあり、それぞれはAcademic(アカデミック)、Home and Business、Office Standard 、Office Professional 、Office Professional Plusです。

Office 2010 各エディションの概要:

Office 2010 各エディションの概要

Office 2010 各エディションの概要

エディション 対象者 構成アプリケーション 発売時公式価格
Academic(アカデミック) 学生・教職員 Word

Excel

PowerPoint

OneNote

28,381
Home and Business 家庭・小型企業 Word

Excel

Outlook

PowerPoint

Access

OneNote

34,800
Office Standard 企業、団体 Word

Excel

Outlook

PowerPoint

OneNote

46,400
Office Professional 中小企業 Word

Excel

Outlook

PowerPoint

OneNote

Access

Publisher

59,800
Office Professional Plus 中小企業 Word

Excel

Outlook

PowerPoint

OneNote

Access

SharePoint

Workspace

InfoPath

Publisher

Web Apps Communicator

62,900
Visio Professional 中小企業 Visio 95,800
Project Professional 中小企業 Project 42,000

  • Academic(アカデミック)

    Microsoft Office 2010 Academic(アカデミック) は有料サービスで、その公式価格が28,381元です。プロフェッショナルエディションと同じコンテンツを含み、Word | Excel | PowerPoint | Outlook | OneNote | Publisher | Accessなどのアプリケーションからなります。しかし、アカデミックエディションを購入するには、学生か教職員の身分証明書を提供すれば、特別価格で 購入できます。

  •  Office Home and Business

    Microsoft Office 2010 Home and Businessは小型企業と家庭用のオフィスソフトウェアセットです。追加ツールと機能により高効率の事務推進、顧客連絡と家政管理を実現し、その発売 公式価格が34,800元です。Office 2010 Home and Business による新しい写真、映像と文字効果を活用すれば、素晴らしい文書とプレゼンテーション資料が作れます。Outlook 2010 の新しい通信ツールで友人と連絡するのも簡単且つ整然になります。Office 2010家庭と商業エディションにより事務室とご自宅の両方で簡単に事務処理ができます。

  •   Office Standard

    Microsoft Office 2010 Standardは小型企業管理のスタンダードセットで、発売公式価格が34,800元です。追加ツールはWord|Excel|Outlook| PowerPoint |OneNote| Publisher |Web Appsを含みます。追加ツールと機能により、更に高効率な運営と事務管理を実現できます。

  •  Office Professional

    Microsoft Office 2010 Professionalは複数のソフトウェアとサポートパックです。それはWord | Excel | PowerPoint | Outlook | OneNote | Publisher | Accessなど複数のオフィスソフトを含み、中小企業を対象に、Internet 接続とInternet Explorer、Firefox 或いは Safari ブラウザに対応できます。Microsoft Office 2010 プロフェッショナルエディションの発売公式価格は34,800元です。

  •  Office Professional Plus

    Microsoft Office 2010 Professional Plusは機能が最も多いOffice 2010エディションです。ほぼOffice 2010のすべてのシリーズ製品を含み、発売公式価格が34,800元です。その製品と機能は下記のように示します:

    Microsoft Access 2010(データベース管理システム:データベースとプログラムを作成し、情報を追跡と管理します);

    Microsoft Excel 2010(データ処理プログラム:スプレッドシートにあるデータを計算、分析と可視化処理します)

    Microsoft InfoPath Designer 2010(動的フォームを作成し、組織全体から情報を集めて利用します)

    Microsoft InfoPath Filler 2010(動的フォームを記入し、組織全体から情報を集めて利用します);

    Microsoft OneNote 2010(メモアプリ:メモと情報をまとめ、整理、検索とシェアします);

    Microsoft Outlook 2010(電子メールのユーザエンド:電子メールを発信と受信します;スケジュール、連絡先とタスクを管理します。日程記録もできます);

    Microsoft PowerPoint 2010(PPT作成ソフトウェア:プレゼンテーション、会議とウェブページのPPTを作成と編集します);

    Microsoft Publisher 2010(出版物作成ソフトウェア:ニュース原稿とパンフレットなど高度品質の出版物とマーケティング資料を作成します);

    Microsoft SharePoint Workspace 2010;

    Microsoft Word 2010(ワードプロセッサ:高品質の文書、例えば手紙、論文、報告とパンフレットなどを作成と編集します)

更に、単独アプリケーションとしてOffice Visio 2010、Office Project 2010、Office SharePoint Designer 2010、Office、Communicator 2007、Office Lync 2010 Attendeeなどがあります.


Office Professional 2010(32/64Bit) ダウンロード版

インストール・デバイス数の上限

1台のPC(アクティブ化を含む)

システムの言語

日本語版

配達方法

ダウンロード版、購入したあとすぐ使えます、32ビット/64ビットが選択できます

お支払方法



新品Office 2013,2016は発売されているが、Office 2010を選択する理由は?

Officeエディションの選択にあたって、使用習慣、頻度と価格などの面から考えるとよいでしょう。ご自分に最もふさわしいエディションを選択すれば、仕事効率が大いに向上し、コスト削減に繋がります。

Office 2010は永続的使用エディションで、アクティブ化したら永続的に使用できます。Office 365はサブスクリプションバージョンで、毎年¥12,744元の料金を支払う必要があり、Office 2016の永続的使用料金が¥32,184-¥64,584元で(それぞれのエディションが若干異なりますから)、やや高いです。

Officeをあまり使用しないが、インストールする必要のあるユーザにとって大いに節約できます。Office 2010は既存製品で、新しい製品の価格より安いです。Office 2010にはSP2累積更新パック(Service Pack 2)があります。SP2はセキュリティ、機能と安定性を向上させます。更にOffice 2010とIE10、Windows 8、Windows Server 2012、Office 2013との通用性を強化しました。SP2はこれまでのすべての更新のまとめでもあります。脆弱性を修復し、新しいエディションより安定しており、データのセキュリティを確保できます。

更にOffice 2010のシステム通用性が高く、古いパソコンでもスムーズ且つ安全に仕事できます。

Office2016のシステム通用性がやや低く、ファイルを開けるのは遅くなります。読み込みアイテムが非常に多く、もたつきます。Office2016エディションのオフィスソフトウェアを使用するには、まずパソコンをより新しいエディションと配置にアップグレードする必要があります。それもかなり高い見込みです。それでOffice2010は賢明な選択肢です。

Office 2010パッケージエディションではなく、ダウンロード版を選択する理由

マイクロソフト社はパッケージ付きのDVDエディションの代わりにダウンロード版を普及させていきます。技術更新の速い時代において、パソコンの DVDドライブも少しずつ淘汰されていきます。一方、インターネットがますます増速し、新しいエディションのWindows 10,Office 2016は完全にDVDパッケージエディションを諦めました。現在、直営店でソフトウェア製品を購入する場合、DVDディスクではなく、ダウンロードアド レスとアクティブ化用のプロダクトキーが提供されます(POSAとダウンロード)。消費者が製品を購入したあと、ダウンロードアドレスにアクセスしてダウ ンロードし、それをパソコンにインストールし、そしてプロダクトキーを入力してアクティブ化すれば、使用できるようになります。

Office 2010にはDVDパッケージエディションもありますが、購入から届くQまで2−3日待つ必要があります。製品が届いたら、またDVDドライブ付きのパソコンでディスクを読み取らなけらばなりません。

一方、ダウンロード版であれば、最初から最後まで簡素化できます。製品を購入したあと、ダウンロードアドレスとプロダクトダウンロード版がもらえま す。Office 2010 のISOファイルは1.63Gで、既存のインターネット環境において10Mの帯域幅を例に、ただ18分でダウンロード完了できます。インストールとオンラ インでアクティブ化する時間を加えて30分以内かかります。今すぐOfficeソフトウェアを仕事に使用しようとするユーザにとって、ダウンロード版は最 も賢明な選択肢です。

そして、Office 2010は2010年に発売され、市販のDVDパッケージエディションも2010年に作られ、パッケージエディションを購入するのは、何もアップグレード していない古いエディションです。インストール後、気が遠くなるほどアップグレードして、SP2になります。一方、ダウンロード版はSP2を内蔵してお り、インストール後、最新のSP2エディションです。

永久保存する必要があれば、ダウンロードしたISOファイルをDVDに焼くことも可能です。

ダウンロード版をシェアと送信するのも簡単で、会社のコンピュータ管理人はそれを公共フォルダに入れることで、他人にシェアできます。

Office 2010 ダウンロード版、パッケージエディションと各大手オンライン店舗、実体店舗の価格比較

  • Office 2016の正式発売につれ、大勢のユーザはOffice 2010とOffice 2013か ら最新版のOfficeに目が行きます。古いエディションのOfficeは新しいエディションの発売に影響され価格が下落しつづけ、パソコン規格がより低 く、Officeシリーズソフトウェアをあまり使用しないで、新しいエディションのOfficeの機能をあまり必要としないが、インストールしなければな らないユーザにとって、Office 2010は依然として賢明な選択肢です。
  • 本サイトはOffice 2010 Pro Plusを例にあげ、各実体店舗を訪れる一方、オンラインで各プラットフォームの情報を集め、Office 2010の価格を整理してきました。最も便利で、安く、信頼性の高い購入チャンネル情報を届けます。
  • 2016年6月に、家電量販店と電気製品店を訪れてみたが、Office 2010が見つからず、ほぼすべての実体店舗で販売されているのは最新エディションのOffice 2016です。店長に問い合わせ、お店のERPシステムで検索し、1時間ぐらい待った結果、店員が倉庫からOffice 2010パッケージエディションを見つけてくれました。

office 2010


  • 最新エディションOffice発売以来、Office 2010の売上が下落し、店に最後の3件商品しか残っていないと店長が話しました。Office 2010 Home and Businessの販売価格が68000円です。

オンラインで、Office 2010販売中のお店を多数発見し、Amazonの価格は68300円


Office 2010販売 amzon


Yahooヤフオクの価格は21980円


Yahooヤフオクの価格は21980円


MsSoftMallの価格は5800円


 MsSoftMallの価格は5800円


価格表:

  Office 2010 ダウンロード版 Office 2010 パッケージ版

amazon

22,000

68,300

家電量販店

なし

68,000

Yahooヤフオク

なし

21,980

MsSoftMall

5,800

なし


Office 2010 ダウンロード版(認証) 激安価格:5,800Office 2010 ダウンロード版(認証) 激安価格:5,800

Office 2010は2010年05月に正式発売され、Access、Excel、InfoPath Designer、InfoPath Filler、OneNote、Outlook 、PowerPoint、Publisher、 SharePoint Workspace、Wordモジュールを含みます




Office Professional 2010(32/64Bit) ダウンロード版

インストール・デバイス数の上限

1台のPC(アクティブ化を含む)

システムの言語

日本語版

配達方法

ダウンロード版、購入したあとすぐ使えます、32ビット/64ビットが選択できます

お支払方法



Microsoft Office 2010 スイート(統合製品)には下記5つのバージョンがあります


Office Professional Plus 2010ダウンロード版


Office Personal 2010、Office Home and Business 2010、Office Professional 2010 Office Standard、Office Professional Plus 2010


Office Professional Plus 
2010ダウンロード版


今回オススメするのはOffice Professional Plus 2010です。Office 2010シリーズにおいて、Office Professional Plus 2010はフルファンクションのバージョンです。現在、Office Professional Plus 2010ダウンロード版(日本語版) の激安価格: ¥5,800(永続認証付き)  

どうしてOffice Professional Plus 2010を選択するのでしょうか。

  Office 2016公式版が発売されたとしても、Office 2010には安定感、低価格、永続使用可能など多くのメリットが挙げられます。 新しいバージョンのOfficeシリーズソフトウェアに比べ、Office 2010の作動安定感がより高いのです:
Office 2010 価格
Office 2010は2010年5月に発売され、現在まで5年間経ちました。これまでの5年間に渡り、マイクロソフト社はOffice 2010のメイン・アップデートを2回行いました。マイクロソフト社は2013年4月にOffice 2010 Service Pack2 Beta版を発表し、そして3ヶ月後、マイクロソフト社は遂にOffice 2010 SP2公式版を発売しました。同時発売されたのは、別バージョンのSP2及びSharePoint 2010 SP2があります。マイクロソフト社の説明により、Office 2010 Service Pack 2公式版は32ビットと64ビットのバージョンに分けられ、SP1発売以来の全てのアップデートを含み、安全性と通用性が向上したということです。更に、 Office 2010 SP2はIE10、Windows 10、Windows Server 2012とOffice 2013にも共通性を有します。

Office 2010はより低価格で、永久使用可能です。

Office 2010 価格


マイクロソフト社は2013年からOffice 365を対象に、新しい「サブスクリプション購入」モードを始め、消費者は利用時間(一般的に1年間)により購入できるようになりました。これは Officeスイートをよく使用しない消費者には朗報ではありません。サブスクリプション購入1年後、毎年サブスクリプション購入する必要があります。 一方Office 2010のライセンス認証方式は永久ライセンスで、すなわちOffice 2010を購入して認証を受け、一生(永続)使用することができます。Office 2016正式版の発表以来、古いバージョンのOffice 2010は新バージョンの発売に影響され、価格が下がり続け、mskakakuにOffice 2010ダウンロード版が5,800円という激安価格まで下がり、これも最近の最低価格に当たります。mskakakuのサイト運営者により、今回入荷し たOffice 2010ダウンロード版の在庫が多く、大勢の会社と団体から大量受注しているそうです。


すぐ購入、すぐダウンロード、すぐ利用可能

Office 2010ダウンロード版

このサイトはOffice 2010ダウンロード版を提供しており、ご購入後、Office 2010のインストールプログラムをメールで送信し、従来の包装版配送のステップを飛ばします。このサイトは国内20箇所に分布するCDNを提供してお り、最も速いノードの自動配分により、顧客側のダウンロード速度と安全性を確保いたします。メールにOffice 2010認証プロセスを提供し、インストール完了後、そのままオンラインでライセンス認証を完成していただけます。認証に成功した後、永続使用可能になり ます。テストにより、Office 2010ダウンロード版がダウンロードとインストールから認証まで、かかる時間が30分間以内ということです。

Office 2010無料トライアル(60日間)を提供いたします


Office 2010無料トライアル

注文完成後、支払いされなくとも、Office 2010トライアル版のダウンロードは可能になります。マイクソフト社は公式で60日のトライアルを提供し、トライアル期間中にOffice 2010 Professionalの全部機能を体験していただけます。トライアル期間終了後、5,800円の価格でOffice 2010 認証を購入し、ライセンス認証を行って永続使用可能になります。


Office Professional 2010(32/64Bit) ダウンロード版

インストール・デバイス数の上限

1台のPC(アクティブ化を含む)

システムの言語

日本語版

配達方法

ダウンロード版、購入したあとすぐ使えます、32ビット/64ビットが選択できます

お支払方法



続きを読む

Office Mac 2016 画像

Office Mac 2016 サイトに掲載の情報(抜粋)

microsoft office 2016 for mac

「Office 2016 for Mac」正式版リリース(まずはOffice 365ユーザー向けに)

Office 2016 for Macは、新バージョンのWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteで構成されている。
各アプリの新機能を幾つか紹介する。

·Word:「デザイン」タブの追加、共有文書のコメント機能
·Excel:最適なグラフの推薦機能、オートコンプリート機能、「PivotTable Slicers」機能
·PowerPoint:「Presenter View」の改善、「アニメーションペイン」の追加
·Outlook:プッシュ通知機能、スレッド表示機能、プレビューでの内容表示機能
·OneNote:OneNoteは初めてOfficeスイートに追加された。画像や手書きも認識する検索機能や共有機能を備える
詳細を見る: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/10/news060.html

office 2016 for mac

「Office 2016」がついにリリース【Office2016 for mac windows 10 Word Excel PowerPoint 発売日 価格 新機能 Office 365】

Windows 向けのデスクトップアプリ「Microsoft Office 2013」の後継である
「Office 2016」が2015年9月22日(火)にリリースされました。
今回は Mac 版の「Office 2011」の使い勝手を
Windows 版に近づけることを目的としたアップデートであるようで、
Mac 版の「Office for mac 2011」からの変更点は多くありますが、
Windows 版の「Office 2013」からの変更点はあまり多くはありません。
Office 2016 for Mac の最新版のアプリや機能のご紹介
Office 365 ユーザー待望の Office 2016 for Mac をご紹介
【Office 365 ユーザー向け】 Office 2016 for Mac 提供開始
詳細を見る: http://microsoftnews.hatenablog.jp/entry/office2016

Office 2016 for Mac

Office 2016 for Mac 提供開始。まずはOffice 365ユーザー向け、パッケージ版は9月公開

Office 2016 for Macは、Office for Mac 2011 (2010年リリース)からは実に約5年ぶりの新バージョンで、MacのRetinaディスプレイにも対応しました。
Office 2016 for Mac に含まれるアプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookの6種類です。
本日よりOffice 365の各エディションユーザーが Office 2016 for Macをダウンロードして使えるようになりました。なおパッケージ版のリリースは9月を予定しています。
詳細を見る: http://japanese.engadget.com/2015/07/10/office-2016-for-mac-office-365-9/

Office 2016 for Mac

Office 2016 for Mac をインストールしてみました!

Office 2016 for Mac が Office 365 で提供開始!と発表がありました。Windows 版の Office 2016 も出荷されていないのにです。Microsoft の Office サイトを確認したところ、Office 2016 for Mac はできる限り Windows 版と操作方法を合わせるようにしたといったことが書かれていました。これはさっそく使ってみたいと思い、デモ版を探したのですが見当たりません。どうしようかと考えていたところ、Office 365 の購入説明に 30 日間のお試し期間があるという表示があったので、手続きをしてみました。
Office 2016 for Mac をインストールするときに気になったのが、Office for Mac 2011 との共存でした。事前にプレビュー版( Office 2016 for Mac )では共存できているという記事も目にしていたので、思い切ってインストールしてみたのですが ・・・ 大丈夫でした。
詳細を見る:http://zuoblog.net/2015/09/09/offce2016mac/

Microsoft Office 2016 for Mac--Retinaを完全サポート

「Office for Mac 2016」、パブリックプレビュー版が公開--Retinaを完全サポート

Office for Mac 2016のプレビュー版は、MicrosoftのOffice.comのプレビューサイトからダウンロードできる。Office for Mac 2011とともに使用可能だ。
Office for Macにサインインすれば、自分が所有するすべてのOffice搭載端末からファイルにアクセスできるため、「Office for Android」で作成を開始したドキュメントに、Office for Mac 2016からアクセスし、「Office for iPad」で仕上げるといった作業を、常に最新版のドキュメントにアクセスしながら行える。
新しいMac向けWord 2016には、コメントをスレッド形式で表示する機能が追加されている。Excelでは、Office for Windowsと同じキーボードショートカットがサポートされている。Mac向けPowerPoint 2016では、「iOS」向けPowerPointで提供されているのと同じプレゼンタービューが追加されている。
詳細を見る:http://japan.cnet.com/news/service/35061382/

Office 2016 for Macプレビュー提供開始

マイクロソフト、Office 2016 for Macプレビュー提供開始。RetinaディスプレイやYosemite対応

マイクロソフトが Office 2016 for Macのプレビュー版をリリースしました。現行バージョンの Office for Mac 2011 (2010年リリース)からは実に約5年ぶりの次期バージョンにあたります。
今回公開されたOffice 2016 for Mac プレビュー版に含まれるアプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookの6種類。
昨年の10月と今年の1月に公開されたWindows 10 テクニカルプレビュー版と同様、Office 2016 for Mac プレビュー版も、プレビュー期間中のアップデートに対応します。通常はインストール後、60日間の利用が可能ですが、最新のアップデートに追随していけば、有効期間が都度延長されていきます。
詳細を見る:http://japanese.engadget.com/2015/03/11/office-2016-for-mac-retina-yosemite/

Office 2016 for Mac

「Office 2016 for Mac」、Office 365加入者を対象に先行リリース

Microsoftは8月、ボリュームライセンス顧客を対象に「Volume Licensing Center」においてOffice 2016 for Macのダウンロード提供を開始する予定である。Office 365加入者とボリュームライセンスユーザーには、Office 2016 for Macが「無償で」提供される。サブスクリプションの一環としてその価格を支払っているためである。
Microsoftは、Office 2016 for Macを定期的にアップデートし、少なくとも四半期ごとに新機能を追加する計画だと、同社関係者らは述べた。
詳細を見る:http://japan.cnet.com/news/service/35067187/

Word for Mac 2016

日本マイクロソフト、新しい Office for Mac「Office 2016 for Mac プレビュー版」を公開

新しい「Word for Mac 2016」には、編集、校閲、共有のための最新ツールが採用されています。新しい [デザイン] タブを使用すると、さまざまな機能にすばやくアクセスでき、新しい [オブジェクトの書式設定] タスクウィンドウでは、画像、図形、効果を思うがままにコントロールすることができます。
新しい「Excel for Mac 2016」には、Excel 2013 for Windows のさまざまな機能をおなじみのユーザー インターフェイスが提供されます。お気に入りのキーボード ショートカットを使うこともできるので、プラットフォームにかかわらず、より一貫した操作性を体験することができます。
新しい「PowerPoint for Mac 2016」には、新しいスライド切り替効果や、改善された [アニメーション] タスク ウィンドウが採用されています。また、スライドの横にコメントをスレッド形式で表示する機能や、バージョン間の相違を視覚的に比較して任意のバージョンを保持する機能などが搭載されています。
詳細を見る:http://www.macotakara.jp/blog/software/entry-26166.html

「Office 2016 for Mac」をリリース

Microsoft、「Office 2016 for Mac」をリリース

Office 2016 for Macはクラウドに接続しているため、OfficeのユーザーIDでサインインすると、Macやほかのデバイス上のファイルにアクセスでき、編集を中断したところから継続することができます。
またMacのRetinaディスプレイをサポート、テキストや画像が鮮明に表示できます。Onlineテンプレートが数千種類と充実しているのも新たな特徴です。
おなじみのマルチタッチジェスチャにより、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションのナビゲーションが直観的に行えるようになりました。
詳細を見る:http://iphone-mania.jp/news-77205/

「Office 2016 for Mac」のコンセプトを含めた製品説明レポート

日本マイクロソフト「Office 2016 for Mac」のコンセプトを含めた製品説明レポート

Office 2016 for Macは、10億人を超えるユーザーからのフィードバックによって鍛えられた最高のOffice エクスペリエンスをMacで利用出来るソフトウェアだと自信を持って提供しており、プラットフォームを問わない、統合されたユーザーインターフェースやショートカットを搭載しているそうです。
Office 2016 for Macの特徴として、どのプラットフォームでも利用可能な最高のOffice エクスペリエンスがMacでも利用でき、クラウドとの統合により、いつでもどんなデバイスからでもアクセスすることが可能になります。
9月末にOffice 2016 for Macのパッケージ版の販売が予定されていますが、これまで、Office 2011 for Macのアクティベーションコード入りの箱売りとダウンロード販売だったのが、iTunesカードのようなPOSAアクティベーション式販売と、ダウンロード販売に変わるそうです。
詳細を見る:http://www.macotakara.jp/blog/software/entry-27539.html

Office Mac 2011 画像

Office Mac 2011 サイトに掲載の情報(抜粋)

Office for Mac 2011

Office for Mac 2011はどれを購入すればいいのか?

Windowsに見切りをつけ、MacをメインにしてからWordとExcel以外での文書作成をいろいろと試したのですが、現時点では完全にWordとExcelを捨てられません(このあたりの経緯については下部の関連記事に書きました)。
そういうわけでMacでも仕方なくOffice for Mac 2011(マイクロソフトOfficeのMac版の最新)を使うことにしました。
ただ、一口にOffice for Mac 2011といってもにくつか種類があり、以下はどのOffice for Mac 2011を購入したらいいか検討した時のメモです。
現在ではOffice 365 SoloでOffice 2016を使っています。

詳細を見る: http://office-word-excel.com/office-for-mac-2011
Windows用OfficeとMac用Office

Windows用OfficeとMac用Office、何が同じでどこが違う?

そして現在に至るまで、Mac版Officeのサポートは続けられている。一時期、Windows版のみのリリースとなったバージョンはあるが、ここ15年を見るかぎりMac版がドロップしたことはなく、Windows版とMac版は交互にリリースされ、それぞれのバージョンで最新機能が追加された後、改めて別のプラットフォームに移植されるという形で進化してきた。たとえば配置ガイドという機能はOffice for Macで実装され、その後Windows版Officeに移行された。Excelの条件付き書式はWindows版から始まり、Office for Macに移植されている。

詳細を見る: http://ascii.jp/elem/000/000/835/835046/
MacにOffice2011を買ってみた!Office365とどっちがいい

MacにOffice2011を買ってみた!Office365とどっちがいい?

Microsoft Office2011 for Mac には2種類のエディションが存在します。「Home & Student」と「Home & Business」。Accessが元々存在しないMac版では違いはOutlookが入っているかどうか?だけになります。

私が購入したのは「Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック [パッケージ]」でしたが、今はOffice365という便利なサービスもあります。

詳細を見る: http://hitoxu.com/02481
Microsoft Office 2011 for Macのアンインストール

Microsoft Office 2011 for Macのアンインストール(アクティベーション解除)方法

「Microsoft Office for Mac 2011をご利用の場合は、古いパソコンからアンインストールし、新しいパソコンにインストールし直していただくことで、ご利用いただくパソコンを変更していただくことが可能です。」
「なお、弊社の「ライセンス認証システム」では、古いパソコン上でご登録されたライセンス情報の「取り消し」手続きをご用意しておりません。
そのため、新しいパソコンにインストール完了後、あらためてライセンス認証を行うことで「上書き登録」され、Office for Mac 2011 を利用いただけるようになります。」
「ライセンス認証は、インターネット経由、もしくはお電話にて行うことが可能ですが、過去のライセンス認証登録状況によっては、自動認証手続きが正常に完了できない場合がございます。

詳細を見る: https://67.org/uk/2013/06/microsoft-office-2011-for-mac-uninstall.html
Microsoft Office 2011 for Mac

マイクロソフト、「Office for Mac 2011」をアップデート!クラッシュ問題に対応

「Office 2016 for Mac」が「OS X 10.11 El Capitan」でクラッシュする不具合ばかりが注目を浴びていますが、どうやら「Office for Mac 2011」でも同様の問題が起きていたようです。
「Microsoft Office for Mac 2011 14.5.6 update」としてリリースしています。
今のところ、「Office 2016 for Mac」に関してはアップデートの配信がまだの様子ですが、この調子で行けば近日中に公開になるのではないでしょうか。
なお、「Microsoft Office for Mac 2011 14.5.6 update」のダウンロードを望まれる方は、マイクロソフトのサポートページからお願いします。

詳細を見る: http://iphone-mania.jp/news-88574/

このページのトップヘ