Mac版Office 2011/Office 2016 9800¥、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、 Office 2016 for Macを購入·試用·比較, 最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクト キー

7.Office for Mac 2016メモを入力するには

メモを入力する
1.メモの入力先をクリックする。
2.メモを入力する。
ノートコンテナーが追mされて、文字列が表示される。
3.メモの外部をクリックする。
メモを入力する

8.Office for Mac 2016ノートコンテナーを選択/移動するには

ノートコンテナーを選択する
1.移勣したいメモをポイントする,
 ●メモの周りにノートコンテナーが表示される.
2.ノートコンテナーの上部の枠をクリックする。
●ノートコンテナーが選択さする。
ノートコンテナーを選択する
ノートコンテナーを移動する
1.移動したいメモをポイントする。
●メモの周りにノートコンテナーが表示される。
2.ノートコンテナーの上部の枠を移勣先までドラッグする。
 ●ノートコンテナーが移動する。
ノートコンテナーを移動する

Office 2016 ダウンロード版とパッケージ版の区別

Office 2016 for Mac 激安価格:9,800円

Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

Microsoft office 2016 から、マイクロソフト社は全てのアプリにダウンロード版とパッケージ版を導入するようになっているが、office 2016 前のバージョンを購入しようとする場合、どのようにダウンロード版とパッケージ版を選択すればよいのでしょうか?その相異点は?

office 2016 ダウンロード版

パッケージ版はマイクロソフト社の実店舗から、或いはアマゾン、ロッテなどのネットストアから購入可能で、ネットストアで購入する場合、お宅に届くまで郵送時間がかかります。office 2016のパッケージ版は包装サイズが小さくなり、office 2016 のプロダクトキーを記載するカードしか入っていません。一方これまでのoffice パッケージ版にoffice インストールパック付きのDVDが入っているため、インターネットがなければofficeのインストールができません。マイクロソフトの公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があります。マイクロソフト社はoffice2016の発売以来、全てのアプリのダウンロード方法を変更しており、setup.office.comにアクセスしてマイクロソフトのアカウントでログインし、そしてプロダクトキーを入力したら、はじめてダウンロードとインストールできます。最後、office 2016のアクティブ化を行います。

Office ダウンロード版の場合、ネットストアからofficeのプロダクトキーを購入し、その後メールの形で送信されます。そして公式サイトからアプリをダウンロードし、上記のプロダクトキーによりインストールできます。office 2016 のみならず、office 2013、office2010などのバージョンにもダウンロード版があり、ユーザはご自分のニーズに応じ、必要バージョンのofficeプロダクトキーを購入すれば良いです。

microsoft office 2016

Officeサブスクリプション、即ちoffice 2016 以来のサブスクリプション型officeアプリであり、office 365サブスクリプションはその他バージョンの購入方法が異なり、毎月マイクロソフト社に一定の料金を支払う必要があります。 office 365 サブスクリプションのメリットは、windowsやMacの両方にてofficeを使用する方に向きます。

その他バージョンのofficeは別々に購入する必要があり、価格がやや高くなります。しかし、office365サブスクリプションは月額を払えば、windowsとMacの両方にて使用可能です。office 365サブスクリプションはマルチプラットフォームのユーザにとって、非常に経済的です。

office onedrive

Microsoft はOffice 2016を対象に無料で15G のOnedriveオンライン保存サービスを提供しており、更にoffice 365 サブスクリプションを購入すれば、その容量はなんと1TPまで増えます。

  • Office 2016 for Mac 発売価格
office for mac 2016

Office2016 for Mac 買い切り型、購読版価格

2015年の中頃に、Microsoft社はwindows版のofficeの発表より先んじて、を発表しました。新バージョンのoffice2016 macはOneNoteを含みます。(無料版のOneNoteもMacのOSにて使えます)

今日は新バージョンのoffice2016 for macに関する2つのポイントを見てみましょう

1 価格はどうですか?

2 microsoft officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

価格はどうですか?

ご覧の通りに、office 2016 for mac の価格をまず見てみましょう

本文はoffice2016 for mac の機能説明ではなく、価格と購入方法に焦点を当てます。

では、office2016 for macはいくらでしょうか?

1,274(税込み)。

即ち、これはofficemacの購読版価格であり、月額制です。

しかし、homeand businessやhomeand studentなどほかのバージョンはどうでしょうか。これまでofficefor macのバージョン選択に悩んでいる方が多いようです。

microsoftofficeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

microsoft office

購読版、通称サブスクリプションです。最初のうち、Microsoftofficeは数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入する必要があり、2011年から大量PCを持つ企業に向け、「購読型」Office——Office365が発表されました。契約期間中に複数のPCにインストール可能です。

Office365は最初個人バージョンのサービスを提供していなかったが、去年10月から、office365は個人バージョン向けのサービス、office365 soloを正式発売しました。

Office365 soloは使用契約期間中に、2台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。

office 2016

特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacとwindows両方にて利用可能です。

私のようにmacを使いながらwindowsを使っているお方が多いと思います。macにもwindowsにもmicrosoftofficeを使うため、高価なmicrosoftofficeのmacバージョンとwindowsバージョンをそれぞれ購入するしかありません。しかしoffice365の場合、購読を1回すれば、同時にmacとwindowsにて利用可能で、office365 soloはまさしくwindowsとmacのダブルユーザに向きます。

最新のofficeアプリケーションといえば、これまで、macにはofficefor mac home and business 2011しかなく、windowsにはoffice2013 professionalのアプリケーションしかありません。

それでoffice2016 for mac の発売につれ、office365soloにおいて利用可能なmacバージョンはoffice2016に変わります。

microsoftoffice は不定期的に新バージョンを発表するため、ユーザは新バージョンを購入又はアップグレードするしかありません。

バージョンのアップグレードにより、次々とOffice2004 for Mac、Office2008 for Mac、Officefor Mac2011を購入したmacユーザが大勢います。即ち買切り型でも、永続使用可能ではなく、最終的にmicrosoft社にお金を払うしかありません。それで、最新のofficeアプリケーションを入手するには、購読版のoffice365soloは欠かせません。実は個人でmicrosoftofficeを購入しようとすれば、office365soloのほうが経済的です。特にwindowsとmacのダブルユーザの場合、office365solo以外のベストチョイスがありません。office365 soloの発売につれ、これまでの買切り型バージョンはどうなるのでしょうか。その変化は注目に値します。

Office 365

Office2016の発売初期には買切り型がなく、購読版しかありませんでした。

買切り型の時代が終了し、新しいサービスの時代を迎えてくるかもしれません。

買切り型から購読型へと変更する製品はmicrosoftofficeのみならず、adobe傘下のシリーズアプリケーションも同じ戦略をとっています。

Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

Office for Mac 2016 は新しく発売されました:

マイクロソフト社の新生代OfficeスイートのOffice 2016正式版はすでにWindows10に搭載されており、現在Macユーザも最新版のOffice for Mac 2016を使えるようになりました。Office 2016 for Macのトライアル版はすでにリリースされ、無料で体験できます。

Office for Mac 2016

Mac版Officeの最も近いアップグレードは2011年発売のOffice For MAC 2011に止まり、一方これまでの数年間にWindows版は何回もアップグレードされました。2013年発売のOffice365がMac版を含むとは言え、相変わらずOffice For Mac 2011でした。ゆえに、仕事中にMacを使うユーザにとって、この新バージョンの価値は極めて大きいのでしょう。

Office Mac 2011

Office 2016 for Macはクラウドサービスに基づき、ユーザはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスでき、この点はWindows10とよく似ています。

新バージョンは新機能の追加以外、MacのUIデザインとシステム特性に合わせ、完璧にMacに対応するようになりました。例えば:フルスクリーン、マルチポイントタッチ及びRetinaディスプレイに対応する数千のHDアイコン、またファイルのローリング効果のような細かい進化もあります。

Office 2016 for Mac

Office 2016 Mac版はWord For Mac、Excel For Mac、PowerPoint For Mac、Outlook For Mac、OneNote For Macなどの新バージョンを含み、英語、日本語、中国語簡体字、中国語繁体字など16種類の言語に対応し、Mac OS X 10.10 Yosemite或いはそれ以上のシステムバージョンに適用します。

mac book air

Office for Macのトライアル期限は60日です。下記のアドレスからダウンロードできます:

現在、Office365のユーザは最新版Office for Macを取得可能です。いずれのOffice 365商品を購入することにより、Mac、Windows、iOS及びAndroidにおけるOffice 2016の利用権利、及び更に大きなOneDrive容量を取得できます。マイクロソフト社は四半期ごとにOffice 365ユーザに一回以上の更新と新機能を発表します。

Office Macの購入方法——各サイトの掲載価格比較:

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Office Macの購入方法

サブスクリプション:

マイクロソフト社は2013年からOffice 365に対して、新しい「サブスクリプション」モードを導入したので、消費者は時間によりサブスクリプションを行えます。Office 365をサブスクリプションで取得したユーザであれば、今すぐOffice Mac 2016にアップグレード可能です。

商品名Office 365 PremiumOffice 365 Solo
価格Office 365 Premium 価格:¥ 7,900/1 年間(Win10mall)Office 365 Solo価格:¥ 12,744/1 年間(Microsoft Store)
インストール数5 台の PC または Mac2 台の PC または Mac
Office スイートの内容Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、AccessWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
Macに適用
Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む

Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む
Office 365 Solo 価格(Microsoft Store 日本): ¥12,744/1 年間, 2 台の PC または Mac

購入アドレス:https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo

Office 365 Solo 価格(Amazon.co.jp): ¥11,581/1 年間, 2 台の PC または Mac

購入アドレス: http://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B00O2TXF8O

Office 365 Premium激安価格(Win10mall.com): ¥7,900/1 年間, 5 台の PC または Mac

購入アドレス:

终身授权(永続ライセンス):

一部の古いバージョンのOffice for Macは終身利用可能だが、最新版のOffice For MAC 2016にアップグレードできません。

商品名Office for Mac Home and Student 2011Office for Mac Home and Business 2011
価格Office for Mac Home and Student 2011 価格:
¥9,999/永続ライセンス(win10mall)
¥18,360/永続ライセンス(Microsoft Store)
Office for Mac Home and Business 2011価格:
¥12,999/永続ライセンス(win10mall)
¥35,460/永続ライセンス(Microsoft Store)
インストール数Mac 3 台Mac 2 台
Office スイートの内容Word、Excel、PowerPoint、OneNoteWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook
Macに適用Office For MAC 2011Office For MAC 2011
Office for Mac Home and Student 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥18,360

購入アドレス: https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Student 2011激安価格(Win10mall.com): ¥9,999

購入アドレス:

Office for Mac Home and Business 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥35,460

購入アドレス: https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Business 2011激安価格(Win10mall.com): ¥12,999

購入アドレス:

激安!Office Mac 2011/2016 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)

第1のラインナップとして、学生とファミリー向けの、Office for Mac Home and Student 2016いうシリーズがあります。

 学生用ですが、べつに学生証などの提示は求められません(家族版と共用だからです)。 WordとExcelとPowerPointがパッケージされています。

 このパックは、2ライセンスですから、2台までインストールする権利があります。オンラインでのアクティベーション(認証)により台数を管理するので、ライセンスキー1つで2台までインストールできるという仕組みです。

 なお、現在パッケージ版は未発売であり、ダウンロード版のみです。ただ、今後発売されるだろうパッケージ版についても、認証コードのみ付属で、インストール用のメディアは添付されない見込みです。

 ご存じのように、最新のMacbookやiMacは、CD/DVDドライブが搭載されないようになっていますので、このような方式は時代の流れなのでしょう。

5.Office 2016 for Macノートを開く/閉じるには

ノートを開く
1.次のいずれかの操作を行う。
●[ファイル]メニューの[ノートブックを開く]をクリックする。
●クイックアクセスツールバーの[開く]をクリックする。
●ギャラリーの[開く]が表示される。
2.ノートを選択する。
[開く]をクリックする。
●ノートが開く。
ノートを開
最近使ったノートを開く
1.次のいずれかの操作を行う。
●[ファイル]メニューの[最近使ったファイルを開く]をクリックする。
●ギャラリーの[最近使ったファイル]が開く。
2.ノートを選択する。
3.[開く]をクリックする。
●ノートが開く。
最近使ったノートを開
ノートを閉じる
1.ノートブック一覧をクリックする。

2.閉じたいノートをポイントする。

3.右端に表示される右向き三角をクリックする。

4.[閉じる]をクリックする。

●ノートが閉じる

ノートが開く。

6.Office for Mac 2016セクション/ページの並び順を変更するには

セクションの並び順を変更する
1.移動したいセクションのタブを目的の位置までドラッグする。
セクションの場所が移動する。
セクションの並び順を変更する

3.Office for Mac 2016ページを追加/削除するには

ページを追加する
1.[ページの追加]をクリックする。
●新しいページが追加される。
2.ヘッダー領域で、ページの名前を入力する。
ページを追加する
ページを削除する
1.Ctrlを押しながら削除するページをクリックする。
●コンテキストメニューが表示される。
2.[削除]をクリックする。
●削除したページが削除済みノートに移勣する。
ページを削除する

4.Office for Mac 2016ノート/セクション/ページを切り替えるには

ノートを切り替える
1.ノートブック一覧をクリックする。
2.表示したいノートをクリックする。
 ●選択したノートが表示される。
ノートを切り替える
セクションを切り替える
1.表示したいセクションのタプをクリックする。
●選択したセクションが表示される。
セクションを切り替える
ページを切り替える
1.表示したいページタブをクリックする。
●選択したページが表示される。
ページを切り替える

1.Office 2016 for Mac正式発売
2.Office 2016 for Macアップグレード後の新機能
3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格
4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット
office mac 2016 display

1.Office 2016 for Mac正式発売

Mac版Officeの前バージョンのリリースは2010年のことで、当时iPad発売されたばかりで、こんなタブレットなんて、仕事用には全然向いてなくて失敗するに決まっていると多くの人々に考えられていました。現在のようにiPadにおいてOfficeを使うなんて想像もしていなかったです。iPadはこれまで6世代も更新されたが、Office for Macは相変わらずOS X Snow Leopard時代のインターフェイスのままで、Windows版のOfficeとかなり離れている上、最近のOSXにもあまり合っていないような気がします。
6年間も経ち、マイクロソフト社はやっとOffice for Mac 2016をリリースしました。Office 365のサブスクリプションを購入している場合、無料でダウンロード可能です。一方、昔よりOfficeの競争品もずいぶん増えており、比べてみれば、Office 2016 Macの新機能が満載だが、そのほとんどがOffice 2013の機能に近いです。
office 2016 mac

2. Office 2016 for Macアップグレード後の新機能

Office for Mac は上側のRibbon部を保留しているが、フラット化が進み、Office for iPadのバージョンにやや近いです。
これはマイクロソフト社が初めてMacに自社のクラウドサービスを導入することで、即ちOneDrive或いはSharePointに保存したファイルを開くこと可能です。
Office for mac 2016は現在Retinaに完全対応しています。
定番のグレー以外、カラフルなウィンドウの選択肢も充実しており、これで簡単にWordウィンドウ(ブルー)、Excel(グリーン)、PowerPoint(オレンジレッド)などが見分けられます。
その他機能はOffice 2013に近いです。多人数共同作業及びチャット式表記などが挙げられます。
PowerPointのプロジェクターモードはiPadやWindows版と同じだが、プロジェクターへ切り替わる動画が更新されました。
現在のバージョンではOutlookから時間をピックアップしてスケジュールに記入することができるようになりました。
OneNoteがOffice for Macに加わり、正式にOffice for Macの構成部分となり、アップルのNotesに比べ、OneNoteには音声レコード機能が付いています。
Mac版Office 2016 は139カ国で16の言語バージョンをリリースします。
office mac 2016

3.Office 2016 for Mac リリースしたバージョンとその価格

商品名 Office 365 Solo Office 2016 Home & Student for Mac Office 2016 Home & Business for Mac Office 2016 mac Academic
Excel、Word、PowerPoint、Notnote
Outlook
価格(1年) 12,107円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(2年) 24,214円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(3年) 36,321円 24,419円 35,705円 16,800円
インストール台数 (Windows対応) Mac/Windows
2台
Mac 2台 Mac 2台 Mac 1台

4.Office 2016 for Mac 32ビットと64ビット

今回、マイクロソフト社はOffice 2016 for Mac を64ビットバージョンにアップグレードしており、幸い32ビットから64ビットへの更新は大多数のユーザにとってシームレスな進化だと言えます。仕事中にマイクロソフトのオフィススイートを頻繁に使用する場合、今回のアップグレードをぜひ確認していただきたいと思います。ハードウェアでもソフトウェアでも、32ビットから64ビットに更新したことは画期的な意義があり、ソフトウェアの面から言えば、このような更新はメリットが多く、影響力も高いです。64ビットOffice for Macのユーザレビューが非常に多く、好評と悪評両方ともあり、これはソフトウェアの使用目的次第です。悪評は互換性に集中しているようです。大部分のユーザは無事更新できたが、Office for Macはサードパーティのプラグイン、マクロ命令、スクリプトとモジュールからなる巨大なシステムに置かれているため、その多くは開発者が64ビットのoffice for Macへの対応を整えてから、初めて使用できます。




このページのトップヘ