Office 2011/Office 2016 MACの価格情報·ダウンロード版製品を比較し

Office ダウンロード製品をご紹介します,Office Mac最新版購入する,アクティベーション(製品認証キー)方法,最新 バージョンの Word、Excel、PowerPoint、OneNote を入手

3.Office 2016 for Mac-フィルターを利用するには

フィルターを設定する
1.メールまたはタスクを開く。
2.メールの場合は、目的のフォルダーをクリックする。
3.[ホーム]タブの[<アイテム名>のフィルター処理]の▼をクリックする。
4.フィルターする項目をクリックする。
5.必要なだけ、フィルターの条件を指定する。
フィルターを設定する
フィルターを解除する
1.すべてのフィルターを解除するには、[<アイテム名>のフィルター処理]をクリックする。
2.個別にフィルターを解除するには、〔ホーム〕タブの[<アイテム名>のフィルター処理]の▼をクリックする。
3.解除したい項目(チェックマークが付いている)をクリックする。
フィルターを解除する

4.Office 2016 for Mac-署名を作成するには

署名を作成する
1.【Outlook】メニューの【環境設定】をクリックする。
●【環境設定】ウィンドウが表示される。
2.【署名】をクリックする。
3。【+】をクリックする,
●[署名]ボックスに自分の名前が挿入される。
4.[署名]ボックスで、署名を入力する。
5.署名の名前を設定するには、[署名名]ボックスで名前をダブルクリックして入力する。
署名を作成する
既定の署名を設定する
1.[アカウント]で、既定の署名を設定するアカウントを選択する。
2.新規メールに署名を自動挿入する場合は、[新しいメッセージ]から署名を遇択する。
3.返信/転送メールに署名を自動挿入する場合は、【返信/転送】から署名を選択する。
既定の署名を設定する
署名を編集/削除する
1.[署名名]ボックスで、編集/削除する署名を選択する。
2.署名を編集する場合は、[署名]ボックスで署名を編集する。
3.署名を削除する場合は.[-】をクリックする。
●確認のダイアログが表示されるので、[削除]をクリックする。
491
新しいMicrosoft Office 2016 for Mac
こちらはOffice Mac購入方法も提供しています,Office 2016 for MacのPOSA 版のアプリや機能のご紹介,こちらはOffice 2016 Mac ダウンロード版を提供しており、低価格限定9,800円で、正規品の保証付きです。

Officeは生産力ツールとして仕事に欠かせず、WindowsにもMacにも同じです。しかしマイクロソフト社はMacをあまり重視しないため、Appleユーザは久々にOffice Macを更新していないのです。
Mac OSにおいて、Officeファイルを開いたり編集したりできるアプリが続出しているが、通用性と編集可能性に関してPC版Officeソフトウェアにまだ及ばず、一部のファイルを開く場合、形式エラーまで出ることがあります。MacにもOfficeの全ての機能が使えるように、マイクロソフト社はOffice 2011のリリース以来、Macを対象にOffice 2016 for Macを新たにリリースしました。前のOffice 2011に比べ、今回のOffice 2016 Macは豊かなテンプレートを提供する以外、MacのRetinaディスプレイ及びマルチタッチにも対応し、ファイル編集の効率を大いに向上させます。更に、Office 2016ユーザに対して、マイクロソフト社は1TBのone driveクラウド保存容量も提供しています。
office lady

現在、Office 2016 MacはMac OSにおける最新版のソフトウェアであり、マイクロソフト社は従来の紙パック商品包装をあきらめました。主に2つのライセンス方式があり、1つはダウンロード版で、マイクロソフト社の公式サイトからOfficeのインストールパックをダウンロードし、或いはApp Storeからダウンロードしてインストールすることです。もう1つはマイクロソフト社のOffice 365サービスを通じてOffice 2016 for Macを取得することです。相違点として、前者は一括払いで、一回払ってOffice 2016 Macを永久使用可能になり、一方Office 365はソフトウェアのレンタル方式みたいに、ユーザは1年或いは1ヶ月期限のライセンスを購入すれば、ライセンス期間中にOfficeが使えます。ライセンスが満期になると、ユーザは使用状況を踏まえてライセンス料金を支払い続けるか、或いはサービスの利用を中止して良いです。
office lady

一般的なユーザにとって、マイクロソフト社のOffice 365サービスは3つのバージョンのライセンスを提供しており、ライセンスはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccessなどのアプリ及び1TBのクラウド保存容量を含みます。主要な相違点はインストール可能なPC数にあり、家にPCが多ければ、ファミリーバージョンのほうをオススメします。1セットのファミリーバージョンで5台のWindows PC或いはMac、及び5台のAndroidとIOSにおいて使用可能で、また全てのユーザには1TBのOneDrive保存容量が提供されます。これはそれぞれのPCにOffice 個人バージョンをインストールすることより割りに合っています。
office lady

今回のOffice 2016 Macの各アプリは、基本的にone driveのクラウドサーバに直接同調可能で、ユーザには新しい保存容量が増える一方、ファイルをその他ユーザにシェアして編集することもできます。Office 365 サービスも、同じく1TBの保存容量を提供しており、ユーザがone driveにログインすれば、保存容量が表示されます。
Officeの応用が幅広いため、1つの記事では説明しきれません。まずOffice 2016 Macの新機能を見てみましょう。

Office for Mac - Word 2016
2011年のMac版Officeに比べ、新しいOffice 2016 はUIが華やかになっている上、起動直後のメインUIに多くのwordファイル・テンプレートが表示されます。ユーザはそれぞれの目的によりテンプレートを自由に選択して良いです。内蔵テンプレート以外、お気に入りのものがなければ、インターネットから多様なテンプレートをダウンロードして良いです。
Office for Mac - Word 2016


Office for Mac - Excel 2016
現在、Excel 2016 起動時に、クラシックとカラフルの2タイプの背景色が選択可能です。Excel 2016も複数の編集テンプレートを提供しています。また、データ選別機能において、分岐分析フィルターが追加され、それぞれカテゴリーのデータを速やかに選別可能です。大量なデータ内容を処理する場合、データ分析の効率が大いに向上します。
Office for Mac - Excel 2016

Office for Mac - Powerpoint 2016
更にPowerpoint 2016 も複数のテンプレートを提供しており、ユーザはご自分の好みに合わせてテンプレートの配色、フォント或いは背景色などを変更して良いです。新版のPowerpoint は文字編集に関して表、グラフ、模様或いは図を挿入するクイックアイコンを追加しており、更に快速な編集を実現します。動画効果も大いに増えており、コンテンツの表現力が高まります。
Office for Mac - Powerpoint 2016

使用後の感想:
Mac版Office 2016 をぱっと使ってみた結果、UIと操作においてWindows 版とは特に差がなく、windows版のOfficeを使ったことさえあれば、Mac版に切り替わっても、すぐに上手になれます。Office 自体の機能が幅広く応用されるため、本文ではその全ての機能を説明しきれません。Office 2016 for Macにご興味があれば、マイクロソフト社の公式サイトからダウンロードして試用してください。価格面は第三者ストアなどをチェックしてみれば、意外と安いですよ。購入も非常に簡単です。

学生教育が重視される今頃、マイクロソフト社はOffice 365ユーザに新しいOffice 2016 Mac Academicを提供しています。この新しいOffice for Macは各年齢層の学生を対象に、いつでも、どこでも、だれとでも、スムーズに宿題を完成できるようにサポートしてくれます。
PC版或いはiPad版のOfficeに慣れていれば、新しいOffice 2016 MacのWord、Excel、Powerpoint、OutlookとOnenoteから馴染みで親近感のある使用体験が得られます。
検査と協力を進めるため、必要に応じていつでもクラウドに保存されているファイルにアクセスし、そして友達や先生と宿題をシェアすることができます。
新版Office for MacのUIはMacのデザイン概念に従って細やかに設計され、十分にMacの最新機能を活用しています。それはRetinaディスプレイ、フルスクリーン表示及びマルチタッチ・ジェスチャなどの機能を含みます。

1.学生向けの十大機能

  • 1.1.Officeファイルをクラウドに保存すれば、PC、iPhone、iPad或いはAndroid設備に「最近使ったファイル」リストが表示され、これで前の作業を速やかに再開することが可能になります。更によく使うファイルをマークするという機能で、「マーク・ファイル」リストにまとめることが可能です。
  • 1.2.クラスメートと一緒に宿題を完成するには、ソフトウェアを閉じなくても、いくつか簡単なステップで、他人とファイルを共有し、また閲覧或いは編集する権限を他人に与えることができます。
  • 1.3.他人と協力してWordファイル、Powerpointファイル、或いはOneNoteのノートを作成する場合、数人で同時に1つのファイルを編集し、また他人のコメントに返事したり、関連テキストのそばでチャットしたりすることができます。
  • 1.4.OneNoteの録音機能で授業の内容を記録できる上、録音中に入力した全てのノートが録音と同調します。そして、ノートの復習をする時に、入力したノートに対応する録音部分にジャップできます。
  • 1.5.PowerPointの発表者ビューはPPTの指揮センターのような役割を果たし、発表者はMacから現在のPPTスライト、次のスライド、発表者付注及びタイマーを確認可能で、一方傍聴者はビッグスクリーンからPPTファイルの本文しか見られません。
  • 1.6.Outlookの並列カレンダーにより、1つの画面から複数のカレンダーを確認することができます。
  • 1.7.スマート検索によりWordにインターネットからの関連情報が表示され、例えば論文の答弁に関するファイルを作成する場合、役立つ情報がテキストのそばに表示されます。
  • 1.8.数学愛好者への朗報です:wordExcelPowerPointに11種類の数式を挿入し、またこれらの数式のユーザ定義を行い、更に常用の数式を数式ベースに保存することが可能になりました。
  • 1.9.新しいスライド切換、高解像度動画及び流暢な影像再生機能により、高水準なPPT
  • が出来上がります。
  • 1.10.報告書やPPTを楽できれいに仕上げるには?新しいデザインタグをクリックすれば、ファイル全体にデザイナーレベルのレイアウト、配色とフォントを応用できます。
Office 2016 for MacはPC、iPhone、iPad、Android上のその他バージョンOffice、及びブラウザ依存のOffice Onlineにうまく対応しています。即ち、クラスメートや先生と最大限に協力できることです。
Image_OfficeforMac_MadeforDoing_574x406

2.学生向けの高機能性ツールは続々とリリース

新しいOffice Universal Apps for Windows10はWindowsのアプリストアからリリースされます。それはタッチ操作とモバイル端末を対象に開発されたWord、Excel、PowerPointとOneNoteを含み、教室でも家の中でも帰る途中でも、どこでも簡単に使用できます。これからの新しいOffice 2016は、アップグレードによりデスクトップからクラウドまでのファイル作成、開き、編集と保存機能を含み、いつでもどこでもどんな設備でもこれらファイルにアクセスすることが可能で、またリアルタイムの協力作成機能により、他人と同一プロジェクトを進め、リアルタイムで他人の進捗度及び作成中の内容を確認できます。更に、TellMeというWordPowerpoint及びExcelの新しい検索ツールは、ニーズを入力するのみで、関連の機能と指令を提示してくれます。
large-560c2c015b1d1

3.疑いなく、全ての新バージョンは大いに進化しています

最新版のOffice for Macは安定性に優れるが、処理流暢性にはまだ大きな問題があります。それでも、Office for Macは毎回の主要アップグレード後、安定性と流暢性が向上し、またOffice 2016 for Macのアップグレードが非常に多いため、今後のOffice 2016 for Macの安定性と流暢性に対して大いに期待できます。
マルチ・プラットフォームのソフトウェアは、同じように見えるが、違います。Office 2016 for MacはOfficeの遺伝子を保つ一方、十分にMacの特性を尊重しています。例えばOffice 2016 for Macユーザは長い間、ショートカットキーがWin Officeと一致するようにと強く期待していました。これからユーザはWin OfficeのようにCTRL+Bでフォントを太くしても良いし、MacならではのCMD+Bで同じ操作を実現しても良いです。マルチ・プラットフォームとは、一致性を保ち、相違点を尊重することで、柔軟性の欠ける移植ではありません。

1.Office 2016 for Mac正式発売
2.Office 2016 for Macアップグレード後の新機能
3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格
4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット
office mac 2016 display

1.Office 2016 for Mac正式発売

Mac版Officeの前バージョンのリリースは2010年のことで、当时iPad発売されたばかりで、こんなタブレットなんて、仕事用には全然向いてなくて失敗するに決まっていると多くの人々に考えられていました。現在のようにiPadにおいてOfficeを使うなんて想像もしていなかったです。iPadはこれまで6世代も更新されたが、Office for Macは相変わらずOS X Snow Leopard時代のインターフェイスのままで、Windows版のOfficeとかなり離れている上、最近のOSXにもあまり合っていないような気がします。
6年間も経ち、マイクロソフト社はやっとOffice for Mac 2016をリリースしました。Office 365のサブスクリプションを購入している場合、無料でダウンロード可能です。一方、昔よりOfficeの競争品もずいぶん増えており、比べてみれば、Office 2016 Macの新機能が満載だが、そのほとんどがOffice 2013の機能に近いです。
office 2016 mac

2. Office 2016 for Macアップグレード後の新機能

Office for Mac は上側のRibbon部を保留しているが、フラット化が進み、Office for iPadのバージョンにやや近いです。
これはマイクロソフト社が初めてMacに自社のクラウドサービスを導入することで、即ちOneDrive或いはSharePointに保存したファイルを開くこと可能です。
Office for mac 2016は現在Retinaに完全対応しています。
定番のグレー以外、カラフルなウィンドウの選択肢も充実しており、これで簡単にWordウィンドウ(ブルー)、Excel(グリーン)、PowerPoint(オレンジレッド)などが見分けられます。
その他機能はOffice 2013に近いです。多人数共同作業及びチャット式表記などが挙げられます。
PowerPointのプロジェクターモードはiPadやWindows版と同じだが、プロジェクターへ切り替わる動画が更新されました。
現在のバージョンではOutlookから時間をピックアップしてスケジュールに記入することができるようになりました。
OneNoteがOffice for Macに加わり、正式にOffice for Macの構成部分となり、アップルのNotesに比べ、OneNoteには音声レコード機能が付いています。
Mac版Office 2016 は139カ国で16の言語バージョンをリリースします。
office mac 2016

3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格

商品名 Office 365 Solo Office 2016 Home & Student for Mac Office 2016 Home & Business for Mac Office 2016 mac Academic
Excel、Word、PowerPoint、Notnote
Outlook
価格(1年) 12,107円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(2年) 24,214円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(3年) 36,321円 24,419円 35,705円 16,800円
インストール台数 (Windows対応) Mac/Windows
2台
Mac 2台 Mac 2台 Mac 1台

4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット

今回、マイクロソフト社はOffice 2016 for Mac を64ビットバージョンにアップグレードしており、幸い32ビットから64ビットへの更新は大多数のユーザにとってシームレスな進化だと言えます。仕事中にマイクロソフトのオフィススイートを頻繁に使用する場合、今回のアップグレードをぜひ確認していただきたいと思います。ハードウェアでもソフトウェアでも、32ビットから64ビットに更新したことは画期的な意義があり、ソフトウェアの面から言えば、このような更新はメリットが多く、影響力も高いです。64ビットOffice for Macのユーザレビューが非常に多く、好評と悪評両方ともあり、これはソフトウェアの使用目的次第です。悪評は互換性に集中しているようです。大部分のユーザは無事更新できたが、Office for Macはサードパーティのプラグイン、マクロ命令、スクリプトとモジュールからなる巨大なシステムに置かれているため、その多くは開発者が64ビットのoffice for Macへの対応を整えてから、初めて使用できます。




  1. office 2016 ダウンロード版とパッケージ版の区別
  2. Office 2016 for Mac 発売価格
  3. Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

  • office 2016 ダウンロード版とパッケージ版の区別

Microsoftoffice 2016 から、マイクロソフト社は全てのアプリにダウンロード版とパッケージ版を導入するようになっているが、office 2016 前のバージョンを購入しようとする場合、どのようにダウンロード版とパッケージ版を選択すればよいのでしょうか?その相異点は?

office 2016 ダウンロード版


    パッケージ版はマイクロソフト社の実店舗から、或いはアマゾン、ロッテなどのネットストアから購入可能で、ネットストアで購入する場合、お宅に届くまで郵送時間がかかります。office 2016のパッケージ版は包装サイズが小さくなり、office 2016 のプロダクトキーを記載するカードしか入っていません。一方これまでのoffice パッケージ版にoffice インストールパック付きのDVDが入っているため、インターネットがなければofficeのインストールができません。マイクロソフトの公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があります。マイクロソフト社はoffice2016の発売以来、全てのアプリのダウンロード方法を変更しており、setup.office.comにアクセスしてマイクロソフトのアカウントでログインし、そしてプロダクトキーを入力したら、はじめてダウンロードとインストールできます。最後、office 2016のアクティブ化を行います。

    Office ダウンロード版の場合、ネットストアからofficeのプロダクトキーを購入し、その後メールの形で送信されます。そして公式サイトからアプリをダウンロードし、上記のプロダクトキーによりインストールできます。office 2016 のみならず、office 2013office2010などのバージョンにもダウンロード版があり、ユーザはご自分のニーズに応じ、必要バージョンのofficeプロダクトキーを購入すれば良いです。
office 2016 word excel
Officeサブスクリプション、即ちoffice 2016 以来のサブスクリプション型officeアプリであり、office 365サブスクリプションはその他バージョンの購入方法が異なり、毎月マイクロソフト社に一定の料金を支払う必要があります。  office 365 サブスクリプションのメリットは、windowsMacの両方にてofficeを使用する方に向きます。

その他バージョンのofficeは別々に購入する必要があり、価格がやや高くなります。しかし、office365サブスクリプションは月額を払えば、windowsMacの両方にて使用可能です。office 365サブスクリプションはマルチプラットフォームのユーザにとって、非常に経済的です。

office onedrive

    Microsoft Office 2016を対象に無料で15G Onedriveオンライン保存サービスを提供しており、更にoffice 365 サブスクリプションを購入すれば、その容量はなんと1TPまで増えます。


  • Office 2016 for Mac 発売価格


office for mac 2016


Office2016 for Mac 買い切り型、購読版価格

2015年の中頃に、Microsoft社はwindows版のofficeの発表より先んじて、Mac版のoffice2016を発表しました。新バージョンのoffice2016 macOneNoteを含みます。(無料版のOneNoteMacOSにて使えます)

今日は新バージョンのoffice2016 for macに関する2つのポイントを見てみましょう


1価格はどうですか?

2microsoft officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか


価格はどうですか?

ご覧の通りに、office2016 for mac の価格をまず見てみましょう

本文はoffice2016 for mac の機能説明ではなく、価格と購入方法に焦点を当てます。

では、office2016 for macはいくらでしょうか?

1,274(税込み)。

即ち、これはofficemacの購読版価格であり、月額制です。

しかし、homeand businesshomeand studentなどほかのバージョンはどうでしょうか。これまでofficefor macのバージョン選択に悩んでいる方が多いようです。


microsoftofficeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

microsoft office


購読版、通称サブスクリプションです。最初のうち、Microsoftofficeは数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入する必要があり、2011年から大量PCを持つ企業に向け、「購読型」Office——Office365が発表されました。契約期間中に複数のPCにインストール可能です。

Office365は最初個人バージョンのサービスを提供していなかったが、去年10月から、office365は個人バージョン向けのサービス、office365 soloを正式発売しました。

Office365 soloは使用契約期間中に、2台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。
office 2016

特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacwindows両方にて利用可能です。

私のようにmacを使いながらwindowsを使っているお方が多いと思います。macにもwindowsにもmicrosoftofficeを使うため、高価なmicrosoftofficemacバージョンとwindowsバージョンをそれぞれ購入するしかありません。しかしoffice365の場合、購読を1回すれば、同時にmacwindowsにて利用可能で、office365 soloはまさしくwindowsmacのダブルユーザに向きます。

最新のofficeアプリケーションといえば、これまで、macにはofficefor mac home and business 2011しかなく、windowsにはoffice2013 professionalのアプリケーションしかありません。

それでoffice2016 for mac の発売につれ、office365soloにおいて利用可能なmacバージョンはoffice2016に変わります。

microsoftoffice は不定期的に新バージョンを発表するため、ユーザは新バージョンを購入又はアップグレードするしかありません。

バージョンのアップグレードにより、次々とOffice2004 for MacOffice2008 for MacOfficefor Mac2011を購入したmacユーザが大勢います。即ち買切り型でも、永続使用可能ではなく、最終的にmicrosoft社にお金を払うしかありません。それで、最新のofficeアプリケーションを入手するには、購読版のoffice365soloは欠かせません。実は個人でmicrosoftofficeを購入しようとすれば、office365soloのほうが経済的です。特にwindowsmacのダブルユーザの場合、office365solo以外のベストチョイスがありません。office365 soloの発売につれ、これまでの買切り型バージョンはどうなるのでしょうか。その変化は注目に値します。

office2016


Office2016の発売初期には買切り型がなく、購読版しかありませんでした。

買切り型の時代が終了し、新しいサービスの時代を迎えてくるかもしれません。

買切り型から購読型へと変更する製品はmicrosoftofficeのみならず、adobe傘下のシリーズアプリケーションも同じ戦略をとっています。



  • Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

Office for Mac 2016 は新しく発売されました:

マイクロソフト社の新生代OfficeスイートのOffice 2016正式版はすでにWindows10に搭載されており、現在Macユーザも最新版のOffice for Mac 2016を使えるようになりました。Office 2016 for Macのトライアル版はすでにリリースされ、無料で体験できます。

Office for Mac 2016
Mac版Officeの最も近いアップグレードは2011年発売のOffice For MAC 2011に止まり、一方これまでの数年間にWindows版は何回もアップグレードされました。2013年発売のOffice365がMac版を含むとは言え、相変わらずOffice For Mac 2011でした。ゆえに、仕事中にMacを使うユーザにとって、この新バージョンの価値は極めて大きいのでしょう。

Office365がMac版

Office 2016 for Macはクラウドサービスに基づき、ユーザはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスでき、この点はWindows10とよく似ています。
新バージョンは新機能の追加以外、MacのUIデザインとシステム特性に合わせ、完璧にMacに対応するようになりました。例えば:フルスクリーン、マルチポイントタッチ及びRetinaディスプレイに対応する数千のHDアイコン、またファイルのローリング効果のような細かい進化もあります。

Office 2016 for Mac
Office 2016 Mac版はWord For Mac、Excel For Mac、PowerPoint For Mac、Outlook For Mac、OneNote For Macなどの新バージョンを含み、英語、日本語、中国語簡体字、中国語繁体字など16種類の言語に対応し、Mac OS X 10.10 Yosemite或いはそれ以上のシステムバージョンに適用します。

mac book air

Office for Macのトライアル期限は60日です。下記のアドレスからダウンロードできます:


現在、Office365のユーザは最新版Office for Macを取得可能です。いずれのOffice 365商品を購入することにより、Mac、Windows、iOS及びAndroidにおけるOffice 2016の利用権利、及び更に大きなOneDrive容量を取得できます。マイクロソフト社は四半期ごとにOffice 365ユーザに一回以上の更新と新機能を発表します。


Office Macの購入方法——各サイトの掲載価格比較:

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Office Macの購入方法


  • サブスクリプション:

    マイクロソフト社は2013年からOffice 365に対して、新しい「サブスクリプション」モードを導入したので、消費者は時間によりサブスクリプションを行えます。Office 365をサブスクリプションで取得したユーザであれば、今すぐOffice Mac 2016にアップグレード可能です。
商品名Office 365 PremiumOffice 365 Solo
価格Office 365 Premium 価格:¥ 7,900/1 年間(Win10mall)Office 365 Solo価格:¥ 12,744/1 年間(Microsoft Store)
インストール数5 台の PC または Mac2 台の PC または Mac
Office スイートの内容Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、AccessWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
Macに適用
Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む

Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む
















Office 365 Solo 価格(Microsoft Store 日本): ¥12,744/1 年間, 2 台の PC または Mac
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo
 
Office 365 Solo 価格(Amazon.co.jp): ¥11,581/1 年間, 2 台の PC または Mac
    購入アドレス:
    http://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B00O2TXF8O

Office 365 Premium激安価格(Win10mall.com): ¥7,900/1 年間, 5 台の PC または Mac
     購入アドレス:
   

  • 终身授权(永続ライセンス):

    一部の古いバージョンのOffice for Macは終身利用可能だが、最新版のOffice For MAC 2016にアップグレードできません。
商品名Office for Mac Home and Student 2011Office for Mac Home and Business 2011
価格Office for Mac Home and Student 2011 価格:
¥9,999/永続ライセンス(win10mall)
¥18,360/永続ライセンス(Microsoft Store)
Office for Mac Home and Business 2011価格:
¥12,999/永続ライセンス(win10mall)
¥35,460/永続ライセンス(Microsoft Store)
インストール数Mac 3 台Mac 2 台
Office スイートの内容Word、Excel、PowerPoint、OneNoteWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook
Macに適用Office For MAC 2011Office For MAC 2011



















Office for Mac Home and Student 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥18,360
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Student 2011激安価格(Win10mall.com): ¥9,999
    購入アドレス:
  

Office for Mac Home and Business 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥35,460
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Business 2011激安価格(Win10mall.com): ¥12,999
    購入アドレス:



激安!Office Mac 2011/2016 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)

第1のラインナップとして、学生とファミリー向けの、Office for Mac Home and Student 2016いうシリーズがあります。
 学生用ですが、べつに学生証などの提示は求められません(家族版と共用だからです)。 WordとExcelとPowerPointがパッケージされています。
 このパックは、2ライセンスですから、2台までインストールする権利があります。オンラインでのアクティベーション(認証)により台数を管理するので、ライセンスキー1つで2台までインストールできるという仕組みです。
 なお、現在パッケージ版は未発売であり、ダウンロード版のみです。ただ、今後発売されるだろうパッケージ版についても、認証コードのみ付属で、インストール用のメディアは添付されない見込みです。
 ご存じのように、最新のMacbookやiMacは、CD/DVDドライブが搭載されないようになっていますので、このような方式は時代の流れなのでしょう。



このページのトップヘ