Mac版Office 2011/Office 2016 9800¥、(Mac 2台用)ダウンロード版製品を購入

Office 2011 for Mac、 Office 2016 for Macを購入·試用·比較, 最新Office Macの正規版の Office ライセンス認証,Microsoft 正規版プロダクト キー

3D系アプリは最初だけ日常的な機能ほど高評価

 見た目も派手な新アプリは、使っても最初だけ。結局、役に立つのは標準機能に根ざした細かな改善のほう。地味だが便利な機能をしっかり使っていこう。

3D系アプリは最初だけ日常的な機能ほど高評価

アプリの一括管理が便利!リセットもできるアプリ設定

アプリのアンインストールやUIアブリのリセットが設定からできるようになった

 もっとも利用頻度が高く、第1位となったのは、設定内に追加された「アプリ」項目。ここでアプリのアンインストールや機能拡張だけを削除できる。 UIアプリの動作が不安定な場合も、ここでリセットできるそ

アプリのアンインストールやUIアブリのリセットが設定からできるようになった

UIアプリの場合は、「詳細オプション」からアプリのリセットが可能。標準アプリでも一部はアンインストールすることができるぞ

コントロールパネルで行っていたアプリのアンインストールは.設定内の「アブリ」項目から行うようになった

時間が経過して使う機能と不要な機能が明確になった

 今年4月にロールアウトされたのが、ウィンドウズ10の人型アップデート第3弾「クリエイターズアップデート」だ。登場前から新アプリの「ペイント3D」やVR対応などが人きな話題となっていたが、実際のところ本当に便利だった新機能はどれなのだろうか。登場から2ヵ月以上が過ぎた現在なら、クリエイターズアップデート自体を意識せずに普段どおりの使い方になっているだろう。そこで。ここでは番外編として、使う機能と不変な機能が明確となったクリエイターズアップデートの新機能をランキングにしてみたいと思う。どんなにスゴい機能でも、使わない人にとってはまるで不要。スゴい機能より、日常的に使う部分の改善のほうが正直ありかたかったりするもの。見逃している機能がないか再チェックしてみよう。

ちょつとした改善で使い勝手が向上!タイルのフォルダ一管理が重宝する

スタートメニュー内ではふたつの改善が行われている

アブリー覧を非表示にできる

設定の「個人用設定」「スタート.でアフリ一覧をオフにすれは.スタートメニュ一を開いたときにタイルのみか表示される 左上のアイコンでアプリ一覧に切り替え表示も可能だ

アブリー覧を非表示にできる

タイルを重ねればフォルダー化できる

スタート画面のタイルは、重ねでフォルダー化することか可能となっだ。これまでグループ分けしかできなったタイルだか、フォルダ一管埋か可能となったことで、同ジャンルのアフリをまとめておくことかできる。なお、フォルダーも表示サイズを変更できる

タイルを重ねればフォルダー化できる

利用頻度が高いスタートメニューのふたつの新機能

 第2位はスタートメニューのふたつの新機能イタイルのフォルダ一管理」と、「アブリ一覧の非表示」だタイルをフォルダー分けして管理し、さらにタイル画面だけをスッキリ表示できる

セキュリティ関連を1ヵ所でまとめて設定できるセキュリティセンター

さまざまな角度からパソコンを総合的に守れる!

他社製ウイルス対策アブリを使いつつ、定期的にWindows Defenderでウイルスチェックをすることが可能、2重にパソコンを守ることができる

デバイスのパフォーマンスと正常性では、パソコンの状態をひと目で把握できる。また、クリーンインストールの手助けもしてくれる

不正な通信を監視するファイアウォールも統合され、標準設定で有効となっている

標準設定で有効となっている

バラバラに散らばっていた セキュリティ設定が統合

 便利な新機能の第3位となったのは「Windows Defenderセキュリティセンター」だ。これまでセキュリティ関連の機能はバラバラに散っていたのでわかりにくかったが、1ヵ所にまとまったことで総合的にセキュリティ対策を管理できる。

Windows Updateの急な再起動を回避できる

18時間に延びたアクティブ時間で急な再起動を回避

 第4位となったのは、Windows updateの「アクティブ時間」の改善。Homeエディションでは、Windows Updateの更新を停止することができないため、作業中に突然再起動してしまうこともある。これを回避するためのアクティブ時問が、12時問から18時問に延びたのだ。

作業時間を指定してアップデートを延期

殼定の「更新とセキュリティ」を開き、左のメニューから「Windows Update」を選択。「アクティブ時間の変更」というリンクがあるので、これをクリックする

ここでパソコンを使う時間(アクティブ時間)を指定できるので、普段作業している時間を設定する。これで、その時間内にWindows updateで更新があっても、時間外まで保留してくれるので、作業中の急な再

起動を回避できる

起動を回避できる

ディスプレイ設定がー新!超高解像度でより鮮明に

高解像度非対応アプリでもくっきりと表示できる

 第5位はディスプレイ設定の改善だ。普及しつつある超高解像度ディスプレイへ本格的に対応したことにより、これまでその恩恵を受けられなかった非対応アプリでも高精細な表示が可能となった。また、夜問のブルーライトをカットする「夜問モード」も実装された。

アプリのプロパティから高解像度設定を行う

さらに、「ディスプレイ」般定で「夜間モード」をオンにすれば、夜問はブルーライトをカットすることができる

アプリのプロパティ内の「互換性」タプに高解像度ディスプレイ用の項目が追加された。チェックしておけば、高解像度非対応アブリでもくっきり表示できる

アプリのプロパティから高解像度設定を行う

復活した待望のデスクトップテーマストアで入手して設定で一括管理

設定内のリンクからストアに移動してテーマを人手

 「テーマ」の設定画面にある「ストアで追加のテーマを取得」をクリックすると、Windowsストアのテーマのページが開く。ここからテーマを無料で入手できる

テーマは設定の[個人用設定]→「テーマ」でまとめて管理することができるここでテーマを変えたり、

いらなくなったテーマの削除などが行える

いらなくなったテーマの削除などが行える

壁紙や配色を一括変更してデスクトップをイメチェン

 第6位となったのは。復活した「デスクトップテーマ」、これはWindows 8.1までには搭載されていた機能で、壁紙や配色をまとめで"着せかえる"ことが可能今回の復活に伴い、テーマはWindowsストアから入手し、適用や削除などの管理は設定で行うようになった。

3つのタブ機能で強化されたEdge EPUB形式の電子書籍にも対応

タブに追加された3つの新機能

タブに追加された3つの新機能

 タブ以外にセキュリティも強化された標準ブラウザー

 第7位は、大幅に機能が強化された標準ブラウザーの「Edge」。タブに新機能が追加されて、より快適になっただけでなく、セキュリティ面も強化された。また、EPUB形式の電子書籍に新たに対応したので、普段Edgeを使っていないという人にとっても活躍の場ができた。

音声再生機能付きEPUBリーダーとしても使える

 これまでWindowsには電子復籍閲覧用アプリがなかったが、クリエイターズアップデ一卜でEdgeがEPUB形式の電子書籍に対応。専用のリーダーを用意するのが面倒で電子書箱を敬遠していたユーザーにはありがたい機能追加だ。


 パソコンの情報漏洩やウイルスの侵入は、いまや家庭や会社の身近な脅威になりつつある。守りを強固にするのは当然だが、あまりやりすぎるとログインの操作がわずらわしくなったり、スキャンの時間が長くなったりと労力ばかり発生してしまいがち。そこでスマートなセキュリティ術を身につけよう。

Q.1みんなで共有しているパソコンだけど誰にも見られないデータはつくれる?

A.自分だけがアクセスできる設定にすれば標準機能で秘密のフォ)Vターをつくれます!

パソコンに登録されている他ユーザーをアクセス拒否!

 家族や同僚などと共有しているパソコンで、誰にも見られないデータをつくるのは困難。だからといってUSBメモリーに入れて持ち歩き、必要な場合にだけ接続してデータを読み取るのは面倒。そこで、他ユーザーがアクセスできないフォルダーをつくり、秘密のデータを保存しておこう。

標準機能だけで誰にも見られないフォルダーを作成!

標準機能だけで誰にも見られないフォルダーを作成

Q.2Microsoftサインインや2段階認証でコードを入力するのが面倒!

A.Microsoft Authenticatorを使えばスマホ連携でワンタップで認証可能!

セキュリティを強化しつつ認証作業を簡略化できる!

 Windowsへのサインインは、パソコンの不正使用を防止する強力な防衛機能。しかし、毎回パスワードを入力するのは手間がかかる。そこで、サインイン機能をスマホと連動させ、サインイン作業をワンタッブで完了させてしまおう。セキュリティも万全だ。

iPhoneやAndroidで使える公式アプリ!

iPhoneやAndroidで使える公式アプリ

Q.3パソコンの起動時にパスワードやコードを入力するのが面倒!

A.2段階認証が面倒ならマウス操作で入力するピクチャパスワードもオススメです!

文字の入力なしでパソコンにサインインするワザ!

 サインインや2段階認証などでパスワードやコードの文字を毎回入力をするのは面倒。そこでオススメなのが、マウスやタッチディスプレイの操作で入力できるピクチャパスワード。画面をフリックしたリタップしたりするスマホのような動作だけなので、キーボードを使わずにサインインすることができる。

文字の入力なしでパソコンにサインインするワザ

Q.4普通のスキャンでは見つからないウイルスに対処するにはどうすればいいの?

A.アバストのフートタイムスキャンならパソコン全体を完璧にスキャンできます!

再起動するまえにネットワークアダプターを操作!

 ウイルスの中にはOSの根幹部分に潜り込み、通常のパソコン起動時のスキャンでは発見できない悪質なものもある。そこで、パソコン起動時にウイルススキャンする「フートスキャン」機能のある「アバスト無料アンチウイルス」を利用しよう。これならパソコン全体を完全にスキャンすることができる。

 再起動するまえにネットワークアダプターを操作

Q.5スタートメニューが壊れたっぽいんだけど直せるの?

A.自動でスタートメニューの検証と修復をしてくれるプログラムを試してみよう!

Windows Updateで壊れてしまう場合がある!

 まれにWindows updateを実行すると、スタートメニューが壊れてしまうことがある。スタートメニューが使えないとパソコンの使用がかなり制限されてしまう。そこで、スタートメニューを自動で修復してくれるプログラムを実行しよう。スタートメニューに関するレジストリーやデータベースのチェックや修復もしてくれる。

スタートメニュー修復プログラムの入手と実行

スタートメニュー修復プログラムの入手と実行


メールやブラウジング、または家庭や社内のLANなど、外部との接続に必須のネットワーク。情報伝達からさまざまなデータのやり取りまで行えるだけに、トラブルがあった場合は早急な処置が欠かせない。秘密のデータ、Wi-Fi接続、スピード向上といった起きやすい事例と解決策を参考にしてほしい。

Q.1家庭や会社のネットワーク内で特定のパソコンとだけデータをやり取りしたい!

A.任意のユーザーだけが接続できる設定にして標準機能だけで秘密の共有フォルダーを作成!

条件付きの共有フォルダーを作成してアクセスを制限しよう!

家族や同僚などと接続しているLANにおいて、「A氏には見られたくないけどB氏と共有したい」といったデータがあるとする。もっとも安全なのはオンラインストレージを介してやり取りする方法。しかし、外部ネットワークと接続できない環境だったりすると、その都度、データの入ったUSBメモリを直接受け渡しするしかなく、かなり面倒である。そこで、特定のフォルダーを作成して共有化しよう。その際、指定したユーザーだけがアクセスできる条件を設定しておく。これで、ネットワーク上にはあるが、第三者には秘密にできる共有化データの完成である。

事前にユーザーのネットワーク検索機能を有効にしておこう!

 事前にユーザーのネットワーク検索機能を有効にしておこう

任意のフォルダーに特定のユーザーだけが接続できる設定をする

任意のフォルダーに特定のユーザーだけが接続できる設定をする

Q.2スマホのデ―夕通信量が上限を超えてしまってデータ量を追加する予算がない!

A.パソコンをWi-Fi親機にして他機器を無料でインターネットに接続させましょう!

標準機能だけでWi-Fiのアクセスポイントにできる!

 ほとんどの携帯電話契約の場合、毎月のデータ送受信量には上限が設けられている。それ以上のデータ通信をする場合、追加料金を支払ってデータ量を購入するのが一般的。しかし、どうしても予算がなく、しかしスマホでデータ通信がしたい場合に、とっておきの方法が、パソコンをアクセスポイント化することである。

スマホをパソコンのアクセスポイントに接続する

スマホをパソコンのアクセスポイントに接続する


Q.3スリープから復帰するとWi-Fiが切断されいちいち再起動するのが面倒

A.スリープ復帰後にパソコンの再起動なしで素早くWi-Fiに接続する方法があります!

再起動するまえにネットワークアダプターを操作!

 パソコンがスリープから復帰すると、接続していたWi-Fiが切断されていて、Wi-Fiの電波検索になにも表示されず、仕方なくパソコンを再起動しないとWi-Fiに再接続できない場合がある。いちいち再起動するのはかなりの手間。そこで、ネットワークアダプターの無効化と有効化を繰り返すことで、Wi-Fiに再接続させよう。

事前にネットワークアダプター名を確認しておこう

事前にネットワークアダプター名を確認しておこう

Q.4原因が思い当たらないのにネットの接続速度が遅くなって困る!

A.Windows 10でネットが・遅くなったらSNPの調査や機能の無効化が便利です!

ANPを無効化すると速度が改善する可能性あり!

 Scalable Networking Packの頭文字であるSNPが意味するのは、ネットワークの処理をネットワークインターフェースカードに分担させる機能。しかし、高性能なCPUを搭載しているパソコンの場合、SNPを有効化していると、逆にネットワークに遅延が発生する原因になり得る。無効化して速度を上げよう。

SNPの状態チェックと各機能の無効化

SNPの状態チェックと各機能の無効化



新プラン開始割引でさらにお得に

 KDDIは、データ通信を使った量に応じて5段階で料金が切り替わるスマートフォン向けの新プラン「auピタットブラン」を7月14日から提供開始した通話プランもセットとなっていて、通話プランのタイプに介わせて「auピタットプラン(スーパーカケホこ「auピタットプラン(カケホ)≒auピタットプラン(シンプルこの3種煩が用意される‘「auピタットプラン」は、毎月のデータ通信量が一定ではなく、その月々で変動する幅が入きいユーザーが、無駄なく利用できるプランで、20GBを超えると通信速度が制限される「毎月割」は適用されないが、「誰でも割」や「auスマートバリュー」などは適用されるまた、12月31日までは「ビッグニュースキャンペーン」が用意され、端木を購入して新規契約、または機種変更で「auピタットプラン」に加入すると、12ヵ月間は毎月1000円か割り引かれる。

新プラン開始割引でさらにお得に

2本のツールが統合されより便利になった

 グーグルは「グーグルフォト」と「グーグルドライブ」をサポートするバックアップッール「backup and Sync」を公開した.ウィンドウズ、Mac両対応で、同社サイトからダウンロードできるこのツールはこれまで配布されていた「グーグルドライブアプリ」の後継となるもので、グーグルドライブ上のファイルをローカルPCのフォルダーと同期したり、ローカル環境の指定フォルダーを自動的にグーグルドライブヘバックアップすることが可能また、「グーグルフォトバックアップ」の後継とも位置づけられており(つまりこれまであった2本のツールを統合したものといえる)、バックアップするデータに画像や動画が合まれている場合は、グーグルフォト上にアップロードすることができるこのとき、画像・動画のサイズを「高画質」に設定すれば容い無制限の保存が行える。

このページのトップヘ